千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スイカの鳥対策

スイカの実はまだまだ小さいが、ある程度大きくなってくると、目ざといカラスが確実に突きに来るんだよね。
テグスとかキラキラテープを張り巡らすやり方が一般的です。
ナラキン菜園でのスイカは2株だけで占有面積も少ないので、毎年のことだがネットを張っています。
f0089748_20505347.jpg

これだけしっかりとネットで覆うので、今までに鳥にスイカをやられたことはありません。
しかし、数年前に人間のスイカ泥棒にあったことがあります。
人間様にはどうしようもないです。
[PR]
Commented by はのそん at 2016-06-03 23:04 x
西瓜のツルがグングン伸びていますね。鳥対策もばっちり済ませ7月になればたくさん採れることこと間違いナシ。
田舎では人口が減り代わりに野獣が増えて庭先を我が物顔で横切るとか。然るにこういった成り物も頑丈な網で囲わないと収穫に漕ぎ付かないとか。
困ったものです。
Commented by narakin at 2016-06-04 20:57
はのそんさん、人口が少なくなると野獣が増えて被害が出てくるのですね。
ナラキン菜園の近くでも、アライグマがいるということを聞きましたが、今のところ実害が出たというのは聞いていません。

そのうちに、被害が出るかもと心配しています。
Commented by みかんやま at 2016-06-04 22:27 x
 ナラキンさん土日と雨の予報ですのに降らずに菜園仕事がはかどっているでしょう。火野正平さんの心旅、山形でしたので米処の田では田植えが済んでいました。そちらは如何でしょうか。思いますと昔はイノシシ等、田畑を荒らした記憶はありません。山で十分に食べて生活出来たからでしょう。近年は山を削って観光娯楽のホテル、スキー場を作り金持ちが自然破壊をしています。動物が住居の縄張りを失い食べ物不足で下山していると思います。南米のアマゾン流域では日本企業が森を買い占め、木を伐採して住宅建築材、料理のお箸等に加工しています。流域の水害も増えているそうです。日本の企業は国内外で自然破壊をして住民の生活を危なくする原因を作っているのが現状とも言えます。80年代以上は2度と戦争はすべきで無い、参加すべきで無いと思っているのが大半だと思います。然し現代の若い人達が戦争の怖さ、悲惨さ、如何に無駄な行いかを理解していないのには言っても無駄ですし、国の将来は不安ばかりです。年寄りの冷や水、少しでも長生きをして小言を言って動物愛護に協力しましょう。
Commented by narakin at 2016-06-05 21:24
みかんやまさん、奈良盆地ではちょうど今が田植の時期で、田植が終わったばかりの田んぼと田植の準備をしている田んぼとがほぼ半々といったところです。

イノシシ等に田畑が荒らされるのは、野生動物が生息できる自然の野山が減ってきたのが原因ですね。
by narakin | 2016-06-03 20:55 | 家庭菜園 | Comments(4)