千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

カテゴリ:料理( 11 )

男だけの料理

今までは、2か月に1回の料理教室だったが、これからは2月と8月と12月はお休みにして毎月行うことになり、今まで二人だけで交代でやってきていたリーダーは、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。

今日が、新しい制度での初めての料理教室でした。

初めてのリーダーが張り切って、レシピを作り、それに必要な材料を買い揃えて、準備完了。
そろそろ、時間になり、レシピの説明をしようとしたが、参加予定のメンバーが一人足りない。
その人はこの料理教室の元締めで今までいつも一番先にに来ていたのに。
電話したら、「忘れていた、すぐに行きます」だって。
今回は責任者になっていないので、気が緩んでしまったのかな。

時間が来たので、今日のリーダーさんがレシピの説明を始める。
途中で、先ほどの遅れていた人が到着。

本日のレシピは
*エビと卵のピリ辛炒め    (320kcal/1人前)
*砂肝のソース焼き      (1170kcal/1人前)
*タケノコのから揚げ     (161kcal/1人前)
*ベーコンと春野菜の吸い物  (97kcal/1人前)

本日の参加者は10名だったので、3人、3人、4人に分かれて調理開始。

いつものことで、手順間違えながらだが、なんとか3人力を合わせて調理完了。
f0089748_21502891.jpg

出来上がった料理で昼食会。
自分達で作った料理はおいしいものです。

来月は私がリーダーになったので、レシピを探して、サブリーダーと一緒に必要な材料の買い出しなくてはなりません。
頑張らなくっちゃ。

[PR]
by narakin | 2017-04-24 22:11 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は、2か月に1回の男だけの料理教室でした。
本日の参加者は9名

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは

[春野菜のレモンチキン・酢豚風]
     
材料(2人分)
 
  とりむね肉・・・200g         溶き卵・・・・1/2個
  新玉ねぎ・・・・1個           片栗粉・・・・大さじ3
  ニンジン・・・・50g(1/3本位)    塩・・・・・・少々
  絹さや・・・・・6枚           サラダ油・・・適量  
 甘酢アン
  砂糖・・・・・・大さじ2         しょうゆ・・・大さじ2
  酢・・・・・・・大さじ1         レモン汁・・・大さじ1
  水・・・・・・・大さじ1         片栗粉・・・・大さじ1

作り方
① とりむね肉は一口大に、新玉ねぎはくし切り、ニンジンは乱切りにする。
② 甘酢あんかけの材料は合わせておく。
③ ビニール袋に溶き卵・片栗粉・塩を入れ、とりむね肉をよく揉み込む。
④ にんじんを買やめに茹でる。ニンジンの茹であ上がり10秒前に絹さやも加え茹でる。ざるにあげる。絹さやは斜め半分に切る。る。
⑤ フライパンにサラダ油を熱し、とりむね肉を揚げ焼にし、いったんとりだしておく。フライパンに残った余分な油はふき取っておく。
⑥ 新玉ねぎとにんじんを強火でさっと炒め、甘酢あんを加えて煮立たせる。鶏むね肉と絹さやを戻し入れて、全体を和える。
⑦ とろみが出てきたら火を止める。

[春を愛でよう~菜の花ポテトサラダ]
     
材料(2人分)
 
  じゃがいも・・・・中2個(180g)    塩・こしょう・砂糖・・・少々
  菜の花・・・・・・10本程(70g)    酢・・・・・・・・少々(小さじ1)
  コーン・・・・・・30g        マヨネーズ・・・・大さじ2
  ハム・・・・・・・少々

作り方
① じゃがいもは皮を剥いて8mm角に切り、水にさらしてしばらく(10分程度)おき、ざるにあげておく。
② 熱湯に塩少々入れた中に、まず菜の花を茹で取り出し、ざるにあげ、水で冷まして、水気を切る。
③ 熱湯に塩少々入れた中にじゃがいもを加えて、竹串が通る位に柔らかく茹で、ざるにあげ、水気を切る。
④ ゆであがる前にコーンも茹でる。
⑤ コーンは水を切り、菜の花も水で冷まして、1cm程に切って水気を絞る。
⑥ 全ての材料と調味料を合わせて出来上がり。お好みでハムをちらす。

