千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー

カテゴリ:歴史( 36 )

歴史勉強会

地域の公民館で行われている歴史勉強会
毎月1回、公民館の研修室で講師を迎えて2時間の講義をしてもらっている。
今年度(2016年度)は天理参考館の学芸員をしていた方で、民俗学の先生で、「怪奇と文化財」をテーマに、奈良県内の社寺にまつわる資料を用いて講義していただいた。

いつもは研修室での座学だが、年に1回は館外研修の形で史跡等を巡り勉強している。
今日は、その館外研修で、大和郡山の北西部に位置する矢田地区にある「東明寺」「矢田寺」「矢田坐久志玉比古神社を巡ってきた

「東明寺」(とうみょうじ)は高野山真言宗、山号は鍋蔵山(かぞうざん)、本尊は薬師如来坐像、開基は舎人親王・創建持統天皇8年(693年)と言われている。
  東明寺の山門
f0089748_20245042.jpg
 
山門には菊のご紋が
f0089748_20245266.jpg

寺伝によると、母・持統天皇の眼病平癒を祈る舎人親王の夢枕に老翁姿の白鬚明神が現れ、「霊山に登り霊水の水をすくいて母君の芽を洗うよう」にとお告げがあり、金鍋を授けられた。お告げに従い母の芽を洗ったところ、持統天皇の間は治癒。
これへの感謝として舎人親王の勅により、この地に寺を建立。
その際、先の菌鍋を基礎に埋蔵したので、山号を「鍋蔵山」(かぞうざん)といい、芽を洗ったときに「東の方が明るく見えた」ことから次号を「東明寺」とした。

本堂の近くで、講師の説明を熱心に聞いています。
f0089748_20245664.jpg

矢田寺
f0089748_20250216.jpg
 山号は矢田山。正式の次号は金剛山寺(こんごうせんじ)という高野山真言宗の寺院。
天武天皇の勅願により智通僧正が開山し、十一面観音と吉祥天を安置した。
現在の本尊は地蔵菩薩。平安時代前期に地蔵菩薩が安置され、地蔵信仰の寺として栄える。
地蔵像は右手に錫杖、左手に如意宝珠を持つのが多いが、矢田寺のほとんどは右手の親指と人差し指を結んだ、「矢田型地蔵」と呼ばれ独特のスタイルである。

ご本尊は拝めなかったが、矢田寺で有名な「味噌なめ地蔵」
f0089748_20250711.jpg

昔はどこの家でも自分の所でお味噌を作っていて、おいしく出来るときもあり、うまく出来ない時もあったのですね。
うまく出来なかった味噌を「味噌なめ地蔵」の口元に塗ると、あら不思議、うまくなかったお味噌が美味しくなったとの伝説があるのです。

矢田坐久志玉比古神社(やたにいますくしたまひこじんじゃ)
f0089748_20251297.jpg

延喜式の式内大社。祭神は櫛玉饒速日命(くしたまにぎはやひのみこと)俗に矢落(やおち)明神ともいう。
f0089748_20251684.jpg

祭神である櫛玉饒速日命が天磐船に乗って空を飛んだという、先代旧事本紀に記されている故事により航空祖神として崇められ、毎年9月20日に航空祭が行われる。プロペラが奉納され楼門屋根裏から吊されている。

饒速日命が天磐船に乗って降臨した際、三本の矢を射て落ちた所を住まいと定めたが、二の矢が落ちたのが当社と伝えられ、境内にに二之矢塚がある。
f0089748_20251987.jpg

この伝承により飛行の神ともされる。
f0089748_20251401.jpg


[PR]
by narakin | 2017-03-28 21:16 | 歴史 | Comments(2)

万葉集を読む

毎月第3水曜日14:00~15:30に奈良県立万葉文化館で開講している「万葉集をよむ」を聴講してきた。
f0089748_20353443.jpg
友人の誘いがあり、3年前から聴講しています。
今日は、「中臣郎女と大伴家持の歌」巻四 672~682番歌 の 解説万葉文化館の研究員がそれぞれの歌の解説をしながら、作者達の関係なども説明してくれます。
巻四は相聞歌(恋の歌)がほとんどです。
巻四には308首あり、それを3年間で消化していくそう。
来年度いっぱいで巻四を終了する計画になっています。

