千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

カテゴリ:未分類( 77 )

往馬大社の火祭り

今日は往馬大社(いこまたいしゃ)の火祭りを見に行ってきた。
奈良県生駒市にある神社で往馬坐伊古麻都比古神社(いこまにいますいこまつひこじんじゃ)が正式名称。

往馬大社の創立年代は定かでないが、神社の古い記述では雄略天皇三年(457年)とされているそうです。
祭神は 伊古麻都比古(いこまつひこ)伊古麻都比賣(いこまつひめ)の男女一対の神で古代より火を司る神として信仰されている。

毎年、体育の日の前日に秋祭りが行われる。
神前から「火を取り出す」ことがこの祭りの最大の特徴であることから「火祭り」と言われており、奈良県の無形民俗文化財に指定されている。

社殿は小高い森の中にあり、石の鳥居をくぐったら広場があり、そこに御旅所の立派な建物があり、その横に急な石の階段があり、その石段を上ると、拝殿と本殿がある。

お祭りは御旅所で行われる。
火祭りのスケジュール
 14:00 社務所出立
 14:30 渡御祝辞・神輿渡御
 15:00 御串下し
 15:30 御供上げ 祝詞奏上
 16:00 大松明 神楽 弁随舞
 16:30 火取り行事 

社務所出立は神主を先頭に氏子たちが鳥居をくぐって石段を上がって拝殿に入る。
渡御祝辞・神輿渡御は拝殿で厳かに行われる。
御串はススキの穂で作られたもの
f0089748_21412987.jpg
御旅所に氏子たちが揃うと、お供え物を手渡しリレー式で御旅所に運ぶ。
北方と南方のどちらが早くすべてのお供え物を運び終えるかの競争する。
f0089748_21460517.jpg

御供え上げが済むと神主の祝詞奏上
f0089748_21472858.jpg
祝詞奏上が終わると北方と南方から各4ほんの大きな御幣が中央に並べられ、神主さんが1本ずつ取って、お祓いを行うのです。
f0089748_21521916.jpg

神主さんが3本目の御幣に手を掛けたのを合図に大太鼓が打ち鳴らされ、それを合図に御旅所の両サイドから大松明が持ち出され立てられる。
それに若者が飛び乗り、4本の御串を刺します。
これも北方と南方との競争。
f0089748_21564399.jpg

差し終わったら、倒して御串を抜き、鳥居近くに待機。

次は巫女さんの神楽舞
f0089748_21595177.jpg

続いて、弁随舞
f0089748_22012403.jpg

いよいよ火取り行事 
御旅所の高座の奥で火出し役が二つの松明に十分に火を燃え移らせ、燃え盛る松明を火取りに渡すと、火取りは松明を担いで全力で石段を駆け降りる。
f0089748_22094728.jpg

f0089748_22101019.jpg


速く石段(7段だけしかない)を下りた方が勝ち。
御串のそばを通り抜け、その時にススキに火が燃え移り大きく炎が舞い上がる。
これは一瞬の出来事で、松明を渡されてから10秒程度の出来事でした。

火祭りと言うからには大松明で少なくとも数分間は火がぼうぼうと燃えるものと思っていたが、あっと言う間に終わりました。
それでも、火取りまでの神事と言い、神官、氏子たちの古式豊かな服装、振る舞いが素晴らしいものでした。
お祭りですから、参道には出店も出ていましたよ。





[PR]
by narakin | 2017-10-08 22:21 | Comments(4)

奈良鹿児島県人会

今日は奈良鹿児島県人会総会でした。
会場は橿原神宮前のホテルです。
橿原地神宮駅で降りたら鹿児島県人会の幟が。
f0089748_17010654.jpg

参加者は50名に来賓が約20名と盛況でした。
このような県人会に参加する人は年寄りばかり。
会も終わり近くになり、おはら節とか焼酎天国などの踊りで盛り上がりました。
f0089748_17024526.jpg

同じ鹿児島と言っても出身地が違うと顔も名前も知らない人たちですが、同郷人と言うことで、話をすると親近感がわいて盛り上がるものです。
会が終わる頃には何人かとお友達になったつもり。