[白菜とにんじんの春雨スープ]
     
材料(2人分)
 
  白菜・・・・・・2枚       A  中華スープの素・・・小さじ1/2 
  にんじん・・・・1/4          しょうゆ・・・・・・大さじ1
  春雨・・・・・・20g        塩・こしょう・・・・各少々
                     水・・・・・・・・・2カップ

作り方
① 白菜は2cm幅のざく切りにする。にんじんは2cm長さの細切りにする。春雨は熱湯につけもどし、食べやすく切って水気を切る。
② 鍋に A を煮立てて、北斎とにんじんを加える。にんじんが柔らかくなったら春雨を加え、ひと煮立させる。

[炊き合わせご飯]

炊き合わせご飯の素を入れて炊く。

3名ずつの3班に分かれて調理開始。
作業分担をきめて作業することに。
私の担当は 春野菜のレモンチキン・酢豚風

今日は、先輩に教えてもらいながら、手順を間違えることなく出来たかな。
包丁さばきは、慣れてきたが、揚げ焼き加減とか炒め具合などの勘所が今一つ。
それでも、出来栄えはほめてもらえたよ。
f0089748_21574203.jpg

皆で調理した料理を試食兼昼食。
いつものことだが、自分で作った料理は美味しいものです。

今までは、2か月に1回だったが、4月からは8月と12月はお休みにして毎月行うことにした。 また、リーダーも今まで二人だけでやってきたが、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。
私の当番は5月、レシピを探して、何度か試作してみなくては。




[PR]
by narakin | 2017-03-27 22:03 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は2か月に1回の「男だけの料理教室」

参加者は11名の予定だったが2人欠席で9名。

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは

[揚げタラの香味がけ]     

材料(4人分)
 
 生タラ・・4切れ  ねぎ・・1本  赤ピーマン・・1/2  わけぎ・・2本       A 酒・・大さじ1  薄口醤油・・大さじ1  ごま油・・小さじ1
  生姜しぼり汁・・少々  こしょう・・少々
B ごま油・・大さじ3  赤トウガラシ・・1本  しょうが細切り・・少々
C 醤油・・大さじ3  酢・・大さじ3  砂糖・・小さじ1.5

その他  揚げ油・・適量  片栗粉・・少々

作り方
① タラは骨を除いて、一口大に切る
  Aの材料をからめ、15分ほどおいて下味をつける
② ねぎは白髪ねぎにし、赤ピーマンは千切り、分け後は斜め切りにして、
  全部をあわせて見ずにさらし、水気を切っておく
③ タラの水気を軽くふいて片栗粉を薄くまぶす
④ 揚げ油を180℃に熱し、③を入れてカラッと色よく揚げる
⑤ ④の油をきって器に盛り、②の野菜を彩よく散らしす
⑥ 小鍋にBを入れて弱火にかけ、香が立ったらCを入れて温めて、熱々を⑤にかけて出来上がり

[ねぎとあさりのむた]     

材料(4人分)
 
 長ネギ・・2本  あさりのむき身・・100g  塩・・ひとつまみ
酢味噌  みそ・・大さじ4  砂糖・・大さじ2.5  酢・・大さじ4

作り方
① 先に酢味噌を作る。ボウルに材料を入れ、泡だて器で混ぜ合わせる。
② 長ネギは3cm長さに切り、さらに縦半分に切る。青い部分も使う。
③ 鍋に湯を沸かし、塩を加えて長ネギを湯がく。ザルにあさりを入れ同じ鍋の湯にひたしあさりを温める。長ネギと、あさりの水気をよくきり、ボウルに移す。
④ ねぎと、あさりが、温かいうちに①の酢味噌で合える。その後冷蔵庫で冷ます。

[豆腐とミニトマトの中華風スープ]     

材料(4人分)
 
 絹ごし豆腐・・1丁  ミニトマト・・8個  かいわれ菜・・1パック
 卵・・3個  かにかばぼこ・・8本
A 水・・カップ2  鶏がらスープ・・小さじ2  塩・こしょう‥少々
  ごま油・・小さじ1
*とき卵・・3個  ごま油・・小さじ1