万葉文化館の前庭にピンク色のアシビの花が咲いていたよ。
f0089748_20354541.jpg


[PR]
by narakin | 2017-03-15 20:38 | 歴史 | Comments(4)

四神の館

今日は月1回の「万葉集を読む」の講座。
明日香村にある万葉文化館まで知り合いの車で一緒に送迎してもらっています。
講座は14:00~15:30の座学で講師による講義を一方的に聞いているだけですが、かなり勉強になります。

今日は講座が終わってから帰りにキトラ古墳の横に新しく出来た「四神の館」に寄ってみようということに。
同じ明日香村にあるのでそんなに時間がかかる場所ではなかった。
f0089748_20351283.jpg
この建物が「四神の館」で右側の小高くなったところが「キトラ古墳」
「四神の館」は「キトラ古墳の壁画にある「朱雀」 「玄武」 「青龍」 「白虎」 の四神から命名されたものです。
昨年の9月に出来たばかりの施設なので、当然キトラ古墳に関する展示がメイン。
  開館時間は 9:30~17:00 (3月~11月)
        9:30~16:30 (12月~2月)
  入館 無料
駐車場も完備されているので車で行くと便利です。
今日は16時過ぎに行ったので、ざっと見て回っただけでした。
f0089748_20352119.jpg
駐車場の近くに休憩所・売店がある。
記念にキトラ四神せんべい(300円)を買って帰りました。
f0089748_20352594.jpg
今回は時間がなかったので、ゆっくりと見学出来なかったので、また時間を見てゆっくりと見学に行きましょう。



[PR]
by narakin | 2017-01-18 21:03 | 歴史 | Comments(7)

万葉集をよむ

毎月第3水曜日に奈良県立万葉文化館で開講している「万葉集をよむ」を聴講してきた。
今日は、「大伴家の女性たちの歌」巻四 579~586番歌 の 解説

 ▢ 余明軍の大伴宿禰家持に与えたる歌二首
  (よのみやうぐん の おおとものすくねやかもち ・・・)
 ▢ 大伴の坂上家の大娘の大伴宿禰家持に報へ贈れる歌四首
  (おおともの さかのうえのいえの おおをとめの ・・・)
 ▢ 大伴坂上郎女の歌一首
  (おおともさかのうえのいらつめの・・・)
 ▢ 大伴宿禰稲公の田村大嬢に贈れる歌一首
  (おおともすくねいなきみの たむらのおおをとめに・・・)
万葉集の編者と言われている大伴家持の近親者達の歌です。
 家持の父が旅人(たびと)で
 稲公(いなぎみ)は旅人の弟  坂上郎女は旅人の妹
 坂上大嬢は坂上郎女の娘で家持と結婚した

それぞれの歌の解説をしながら、作者達の関係なども説明してくれます。

終わってから、いつもは行かない万葉文化館の周囲を歩いていたら、アジサイの花が綺麗に咲いていたのでパチリ。
f0089748_2284210.jpg

f0089748_228559.jpg

[PR]
by narakin | 2016-06-15 22:11 | 歴史 | Comments(2)

万葉集をよむ

奈良県明日香村にある「県立万葉文化館」で開催されている「万葉集をよむ」という講座があります。
今日も講座があったので参加してきました。
f0089748_2245839.jpg


基本的に毎月第3水曜日の14:00~15:30に開催されている。
 聴講無料 事前申し込み不要 定員150名(当日先着順)
  座席はいつも230席ほどあり、毎回200名近くの参加者が入っています。

万葉文化館主任研究員が1時間半で、『万葉集』の歌々を数首ずつ取り上げて、丁寧に読み解いてくれます。
今年度は前年度に引き続き、『万葉集』巻4を取り上げている。
連続講座で、内容は1回ごとに完結します。
どこからでも、どなたでも、1回だけでも、自由にご参加できるのが良いです。

