千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

散歩途中で見た花

いつもの散歩コースから10mほど離れている所に真っ赤な花が見える。
f0089748_2227950.jpg

カイコウズに似ているが、近づいて見たら、ちょっと違う。
f0089748_22293643.jpg

ネット検索したら、 珊瑚刺桐(サンゴシトウ)    季節の花300より
  ・豆(まめ)科。
  ・学名
    Erythrina × bidwillii   Erythrina : デイゴ属

     Erythrina(エリスリナ)は、ギリシャ語の「erythros(赤)」が語源。花の色に由来。
 
  ・6月から8月頃にかけて開花。
     刀のような形の花。 真っ赤な、南国のイメージ。

  ・名前の由来。
     赤くいっぱい咲く花 → 「珊瑚」
     枝葉に少々トゲあり → 「刺」
     葉っぱが桐みたい  → 「桐」

ちなみに、カイコウズは鹿児島県の県の木です。
f0089748_22344813.jpg

  ・豆科。
  ・学名
    Erythrina crista-galli   Erythrina : デイゴ属
      crista-galli : ニワトリのとさか

    Erythrina(エリスリナ)は、ギリシャ語の「erythros(赤)」が語源。
    花の色に由来。
 
  ・開花時期は、 6/10 ~ 8/10頃。
  ・南アメリカ原産で 江戸時代末期に渡来した。
  ・アルゼンチンとウルグアイの国花。

  ・夏らしい、真っ赤な花。
  ・暖かい地方に植えられる。
  ・メキシコでは、花をサラダや煮物などに利用する。

  ・別名 「海紅豆」(かいこうず)。 海外から来た赤い豆、の意。
[PR]
Commented by はのそん at 2015-06-28 22:37 x
カイコウズは田舎でよく見かける花ですが、何気に見ているだけでその奥に潜む深ーい意味は知りませんでした。いやー、勉強になりました。
Commented by narakin at 2015-06-29 20:59
はのそんさん、私もほとんど知らなかったのですが、ネット検索で色んなことが分かるので重宝しています。
Commented by 高隈山 at 2015-06-30 17:05 x
お久しぶりです。
カイコウズの木はうちの団地に数本あり今花が咲いています。散ると下が花びらで真っ赤になります。
そうですか鹿児島の花ですか。
Commented by よっちやん at 2015-06-30 20:08 x
こんばんわ、真っ赤な花夏の花としては珍しいですね。鹿児島の花でしたか。
Commented by narakin at 2015-06-30 21:11
よっちゃん、カイコウズの花は奈良ではほとんど見かけないですね。
Commented by narakin at 2015-06-30 21:59
高隈山さん、そちらの団地にカイコウズの木があるのですか。
関西では珍しいですよね。

岐阜・鹿児島姉妹県盟約20周年を記念し、平成3年に整備された「薩摩カイコウズ街道」があり、この花街道は、主要地方道南濃関ヶ原線を中心として、海津市から関ヶ原までの約35Kmにわたって、鹿児島県の木「カイコウズ」が植えられているとのことです。
by narakin | 2015-06-27 22:46 | | Comments(6)