作り方
① 豆腐は粗くほぐし、ミニトマトは皮を湯向きする
② かいわれ菜は根元を落としてざく切りにする
③ かにかまぼこは半分に切りほぐす
④ 鍋にAの材料を合わせて煮立て、豆腐、ミニトマト、かにかまぼこを加えて、他人に立ちさせて、溶き卵を回しいれる。仕上げにかいわれ菜を加え、ごま油をふる。

私の班は3名だったので、作業分担をきめて作業することに。
揚げタラの香味がけが私の担当

いつものことだが、手順を間違えながらもなんとか調理終了。
f0089748_21454825.jpg
皆で調理した料理を試食兼昼食。
自分で作った料理は美味しいものです。

前回の時に「今まで、2か月に1回だったが、来年は8月と12月はお休みにして毎月行うことにした。 また、リーダーも今まで二人だけでやってきたが、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。」
ということだったが、2月もお休みすることにした。
したがって、次回は3月27日(月)です。



[PR]
by narakin | 2017-01-23 21:50 | 料理 | Comments(8)

男だけの料理教室

今日は2か月に1回の「男だけの料理教室」

今まで会員は10名だったが、今回からは2名の新入会員が入ったので、12名となった。
しかし、1名が欠席だったので、3名の1班と4名の2班の3班の組み合わせとなった。

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは

[和風ハンバーグ]     (NHKきょうの料理)

材料(4人分)
 ハンバーグ                  すだちポン酢
  牛ひき肉(粗挽き)・・・400g       ○A しょうゆ・・・・ 大さじ5
  豚ひき肉(粗挽き)・・・200g         みりん(煮きる)・・大さじ1
  玉ねぎ ・・・・・・1個(200g)       すだちの絞り汁・・大さじ2
  生パン粉・・・・・・カップ1/2        お酢 ・・・・・ 大さじ1
  牛乳 ・・・・・・・・大さじ3      昆布(5cm角)・・ 1枚
  卵・・・・・・・・ 1個         大根おろし・・・・適量

作り方
ハンバーグ
  ①玉ねぎは粗みじん切り。生パン粉は牛乳を入れ、しっとりさせておく。
  ②ボールにひき肉、生パン粉、卵、塩(小さじ1)、黒こしょう(少々)を入れてよく混 ぜ、   玉ねぎを加えてさらに混ぜる。玉ねぎは生のまま加えて食感を残します。
  ③ ②を4等分して、空気を抜きながら、1個ずつだ円形にする。
  ④フライパンを中火で熱し油(サラダ油大さじ1/2~1)をひき、ハンバーグを入れ。、表面に   焼き色がつくまで、約2分間づつ両面を焼く。
  ⑤230℃のオーブンに入れて8分~10分間(2個ずつ焼くときの目安)焼き、中まで火を通す。   直接フライパンをオープンに入れるか、オープン用の紙を敷いた天板にのせて同様に焼く。

すだちポン酢を作る
ボールに材料 ○A1~4を合わせ、拭いた昆布を加えてしばらくおき(1時間以上)昆布を取り出す。器にすだちポン酢と大根おろしを入れ、好みで七味唐辛子をふる。

付き合わせ
にんじんのスープ煮
 にんじん・・・2本(350g)
 スープ・・・カップ2(顆粒スープの素(洋風)小さじ1 を湯カップ2 で溶いたもの。
ゆでブロッコリー
 ブロッコリー・・・1個
 塩・こしょう(粗挽き)・サラダ油・バター

 [里芋の含め煮]  クツキング・アルハ2(和風の基礎料理) 主婦と生活社

材料(4人分)
  里芋・・・600g            塩(下ごらえ用)・・・少々
  だし汁・・・カップ2~2 1/2       砂糖・・・・・・大さじ4
  酒・・・・・大さじ2          みりん・・・・・大さじ 1
  薄口醤油・・・少々           ゆずの皮(せんぎり)・・少々