私は2年前から参加していますが、
3人の講師が月替わりで講演してくれて、講師によって、それぞれ講演内容にも個性があり面白く聞くことが出来ます。
[PR]
by narakin | 2016-05-18 22:46 | 歴史 | Comments(7)

歴史勉強会

地域の公民館で行われている歴史勉強会
毎月1回、公民館の研修室で講師を迎えて2時間の講義をしてもらっている。
今年度は天理参考館の学芸員をしていた方で、古墳とか遺跡の発掘が専門。
考古学の概略という観点で、
考古学資料の年代決定法から始まり、縄文時代、弥生時代、古墳時代から終末期の古墳と資料を用いて講義していただいた。
いつもは研修室での座学だが、年に1回は館外研修の形で史跡等を巡り勉強している。
今日は、その館外研修で、大阪府和泉市の池上曽根遺跡をメインに弥生文化博物館、信太の森鏡遺跡公園・聖神社、いずみの国歴史館を巡ってきた。

池上・曽根遺跡(いけがみそねいせき)は、大阪府和泉市池上町と同泉大津市曽根町とにまたがる弥生時代中期の環濠集落遺跡をさし、南北1.5km、東西0.6kmの範囲に広がる総面積60万m²に達する大集落遺跡である。
昭和40年代に発掘調査が行われて、建物跡や土器など多量の出土品があり、それを基に建物が復元された史跡公園が出来ている。
f0089748_21453968.jpg

史跡公園の隣に弥生文化博物館があり、地元の遺跡にとどまらず、弥生文化全般を対象とした全国で唯一の博物館。
f0089748_21513234.jpg

信太の森の鏡池は、演劇・文芸などを通じて有名となった「葛の葉伝説」の舞台として知られている。
安倍保名が信太大明神(聖神社)に祈願に行った際、池の水面に映った傷ついた白狐を助けたことで、後にその白狐が女人となり保名の妻(葛の葉)となり男子を授かる。
その男子が陰陽師で有名な安倍清明だという伝説。
f0089748_22744.jpg

聖神社は白鳳3年(674年)天武天皇の勅願で信太首が創建したと伝えられている。
祭神は素戔嗚尊の孫神「聖大神」を主祭神としている。
f0089748_22143150.jpg

いずみの国歴史館は、和泉市と周辺地域に伝わる歴史資料や民族資料など、様々な文化財の展示を行い、多くの人に文化財に対して理解を深めてもらうのを目的として平成11年4月に開館したもの。
詳細内容は省略します。
今日一日で、弥生時代の勉強をしてきました。
[PR]
by narakin | 2016-03-15 22:28 | 歴史 | Comments(4)

郡山再発見ウォーク

今日は、大和郡山市観光ボランティアガイドクラブ主催の「郡山再発見ウォーク」
天気は晴れだったが、気温が低く、強い西風が吹いていたので寒かったが、参加者約70名ほどもいた。

本日のテーマは「古事記の里」
コースは   行程約8km
平畑駅~五輪塔覆堂~菅田神社~下つ道~嫁取り橋~八条来た遺跡~稗田遺跡~賣太神社~外堀緑地~近鉄郡山駅

古事記は、天武天皇の命で稗田阿礼が「誦習」していた『帝皇日継』(天皇の系譜)と『先代旧辞』(古い伝承)を太安万侶が書き記し、編纂したものであると言われている。
その稗田阿礼を祭神としている「賣太神社」を目指してウォーキング。

近鉄平畑駅に集合して、市長、ボランティアガイドクラブ会長の挨拶のあと、軽い準備体操をしてから4班に分かれてスタート。

五輪塔覆堂は戦国武将「筒井順慶」墓地である。
筒井氏は鎌倉時代を経て室町初期に強大となる。順慶は天正5年(1577)松永久秀を信貴山城に破り、天正8年8月信長から大和の支配を任され郡山城に移転。天正12年8月没。

