千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー

カテゴリ:料理( 18 )

男だけの料理教室

今日は。月1回の男だけの料理教室。

本日のレシピは
①チャーハン
  材料(2人分)
  ごはん    300g     A 鶏がらスープの素   小さじ1/2
  長ネギ    15cm       塩         小さじ 1/6
  焼豚      50g       こしょう        少々
  卵        1個     醤油           小さじ1
  油      大さじ1

②しそつくね
  材料(2人分) 
  とりひき肉   200g     A みそ       大さじ1
  長ネギ     約10cm      しょうが汁     5g
  しそ        6枚       溶き卵      1/2個分
  アスパラガス    2本     かたくり粉      大さじ1
  油       小さじ1

③チンゲンサイの中華スープ
  材料(4人分)
  チンゲンサイ    1株     水         カップ3
  しいたけ      2個     鶏がらスープの素  小さじ1
  とりささみ     1本     塩         小さじ1/4
    塩       少々    こしょう        少々
    酒      小さじ1
  かたくり粉    小さじ1

いつものように本日のリーダーがレシピの説明をしてから3班に分かれて調理開始。
レシピの説明の時に出来上がりの写真を示しながらだったので、イメージが湧いて大変参考になりました。
本日の参加者は10名だったので、3人、3人、4人に分かれて調理開始。
私のチームは4人だったが、1人は1時間以上の遅刻。
もう一人は参加して4回目だかまったく調理したこともないし、台所に立ったこともないので、しばらくはアシスタントとして参加しますと。
3品あるので、いつもだとそれぞれ1品ずつ分担して調理するのだが、実質2人で3品を調理することになった。

私はチャーハンとチンゲンサイの中華スープの2品を作ることになった。
幸い、どちらもあまり時間がかからないものだったので、なんとか時間内に仕上げることが出来たよ。
f0089748_22033848.jpg
いつものように出来上がった料理で昼食会。
自分たちで作った料理は文句なしに美味しいです。


[PR]
by narakin | 2017-07-24 22:07 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は。月1回の男だけの料理教室。

本日のレシピは
①鶏ささみカレー風味焼つき
②玉ねぎの肉詰め
③こんにゃくと海藻のサラダ

いつものように本日のリーダーがレシピの説明をしてから3班に分かれて調理開始。
本日の参加者は9名だったので、各班3名ずつ。

3品だったので、一人一品ずつ担当することに。
私は玉ねぎの肉詰め
玉葱の上約三分の一を切り取り、中身をくり抜きます。
切り取ったものとくり抜いたものをみじん切りにして、塩としょうが汁で味付けした豚ミンチと一緒に合わせて、玉ねぎのくりぬかれた穴に詰め込む。
酒とみりんと醤油を入れただし汁で約20分蒸し煮込みにして完了。
玉葱のくり抜きに苦労したけど、上手く出来たよ。

鶏ささみを担当した人は筋取りが初めてだと言いながら苦労していた。
f0089748_22140497.jpg
ちょうど12時に調理完了して、自分たちで調理したごちそうを試食しながらの昼食会でした。
自分たちで作った料理はおいしいものです。


[PR]
by narakin | 2017-06-19 22:24 | 料理 | Comments(6)

男の料理教室

3月までは、2か月に1回の料理教室だったが、4月からは毎月行うことになり、会員みんなで持ち回りにすることになった。

今月は私がリーダーにされたので、インターネットのクックパッドから5月の食材を使ったレシピを選択。
 ①レタスの豚肉巻き炒め
 ②エンドウ豆の卵とじ
 ③生わかめとしらすのお吸い物

レタスの豚肉巻き炒めとエンドウ豆の卵とじは、家内の指導の下に2回調理実習をして、自信を持った。
生わかめとしらすのお吸い物は誰にでも簡単に出来そうなので、調理実習なし。

レシピで必要な食材と調味料を人数分の量をリストアップして、サブリーダーと二人で昨日買い出しをした。

今日が料理教室。
リーダーの私とサブリーダーとは食材と調味料等をもって、早めに会場入りして、3班に食材の配分、調味料は共用なので、すぐに使えるように共通のテーブル並べて、準備完了。

メンバーが全員集合してから、本日のレシピの説明。

いつものように3班に分かれて調理開始です。
私の班にはベテランさんが一人入っていたので、その方が、手際よく調理してくださるのを手本に共同して、3品の調理でした。

ベテランさんの手際を見ているとものすごく参考になります。

今日のレシピは比較的短時間に出来上がるものだったので、11時半には出来上がった。
f0089748_22243150.jpg
相変わらず、自分たちで作った料理は美味しかった。

初めて、レシピを提案して、それに基づき、食材の購入から、皆さんへの説明をして、メンバーのご協力によって、無事に役目を果たすことが出来て肩の荷が下りました。



[PR]
by narakin | 2017-05-22 22:33 | 料理 | Comments(4)