作り方
  ①里芋は皮ごとタワシでこすって洗う。
  ②上下を少し切り落として縦に皮をむき、水にさらす。
  ③水気を切って、ボールに入れて塩少々ふってよくもみ、さっと洗い表面のぬめりと塩を
   洗い落とす。
  ④煮立った湯の中に里芋を入れて、再び煮立ってから、2~3分ゆで、水に取りぬめりと
   あくを洗い落とし水気を切る。
  ⑤鍋に里芋とだし汁を入れ、強火にかけ、煮立ったら、火を弱めて、あくを取る・
  ⑥砂糖大さじ2(半量)塩 小さじ1 酒大さじ2を加え、ガーゼを被せ、弱火で10分くらい
   静かに煮る。
  ⑦残りの砂糖大さじ2と塩(少々)を加えて煮汁が1/3量ぐらいになるまで、ゆっくりと
   煮含め、芋がすっかり柔らかくなったら、みりん、薄口醤油を加えて、ひと煮する。
   煮上がったら、煮汁につけたまま冷まし、味をよく含ませる。

 [納豆汁]  クツキング・アルハ2(和風の基礎料理) 主婦と生活社

材料(4人分)
  納豆 ・・・・・・・・・・1袋     だし汁(納豆用)・・・カップ1/2 
  油揚げ ・・・・・・・・・1枚     だし汁・・・・・・・カップ 4 
  豆腐・・・・・・・・・・1/2丁     みつば・・・・・・・ 少々 
  白味噌・・・・・・・・・・50g

作り方
  ①納豆は細かく刻んで、すり鉢に移し、だし汁(納豆用)カップ1/2を注いで、すり伸ば
   しておきます。
  ②油揚げは熱湯で油抜きをして、細切り、豆腐は1cm角のさいの目にきり、みつばは
   2cm長さに切っておきます。。
  ③鍋にだし汁と油揚げを入れて、煮立て白味噌を煮汁で溶き伸ばして加え、豆腐、納豆
   も入れます。
  ④一煮立ちしたら椀に注ぎ、三つ葉を散らします。

私の班は3名だったので、作業分担をきめて作業することに。
ハンバーグは私が、里芋の含め煮はSさんが、残りの納豆汁とすだちのポン酢と突き合わせはKさんが担当することになった。

ハンバーグは比較的早く出来たので、Kさんの作業の一部を手助けした。
いつものことだが、手順を間違えながらなんとか調理終了。

出来上がり~
f0089748_2056498.jpg

皆で調理した料理を試食兼昼食。
美味しかったよ。

今まで、2か月に1回だったが、来年は8月と12月はお休みにして毎月行うことにした。
また、リーダーも今まで二人だけでやってきたが、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。
[PR]
by narakin | 2016-11-21 21:14 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は2か月に1回の「男だけの料理教室」

会員は10名だが今日は2名欠席で、8名だったので、3名が2班と2名が1班の3班の組み合わせ

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは

 「えびと長ネギの豆板醤炒め
材料(3人分)   
  えび(小・殻付き)・・・・・・・  300g      長ネギ・・・3本  片栗粉・・・・大さじ1 
  サラダ油・・・・・・・・大さじ2      豆板醤・・・小さじ1  塩・コショウ・・・各少量 
 A{醤油・・大さじ1 鶏ガラスープの素・・小さじ1 塩・・少量}  水1/4カップ


作り方
 ① えびは皮をむき、背に切り込みをいれて背ワタを取り、塩、コショウをふって片栗粉を
   うすくまぶす。
 ② 長ネギは白い部分を1cm幅の斜め切りにする 
 ③ フライパンにサラダ油を熱して強火でエビを1分炒め、長ネギを加えて1分炒める。
 ④ 3に豆板醤を加えてひと混ぜし、合わせておいたAと水1/4カップを入れ混ぜ合わせ
   る。再び煮立ったら仕上げにごま油を小さじ1を加える。

 「わかめの早うまスープ
材料(3人分)           
  わかめ(塩蔵)・・・60g    ねぎ(青い部分)・・・1本   しょうが・・・20g
 A{鶏がらスープの素・・・大匙2    水・・・3.5カップ}
    白ゴマ・・・大さじ1.5