菅田神社は
祭神は菅田比古命で、天照大神が天岩戸に隠れたとき、岩戸の前でお祭りをしたときに使う鏡・鈴を造ったことから金属加工の祖、または農機具を作ったことから農耕の神、地域の氏神として祭られている。
f0089748_22102587.jpg


下つ道は
古代の官道で上つ道・中つ道・下つ道の三道が南北に走っていた。
下つ道は平城京の羅城門から藤原京のの西四坊大路に奈良盆地の中央をまっすぐつなぐ約23km余りにおよぶ。
藤原京から平城京に遷都する際に物資移動のために作られた大動脈だったと言われている。

嫁取り橋は
珊瑚珠川にかかる橋。
f0089748_22105289.jpg

昔、修験道の行者に失恋した茶屋の娘が八条ケ淵に身投げをし、霊が残って大蛇となり、ここを通る花嫁を見ると大雨を降らして淵に引きずり込んだという。
そのために花嫁はこの橋を決して渡らないと言われている。

八条北遺跡は
西名阪道の大和郡山JC建設に伴う2回の発掘調査(平成15年と23年)で古代下つ道跡とその西側から弥生時代の方形周溝墓50基や平安時代の住居跡・井戸跡が確認された。
下つ道は東側側溝が幅7~11m深さ1.4~2m、西側側溝は幅1.2~1.8m深さ0.2~0.5mで、この規模から船による物資運搬が注目されている。

稗田遺跡は
省は55年の発掘調査で水田と下つ道に斜めの交差する人口河川および橋脚が検出された。岐橋は長さ17×幅12m。また木製人型、土馬、木簡、墨書人面土器などが出土。

賣太神社は
f0089748_22113861.jpg

主祭神は稗田阿礼、吹く祭神は猿田彦命と天宇受売命(あねのうずめのみこと)。
稗田の地は朝廷に奉仕した猿女君稗田氏一族の居住地。稗田阿礼はこの一族出身。
天宇受売命は、天の岩戸神話で活躍した女神。のちに猿田彦神と結婚。天皇から猿女君の姓を賜った。芸能の始祖神。
猿田彦は邇邇芸命降臨の際、天と地の分岐点で待ち受けて天孫を高千穂峯に先導した神。
毎年8月16日に行われる阿礼祭(あれいさい)は、稗田阿礼の遺徳を偲ぶ祭である。

稗田環濠集落
f0089748_22115362.jpg

奈良盆地の多くの環濠集落の中でも原型に近く中世の面影を留めている。
土塀や土蔵が多く城郭としての構造になっている。集落の入り口は北側だけだったが江戸時代に4か所になったという。
[PR]
by narakin | 2015-12-04 22:13 | 歴史 | Comments(0)

郡山再発見ウオーク

大和郡山市観光ボランティアガイドクラブが主催する「郡山再発見ウオーク」に参加。
事前申し込み不要で、当日、指定集合場所に集まり、参加名簿に署名して参加できます。
参加費は無料です。
夏場の7,8,9月以外に毎月開催されています。
ボランティアガイドのメンバーが引率してポイントポイントで説明してくれます。

今回のコースは
近鉄九条駅~西市~九条公園~羅城門跡~植槻八幡神社~近鉄郡山駅 (距離 役5km)
今回は平城京にちなんだ場所。

近鉄九条駅は平城京の条里では八条大路にあたるらしいが、なぜか九条の名前がついている。
近鉄九条駅から東へ約200m行くと西市跡がある。
f0089748_2233194.jpg

平城京の時代には東側に東市、西側に西市があり、15日間ずつ交代で市が開かれていたとのこと。

佐保川沿いには西市船着き場跡。
f0089748_22361797.jpg

かなり大きな市で、賑わったことが想像できる。

もう少し東に進むと九条公園がある。
清掃センターの余熱を利用した温水プールや体育室を備えた都市型の公園である。
1985年にこの場所の深さ3.5mの井戸の中から一枚の富本銭が完全な形で発見されたのは日本で最初。
f0089748_22441948.jpg