次回は4月の花見で会いましょうと。
次回会った時にお互いに思い出すことが出来るのかな?
なんせ皆さんよいお年寄りですからね。

故郷を遠く離れて暮らしている同郷人同士と言うのは良いものです。


[PR]
by narakin | 2017-09-10 17:06 | Comments(4)

夏野菜の植え付け

夏野菜の植え付けは、一般的に遅霜の心配がほとんど無くなる5月の連休前後が最適とされています。

菜園仲間が「もう植え付け完了したよ」言っているので、ナラキン菜園でもそろそろ植え付けしましょうかな。

取り敢えずは、自前で種から育苗しているキュウリ、トマト等を植え付けましょう。

キュウリは自宅の簡易ガラス温室で育苗していた。
温室育ちなのでヒョロヒョロとしてる。
f0089748_20595154.jpg

すでに支柱を用意していた場所に7本を定植しました。
f0089748_20590743.jpg

肥料等のビニール袋を利用して風よけの行燈をした。
f0089748_20591101.jpg

畑で育苗していたトマトは一般的な桃太郎(左2列)とカナさんトマト(右一列)
f0089748_20591734.jpg

桃太郎は13本植え付け
f0089748_20592588.jpg

カナさんトマトは3本を植え付け
f0089748_20592170.jpg

ニガウリ2本(左)とハヤトウリ2株(右)も植え付けました。
f0089748_20593981.jpg

自家製していない苗は苗屋で買ってきて植え付けましょう。
カボチャ、スイカ、パプリカ、万願寺トウガラシ、ミニトマト等です。



[PR]
by narakin | 2017-04-25 21:20 | Comments(4)

明けましておめでとう

皆さん、良いお年をお迎えのことと思います。
本年も宜しくお願いします。

f0089748_00050900.jpg


[PR]
by narakin | 2017-01-01 00:07 | Comments(7)

明石

今日は明石の兄嫁の一周忌法要があったので、明石まで行ってきた。
明石駅のホームから明石城が鯛の看板越しに見える。
f0089748_21333611.jpg

法事の会場は明石駅から約2km、バスで6分程だとのこと。
時間にかなり余裕があったので、明石公園の菊花展をのぞく。
f0089748_21343073.jpg

大きな花や盆栽仕立ての花やケンガイなど立派な菊が飾られていた。
クリスマスをテーマにしたと思われる大きな造りが、トナカイに引かれるソリに明石のタコ。
いかにも明石らしい。
f0089748_21393312.jpg

ゆっくりと見ようと思っていたが、雨がパラパラしてきたので、早々に引き上げて、会場へ向かう。
まだ、時間が十分にあったので、ゆっくりと歩いて行ったら30分弱で会場に着いた。
親戚が集まり、一周忌法要が無事に執り行われました。
[PR]
by narakin | 2015-11-08 21:57 | Comments(2)

年の変わり目

恒例の紅白歌合戦を見ながら、まったりと時を過ごしています。
昔から歌合戦を聞いた後には除夜の鐘を聞きながら新年を迎えるものです。
「1年の計は元旦に」と言われています。

今丁度、長渕剛が「明日へ続く道」を歌っている。
・・道はいつでも明日へ続くのだから、明日へ続く道を・・

さあ 明日への計画を立なくては。
古希にもなると明日の計画さえままならないものですが。
それでも明日に希望を持って生きていかなくては。
若者は大きな希望を持って生きて下さい。

まもなく新しい年になります。
皆様にとって、きっと良い年になることでしょう。

新年も宜しくお願いいたします。
[PR]
by narakin | 2014-12-31 22:58 | Comments(16)

コンサート

娘の音楽関係でお世話になっている大原末子さんのコンサートに家内と行って来た。
大原末子さんは
奈良フイルハーモニー混声合唱団を設立、奈良フイルハーモニー混声合唱団団長として指導。奈良フイルハーモニー管弦楽団ソプラノ歌手、全日本演奏家協会アドヴアイザー会員と同協会主催コンクール関西地区審査員。
大和郡山市音楽芸術協会理事、大和郡山市女性ネットワーク・女声コーラス[きらら]、混声合唱団SUE・HIROを指導。
といった活動をされています。