作り方
  ① わかめは洗って塩を落とし、3cmの長さに切る。
  ② ねぎは、みじん切りにし、しょうがは千切りにする。
  ③ なべにごま油を大さじ2を熱し、ねぎとしょうがを炒める。わかめを加えて炒め、わか
    めがきれいな緑色になったら、水で溶いた鶏がらスープを加えて煮立てる。
    白コショウで味を調ええ、器にそそいで、白ごまをふる。

 「キャベツとガーリックベーコンさらだ
材料(3人分)        
  キャベツ葉・・・・6枚    カイワレ菜・・・・1パック   ベーコン(薄切り)・・・・3枚    
  ニンニク・・・4カケ(うすぎり輪切り)   トマト・・・・1個 2cm角にカット
 A{みそ・・・大さじ2  みりん・・・大さじ2  砂糖・・・小さじ1.5}
     オリーブ油・・・大さじ1   酢・・・小さじ2

作り方
  ① キャベツは洗い、水分をふき取り、軸を除き千切りにする、かいわれ菜は根を切り
    落とし長さを半分に切る。ザルにそれぞれ入れ冷蔵庫で20分以上冷やす。
  ② フライパンにオリーブオイ油大さじ3とニンニクを入れて弱火にかけ、3~4分間
    キツネ色になるまで炒める、紙タオルに取り出し、残った油はAに混ぜる。
  ③ ベーコンは1cmの幅に切る、②のフライパンを弱火にかけ、3~4分間カリカリ
    になるまで炒め、途中で脂肪が出てきたら紙タオルでふき取る。
  ④ ①のキャベツとかいわれ、トマトを器に盛り、Aのドレッシングをそそぎトッピン
    グにベーコンとニンニクをのせる。

材料はリーダーと本日の当番が各班に分けて置いてくれています。
f0089748_2123839.jpg

3人で分担して調理、
私は「キャベツとガーリックベーコンさらだ」を担当
切るのは問題ないのだが、手順を忘れて、レシピのプリントを見ながら作業。
それでも、ニンニクを炒めるときにオリーブ油を使わなければならないのに、間違えてサラダ油を使ったりと、いつもながらドジをしながらの調理です。

料理が終わったら、盛りつけして、試食を兼ねた昼食会です。
f0089748_21233335.jpg

レシピに書いてなかったけど、リーダーが松茸ご飯を炊いてくれていました。
自分たちで作った料理はおいしいかったよ。
[PR]
by narakin | 2016-09-26 21:27 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は2か月に1回の「男だけの料理教室」
会員は10名だが前回と同じく今日は1名欠席で、9名だったので、1班3名ずつ

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは
①つくね・にんじん・かぶの炊き合わせ  ②だし巻き卵  ③夏野菜の煮込み

3人で手分けしてやろうと、相談の結果、私はだし巻き卵を担当、
とき卵にだし汁、砂糖、塩、しょうゆ、酒を混ぜて、玉子焼き器で焼くだけだから簡単だと思っていたが、やってみたら、早速焦がしてしまった。
さらに、綺麗実巻けずにグチャグチャ、最悪の状態。火力を弱めて、さらに上塗りでごまかそうとしたが、そうは問屋が卸してくれない。
もう一回挑戦で、焦げは無くなったが、なんとか形が出来たかな?

だし巻き卵は短時間で出来たので、かぶの煮含みとニンジンの煮含めを手伝う。

つくねは
とりひき肉を使い、みりん・しょうゆ・卵・片栗粉・しょうがでつくねを作り、鍋にだし汁・醤油・みりんを入れて煮たてた所に一口大にまとめたつくねを入れて煮る。

器につくね、かぶ、にんじんを盛りつけて つくね・にんじん・かぶの炊き合わせ完成。

夏野菜の煮込みの材料は(4人分)
 なす・・6個  ズッキーニ・・2本  トマト・・2個  セロリ・・2本
 長ネギ・・1本  タマネギ・・1個  ハム(薄切り)・・2枚
 にんにく・・1片