このポイントから東に約500m、南に約500mと場所に羅城門跡がある。
f0089748_22492687.jpg

羅城門は平城京の中央を南北に通る朱雀大路(道幅約70m)の南端にあり、都の玄関口となった京の正門です。
「続日本紀」によれば、門で雨乞いが行われ、また、唐や新羅の施設を歓迎するなど、宗教的な場、外交儀礼の場であったことがわかる。
昭和44~46年にかけて発掘調査が行われ、門の基盤の西端部が検出され、門の本体は佐保川の西側堤防の真下に位置することが判明した。門の規模は桁行五間(約6m)、梁間二間(約10m)で、平城宮の正門である朱雀門とほぼ同じ重層入母屋造り瓦葺の建物に復元されてきたが、最近では七間(訳5m)で復元される。
東側の羅城門橋の上から真北に復元された朱雀門と大極殿を望むことができる。
f0089748_23415692.jpg

約5km離れているので、ズームアップいてみる。かすんではっきりと写らなかった。
f0089748_23421272.jpg

羅城門跡を東西に走る道路が昔の九条大路で平城京の南限である。
現在は郡山城跡の北側からイオンの北側を通っている道路は九条大路にあたる。
[PR]
by narakin | 2015-11-06 23:51 | 歴史 | Comments(2)

郡山再発見ウオーク

大和郡山市観光ボランティアガイドクラブが年に7回開催する「郡山再発見ウオーク」に参加した。

今日のテーマは 「筒井順慶の通った道」

筒井駅→筒井城跡→菅田比売神社→請堤→千体寺→八雲神社→郡山八幡神社→近鉄郡山駅(距離約4km)

筒井順慶は天正8年(1580)織田信長により大和一国の支配を任され、先祖伝来の居城(筒井城)を棄て郡山城へと移した。
その時に通っただろうと思われる道をウオーキング。

筒井順慶は1549年に筒井で生まれる。父・順昭は28歳で病没いたので、2歳で家督を継ぐ。
この時に城主であった順昭がが死んだことを知られたくなかったので、順慶が成人するまで、声の似ていた木阿弥という男を寝所に寝かせて外来者を欺き、順慶が成人するや順昭の喪を公表したために、木阿弥は再びもとの身分にもどったという故事から「元の木阿弥」という言葉が有名である。

筒井城跡
 筒井の地は、大和一国を支配下に治めた筒井氏の拠点。
東西500m・南北400mの石垣の内平城で、城主の館を中心に過信の屋敷。民家、街道筋の市場、寺社等を約2kmの外堀で取り囲む総構えのお城であり中世のお城としては大きい方だった。現在はほとんど消滅してわずかに残ったレンコン畑と水路等で往時を偲ぶことが出来る。
f0089748_22344086.jpg


菅田比売神社
 御祭神:伊豆能売神(いづのめのかみ)。式内社で歴史のある神社
境内東側に内濠跡・南側には土塁の跡が残る。
f0089748_22412360.jpg


千体寺
 千体寺縁起によると平安時代(980)頃の創建と言われている。
本尊:阿弥陀三尊 紫檀塗螺鈿厨子に安置されている。
古ぼけた山門とコンクリート造りの本殿とがアンバランス。
f0089748_22481957.jpg


八雲神社
 祭神:素戔嗚尊 社殿は一間社春日作りで江戸中期の建築。創立、由緒等不明。
境内には濠を巡らせている。
f0089748_22515419.jpg


郡山八幡神社
 鎮座の年代は室町時代の初期と言われている。元は郡山城跡西側にあったが、郡山築城の際に錦町に、さらに1593年に現在地に移る。
郡山鎮護の八幡宮として歴代城主の尊崇を得て今日にいたる。
f0089748_2362820.jpg