コンサートは 「子供達に光り輝く未来を・・・ 高石ともや×大原末子コンサート」と題して奈良県新公会堂 能楽ホールで開催。
開場17:30 開演18:00
奈良公園の一角にある奈良県新公会堂に着いたのがちょうど17:30 すでに薄暗くなっています。
f0089748_23323053.jpg
薄暗くなった芝生では鹿達が草を食んでいる。
f0089748_23370266.jpg
素晴らしい能楽ホール
f0089748_23434423.jpg
司会は毎日放送の石田英司さん。
ユーモアを交えて、大原末子さんと高石ともやさんの司会進行をしていた。
f0089748_23484054.jpg
久しぶりにプロのコンサートを楽しく聞く事ができました。



[PR]
by narakin | 2014-11-04 00:01 | Comments(6)

散歩の途中で

毎朝散歩している奈良県浄化センターの建物の先端にアオサギがとまっている。
他の建物の屋根にも数羽のアオサギがとまっていたが、カラスが1羽のアオサギを追い回しているではないか。
f0089748_19093525.jpg
この当たりはカラスの縄張りなのかな?
それとも、ただ単に遊んでいるだけだったのだろうか?
しばらくすると、カラスが去って行ったよ。

今朝、初めて彼岸花の花を見かけました。
f0089748_19124729.jpg
近くにはまもなく咲きそうな蕾がたくさん出ていたので、もう少ししたら綺麗な花を沢山見ることが出来そうです。



[PR]
by narakin | 2014-09-11 19:15 | Comments(4)

サツマイモ蔓返し

4月19日に20本の苗を植え付けたサツマイモの蔓がかなり伸びてきている。
f0089748_21264344.jpg
このまま放置しておくと、伸びた蔓から根が出て来ます。
f0089748_21352373.jpg

ここにも芋を作ろうとするのです。
そうなると、養分が分散されてまともな芋が出来ないのです。
蔓返しをしてやると、根元に養分が集中して大きな芋が出来ます。
両サイドに伸びている蔓をバリバリと持ち上げて返していき、蔓返しを完了。
f0089748_21311339.jpg
お盆の頃にはニカイモ(新芋)が収穫できることでしょう。

[PR]
by narakin | 2014-07-16 21:41 | Comments(6)
昨日、灘黒岩水仙郷へ行った帰りに、淡路島北側に位置する「兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館」で開催されている 「淡路夢舞台ラン展2014」 を見てきた。
f0089748_17482460.jpg

西日本最大級のラン展だそうで、家内が以前から行きたい行きたいと言っていたのです。

大きな温室の中を 7ブースに分けて 色んな方法で展示されています。
その一部の風景
f0089748_1832018.jpg

壁面に色んな植物と一緒にアレンジメントされたラン
f0089748_184472.jpg


コンテストで受賞した作品の一部。
素人目にも素晴らしいものです。
f0089748_1873727.jpg


毎年全国のラン展の最優秀賞を総なめしている斉藤先生の作品で 1株で300輪ちかくの花を付ける「カトレア・トリネア。オカダ」 見事に咲きそろっています。
f0089748_18112672.jpg


花のアップ写真の一部。 花の種類がたくさんありすぎて全部の写真を撮ることが出来ません。
f0089748_18132261.jpg


中には動物の顔にも見えるユニークなランも
f0089748_18155923.jpg


とにかく、種類も数も多くて、じっくり見ていると2時間近くかかりました。

開催期間は毎年今頃で、今年は 1月25日(土)~3月9日(日) 10:00~18:00
この期間中のスケジュールは
  西日本最大級コンテスト      淡路夢舞台ランコンテスト      1/25~2/9
  ランの新しき世界          ランでで創る壁面緑化コンテスト   2/11~2/28
  ワンダフルオーキッドワールド  おもしろ・不思議ランコンテスト    3/1~3/9
[PR]
by narakin | 2014-01-30 18:21 | Comments(8)