千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー

縄ない

今年は藁がかなり多く手に入ったので、畑の敷き藁としてぜいたくに使っても余りそう。
藁の有効活用をしましょうと、まずは縄作りをやってみた。
縄は畑の蔓もの用の棚作りなどに使えます。
f0089748_22161027.jpg
子供の時に大人がしていたのを見よう見まねで縄ないをしていたことを思い出しながら五十数年ぶりの縄ないでした。
これで、約30mほどの縄が完成です。
次はゴザ作りに挑戦しましょ。
[PR]
Commented by 昔マドンナ at 2009-11-13 23:20 x
何でも器用なんですね@@
縄は、こんな風にできるんですね。昔、製材所でしたので、縄は沢山必要で、積んでありました。
Commented by かえで at 2009-11-13 23:29 x
昔とった杵柄ですね。
それにしても驚きです。
手先が器用なんですね。
懐かしい風景に両親の姿を思い出しました。
ありがとう!
Commented by みーたん at 2009-11-14 13:27 x
懐かしい~私たちも小さな頃、遊んでいました。
私が編んだものは決して使われなかったと思いますが、祖父たちのそばで真似事をしていました。
近所に縄ないを仕事にしている人もいました。
Commented by narakin at 2009-11-14 20:06
昔マドンナさん、昔は紐と言えばなんでも縄でしたよね。
最近はビニール製の紐が大半で、藁で作った縄が珍しくなってきています。
縄ないは誰でも出来ますよ。
Commented by narakin at 2009-11-14 20:10
かえでさん、昔はみんな縄ないとゴザ作りをしてました。
かえでさんのご両親もやっていたのですね。
Commented by narakin at 2009-11-14 20:21
みーたんさんもおじいちゃん達の横で真似事をしていたのですか。
昔はオモチャもほとんど無かったので、真似事もいい遊びだったのですよね。
私の従姉妹の家では縄ないの機械がありました。まだ戦後10年ごろで、珍しかったので、機械で縄が綺麗に出来るのを見ていたものです。
Commented by 剛大好き at 2009-11-15 12:28 x
30mですか?
手がガサガサになりませんでしたか?
子供の頃に草鞋を作っただけで手がガサガサになったのを記憶しています。
Commented by narakin at 2009-11-15 20:37
剛大好きさん、わら草履を作ったことがあるのですね。
手がガサガサになったのは、藁を濡らして柔らかくしてなかったからでしょうね。
藁細工をするときには、藁の前処理をしなくてはいけないのです。

まず、鞘葉や藁屑などを取り除きます。
葉っぱの基のところがさやになっていて茎を包んでいます。鞘葉はイネ科の植物の特徴です。この部分は柔らかく弱く、作品がきれいに出来ませんので、荒いブラシみたいな道具を使って取り除きます。
次ぎに湿り気を与えます。
乾燥しているとわらは硬く加工しにくいので、大きな容器に入れた水に浸けて湿り気を与えます。
最後に、藁打ち(たたいて)柔らかくします。
加工しやすくなると同時に出来た縄などの作品がしなやかで強くなり、使いやすくなるのですよ。
by narakin | 2009-11-13 22:26 | 家庭菜園 | Comments(8)