 こちらは私は全くタッチしていなかった。

なんだかんだと、相変わらず手順間違いしたり、焦がしたりとしながらも、3人でなんとか完成。

いつものように、自分たちで作った料理で昼食。
色や形は悪くても、レシピ通りの味付けなので、おいしかったよ。
f0089748_21402645.jpg

[PR]
by narakin | 2016-07-27 21:47 | 料理 | Comments(4)

グラタン

今日は家内と二人でグラタンを作る。
家内に材料と作り方を教えてもらいながら、出来るだけ私一人で料理することに。

材料(2人分)
 ▢ ささみ          2本
 ▢ エビ(ブラックタイガー) 4匹
 ▢ 薄切りハム        5枚
 ▢ タマネギ         1個
 ▢ グラタン用マカロニ  100g

 ▢ パン粉          少々
 ▢ とろけるチーズ      少々
A
 ▢ バター        大さじ3
 ▢ 小麦粉        大さじ5
 ▢ コンソメスープ   カップ1.5
 ▢ 牛乳        カップ1
 ▢ 生クリーム     カップ1
 ▢ 塩         少々
 ▢ コショウ      少々

作り方
1.材料(A)でホワイトソースを作る
 鍋にバターを溶かし、小麦粉を溶いて、コンソメスープを少しずつ混ぜる。
 牛乳と生クリームを加え、塩少々コショウ少々を入れてとろみがつくまで弱火で混ぜる。
2.マカロニを9分間茹でて水けをきる
3.玉ねぎをみじん切りにする。
4.ささみは1cmのこま切り塩少々をふる。
5.エビは殻と背ワタを取り、3等分に切り塩少々をふる。
6.ハムは1cm角に切る。
7.フライパンにバターを溶かして玉ねぎが透明になるまで炒め、エビとささみとハムを
  加えて炒め、マカロニを加え、ホワイトソース半量を入れてなじませる。
8.バターを薄く塗ったグラタン皿に(7)を入れてホワイトソースの残りをまんべんなく注ぎ、
  とろけるチーズを乗せ、パン粉をパラパラと乗せて、オーブンで焼いて完成。
f0089748_21204121.jpg

今日は家内がかなり手伝ってくれたので、手順を間違えることなく、早く出来たかな。
我が家のオーブンレンジは自動メニューでグラタンがあるので、スイッチを入れるだけで後はお任せで焼き上がり完了、楽しました。
次は何を作ることが出来るかな?
[PR]
by narakin | 2016-06-16 21:27 | 料理 | Comments(4)

鶏の酢豚風

今日は鶏の酢豚風を作ることに。
今回は家内からすべてを教えてもらいながらの料理。

材料(4~5人分?)
 ▢ 鶏もも肉のぶつ切り 500g(たまたま冷蔵庫に入っていた量)
 ▢ 玉ねぎ       1個
 ▢ ピーマン      4個
 ▢ ニンジン      1本

 ▢ 片栗粉       適量
 ▢ ごま油      大さじ1.5
A
 ▢ コンソメ顆粒   小さじ1
 ▢ 砂糖       大さじ3
 ▢ 酢        大さじ3
 ▢ 醤油       大さじ3
 ▢ 酒        大さじ2
 ▢ 片栗粉      大さじ1
 ▢ ケチャップ    大さじ1

作り方
 1.甘酢アン
   鍋に1カップの水を入れ、Aの材料を入れて、かき混ぜながらとろみがつくまで
   加熱する。
 2.適量の片栗粉を入れたビニール袋の中に鶏肉を入れて軽く振ることで鶏肉に片栗粉
   をまぶし、余分な粉を落として、パットに置く。
 3.玉ねぎ、ピーマン、にんじんを適当な大きさに切る。
 4.鶏肉を油で揚げる。約4分
 5.フライパンにごま油を加熱して野菜を炒める
 6.玉ねぎが透明になってきたら、油で揚げた鶏肉を入れて混ぜる。
 7.十分に混ざったら、弱火にして、1の甘酢アンを入れてなじませる。

野菜をどの程度の大きさにするのかを料理長(家内)に聞きながら切り分ける。
料理長はついつい手を出そうとするので、「口は出しても、手は出さないで!」と言いながら出来るだけ一人で調理した。
f0089748_2154771.jpg