永年住んでいる地元なので、一度は見ている場所でも、それが何なのかを知らないことが多いです。
ガイドさんに詳しく説明して貰えると、まさに再発見です。

次回は、10月3日(土)に 自然豊かな矢田丘陵<古代から近代へ> と題して実施されます。
[PR]
by narakin | 2015-06-10 23:16 | 歴史 | Comments(6)

郡山再発見ウオーク

大和郡山市観光ボランティアガイドクラブが開催する「郡山再発見ウオーク」に参加した。

今日のテーマは 「金魚が泳ぐ城下町コース」
近鉄郡山駅→金魚資料館→郡山城跡→箱本館「紺屋」→薬園八幡神社→郡山八幡神社→近鉄郡山駅 (距離約6km)

出発前にボランティアガイドの会長の挨拶と市長の挨拶。
f0089748_22334831.jpg

今日の参加者は約70名、4斑に分かれて時間差で出発。
最初のポイントは金魚資料館
f0089748_22355284.jpg

享保9年(1724年)に柳澤吉里が甲斐の国(山梨県)から大和郡山へ入国したときに持ち込んだのが始まりと言われています。
近年まで金魚の生産量日本一を誇っていました。
現在は金魚生産量・額とも日本一は弥富町になったようですが、今でも日本の金魚三大産地のうちの一つに数えられていて、金魚養殖池もたくさんあり、その一角に金魚資料館があります。
そこの「金魚の館」に金魚の古書・資料等の展示と現存する色々な金魚が飼育展示されている。
また、金魚の即売、出荷も行われている。
f0089748_22435697.jpg

次のポイントは「大納言塚」
豊臣秀吉の時代に 紀伊・和泉・大和 百万石の郡山城主、大納言秀長(秀吉の弟)の墓所。
毎年4月22日に墓前法要が営まれているそうです。
f0089748_22552929.jpg

荒木又右衛門の屋敷跡
f0089748_2352391.jpg

現在は小さな石碑がその存在を伝えているだけである。
荒木又右衛門は郡山城種松平忠明に仕えた剣豪。
伊賀上野の忍者の家系に生まれた。
官営1年義理の弟にあたる渡辺数馬に仇敵の科生を頼まれ、伊賀上野の鍵屋の辻で、河合又五郎を討ち果たして本買いを遂げさせた「36人斬り」の話で有名。

永慶寺
f0089748_2382192.jpg

黄檗宗、龍華山と号す。郡山藩主柳澤家の菩提寺。柳澤吉里公が甲府から国替えの時に郡山に移した。
山門は旧郡山城の縄文(南門)をいちくしたものと言われている。

郡山城跡
f0089748_2322825.jpg

復元された追手門、隅櫓、多聞櫓などが王寺を偲ばせる。
天守台の石垣には、逆さ地蔵、羅城門の礎石と言われている隅石など転用石が多い。
現在、天守台の石垣修理中で平成29年に修理完了の予定。

箱本館
現存する町家では、市内最古の建物。
明和年間(1764~1771)に立てられた。
奥野氏が代々染物屋を営んでいたが、1999年に廃業、市が買い取り箱本館「紺屋」として再生した。
燈籠を模した金魚鉢が置いた有る。
f0089748_23292475.jpg

薬園八幡神社
f0089748_23304615.jpg

創建は奈良時代。東大寺大仏殿建立の際、宇佐ほ八幡大神の分霊を祀った。
食日本旗に「梨原の薬園新宮内(塩町あたり)に設けた神殿」とあるのが当社。
室町時代に現地にうつされた、本殿は剣指定文化財。
本殿内の壁に36歌仙の絵札が掛けられている。
顔がはっきりと描かれている小野小町(遠くて薄暗かった)
f0089748_233949.jpg

最近、有名になってきた郡山八幡神社前に有る「金魚の電話ボックス」
f0089748_23421546.jpg

テレビカメラを担いだ人がいたので、聞いたら、奈良テレビで22日の「ゆうドキッ」で放映されるとのこと。
どんな感じで放映されるか楽しみ。
f0089748_23462965.jpg

[PR]
by narakin | 2015-05-20 23:49 | 歴史 | Comments(4)