千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ワケギの植え付け

ワケギは鹿児島ではセンモトと呼ばれていました。
9月頃に球根を植え付けると春までにたくさん分結して増えます。
6月になると葉が枯れるので、分結して増えた球根を掘り出して保存して置き、それをタネ球として使います。
今年は、掘り出すのを忘れていたので、菜園仲間に分けてもらいました。
f0089748_20232795.jpg

約20mm間隔の溝に約15mm間隔で球根を置いていき土をかけて終了です。
f0089748_203103.jpg

球根は完全に埋め込まずに先端を気持ちだけ出しておくのがポイントです。
f0089748_2034372.jpg


この球根を分けてくれた菜園仲間は昨年、良い球根が無かったので、知り合いの農家さんから頂いたのだそうです。
その農家さんが言っていたことだそうです。
「ワケギをあげると上げた人と貰った人の中が悪くなるという言い伝えがあるので、あげることが出来ないよ。だけど、ここに捨てておくから、勝手に拾っていくと良いよ。」といことで、拾ってきたのだそうです。
私たちは、そんな言い伝えは知らないことなので、直接手渡しで頂きました。
[PR]
Commented by みかんやま at 2016-09-04 21:18 x
 ナラキンさん、ワケギとは何かと思いました。センモトと言われてもピンときません。半世紀を過ぎますと故郷の言葉もど忘れします。ネギと玉ネギとの雑種との事、4月頃迄切っては伸びて有難いですね。古来からの田舎の迷信と言っても尊重すべきでしょう。農家の人々の言葉は古来文化と思います。
Commented by 剛大好き at 2016-09-05 15:15 x
ワケギの伝説…面白いですね
その農家さん カッコイイです
捨てて行くから あとは知らんってことですね

たね球を掘り出すのを忘れた場合 どうなるのでしょうか?
腐るのかな?

Commented by よっちやん at 2016-09-05 17:05 x
こんにちは、色々と作業はあるんですね。
Commented by narakin at 2016-09-05 20:40
みかんやまさん、ワケギをネット検索しているのですね。
年とっても、頭脳明晰なのには感服します。
Commented by narakin at 2016-09-05 20:46
剛大好きさん、地域によって、色んな言い伝えがあるので、面白いです。
ワケギは掘り出さなくてもすぐに腐ることはないです。
球根が残っているので、新しい芽が出てきます。
だけど、密集して芽が出てくるので、ヒョロヒョロしてしまうのです。
Commented by narakin at 2016-09-05 20:48
よっちゃん、農作業はやることはいくらでもありますよ。
by narakin | 2016-09-04 20:44 | 家庭菜園 | Comments(6)