菜園仲間に頂いたトマトと電子レンジでチンしたブロッコリも併せて今夜の晩御飯でした。
f0089748_2155977.jpg

[PR]
by narakin | 2016-06-12 21:12 | 料理 | Comments(2)

肉じゃが

今日は肉じゃがに挑戦。
ジャガイモ、にんじん、玉ねぎは自家製があるので、牛肉だけを買って来たら出来そう。
ネット検索によるレシピをもとに、家内の意向も入れてやってみた。

材料(4人前)
 ▢ 牛薄切り肉  200g        ▢ サラダ油    大さじ2
 ▢ ジャガイモ    5個        ▢ だし汁     3カップ
 ▢ 玉ねぎ      1個        ▢ 酒       大さじ3
 ▢ ニンジン     1本        ▢ 砂糖      大さじ3
 ▢ 焼豆腐      1丁        ▢ しょゆ     大さじ3
                        ▢ みりん     大さじ3
作り方
 1.じゃが芋の皮をむいて4ツ切りにし、水にさらしておく。
    (通常の大きさの倍近くあったので、6~8切りにした)
 2.玉ねぎは四つ切にする。
 3.にんじんは乱切りにする。
 4.牛薄切り肉は一口大に切る。
 5.鍋にサラダ油を熱し、牛肉を色が変わるまでさっと炒めたら、一旦さらに取り出す。
 6.鍋にサラダ油を追加し、たまねぎと水気を切ったじゃが芋とニンジンを軽く炒める。
 7.炒めた牛肉を加え、だし汁、酒、砂糖を加えて中火で3分煮る。
 8.焼豆腐を加え、みりん、しょうゆを加えてアク汁取りシートを落とし蓋のように置いて、
   弱火で約30分間煮込んで完成。
f0089748_21105697.jpg


今夜の二人分の盛りつけ
f0089748_2113731.jpg


肉じゃがだけでは味がくどいので、キュウリの塩もみも作りました。
f0089748_2114205.jpg


家内の指導のもとではあるが、初めての煮物に挑戦。
肉じゃがはちょうど良い味で、おいしかった。(自画自賛)
キュウリの塩もみも肉じゃがと相性が良かったよ。

切るのは、かなり慣れてきた。
調味料の加減はネットで検索するか、家内に教えてもらわないながら覚えていきましょう。

次は鶏のから揚げに挑戦する予定。
[PR]
by narakin | 2016-06-11 21:28 | 料理 | Comments(2)

図に乗って

昨日、簡単なレシピだったけど、思ったより良く出来たので、図に乗って、今日も料理しようと。
小松菜が残っているので、豚肉とのレシピを探すと、「小松菜と豚肉炒め」が
比較的簡単そうだったので、挑戦することにした。

材料(2人分)
 ▢  豚肉(こま切れ)    200g
 ▢  小松菜        200g
 ▢  ごま油       大さじ1/2
 ▢  小麦粉       大さじ1
(A)
 ▢ しょうゆ       小さじ1
 ▢ 酒          小さじ1
(B)
 ▢ オイスターソース   大さじ1
 ▢ みりん        大さじ1
 ▢ 酒          大さじ1
 ▢ しょうゆ       小さじ1
作り方
 1.豚肉は食べやすい大きさに切る。(A)で下味をつけて小麦粉をまぶす。
 2.小松菜は5cm長さに切る。葉と茎を分けて水にさらし、水気をきる。
 3.フライパンを熱してごま油を入れ、(1)を強火で炒め、肉が白っぽくなったら小松菜の茎を入  れ、1分くらい炒めたら(B)も加えて30秒程炒め、さらに葉も加えてさっと炒める。

すべて一人で料理して 完成!!
f0089748_2101547.jpg

オイスターソースが効いて美味しかったよ。
我が家では初めてのレシピだったので、家内もおいしいとほめてくれた。
またまた、図に乗って新しい料理に挑戦しそう。
[PR]
by narakin | 2016-06-09 21:10 | 料理 | Comments(4)