晩御飯の調理

6月4日(日)に娘が所属している大和郡山市音楽芸術協会の定期演奏会があります。
メゾソプラノの娘もソロで出演する。
その時に着るドレスを大阪の船場センタービルまで買いに行きたいと。
今日、家内が娘の買い物に付き合って大阪まで行ったので、晩御飯作る時間がないから出来合いのものでも買ってこようかと言っていた。

料理教室の練習の成果を発揮すべく、晩御飯は任せておけ、と家内に宣言。

前回、調理実習した「レタスの肉巻き炒め」と「エンドウ豆の卵とじ」と大根葉の「味噌汁」を作ることに。
前回の肉は豚バラ肉を使ったが、油が多すぎるので、今回は豚ロース肉を使うことにした。
スーパーに行き、豚ロース肉しゃぶしゃぶ用200gを買う。
レタスとエンドウ豆と大根はナラキン菜園で収穫したもの、
f0089748_20552435.jpg

大根葉の味噌汁は大根葉4本と大根の上の部分とを使って仕上げる。

エンドウ豆は実の状態で約150gを使い、玉子2個で作る。

レタスの肉巻き炒めは豚ロースのしゃぶしゃぶ用肉だったので肉が薄くて破けないかと気を使ったが、なんとかうまく出来た。
f0089748_20552872.jpg

今回は家内がいなかったので、完全に一人での調理。
1回実習しているとはいっても、ほとんど忘れているので、レシピノートを見ながらなんとか出来上がりました。

家内が帰ってきて、一緒に晩御飯。
家内に大げさなくらい喜んでもらえました。

これで、料理するのが癖になりそうです。
次はいつになるかな?



[PR]
by narakin | 2017-05-16 21:16 | 料理 | Comments(8)

調理実習3

男だけの料理教室で5月の担当になっているので、レシピを探している。

現時点で次のレシピにしようと思っている。
 ①レタスの豚肉巻き炒め
 ②エンドウ豆の卵とじ
 ③生わかめとしらすのお吸い物

レタスの豚肉巻き炒めは先日試作した。
ナラキン菜園でスナップエンドウの実が出来ているので、エンドウ豆の卵とじを試作することにした。
今回も家内の監督のもとでの実習でした。

材料(3人分)
・えんどう(さやつき)・・300g   ■調味料
・だし汁    ・・ ・・・100cc    ・砂糖  ・・・小さじ1
・卵      ・・・・・2個     ・塩 ・・・・ひとつまみ
                    ・しょうゆ・・・・小さじ2
                    ・酒   ・・・・小さじ1
                    ・みりん  ・・・小さじ1

作り方
①えんどうをさやから取り出し、ざるに入れ、軽く水洗いする。
f0089748_21435481.jpg


②沸騰した湯の中に、塩ひとつまみ加え、弱火で約3分下茹でする。
  そのまま冷まし、冷めたらざるに上げ、水を切る。
  熱い時に取り出すと、豆にしわが出来るのだそうです。
f0089748_21435853.jpg


③だし汁に分量の調味料を入れ、煮汁を作る。
  沸騰したら、下茹でしたえんどうを入れ、約3~4分弱火で味を含ませる。
f0089748_21440235.jpg

④少し火を強め、卵を流しいれる。
  10秒くらいそて卵の半分が固まり始めたらすぐに火を止め、蓋をする。
f0089748_21440531.jpg
 
 5分ほどで出来上がり。
f0089748_21440897.jpg

卵が若干しゃばしゃばだったが、美味しかったよ。


[PR]
by narakin | 2017-05-13 21:57 | 料理 | Comments(4)

調理実習2

今日の晩御飯に鮭のきのこあんかけ」しましょうと家内が言ったので、料理教室とは直接関係ないけど、私の調理実習にさせてもらうことにした。

材料(4人分)

 生鮭切り身・・・4切れ   調味料  だし・・・カップ3/4

 しめじ・・・1パック         酒・・大さじ1

 生しいたけ小・・8枚         みりん・・・小さじ1/2

 えのきだけ・・・1袋         塩・・・小さじ1/2

                    薄口しょうゆ 小さじ2

     水溶き片栗粉 (片栗粉・大さじ1  水・大さじ1)


作り方

生鮭は塩少々をふって、しばらくおく。

しめじは石づきを除いて小房に分ける、しいたけは軸を除いて1cm幅に切る、えのきだけは根元を切って2等分にする

鮭の水けをふき、薄くまんべんなく小麦粉をまぶす

フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、鮭を焼き、器に盛る。(小麦粉をつけた鮭は皮目の方から焼き始め、皮目がこんがり焼けたら裏返して蓋をして弱火で5分蒸し焼き、ふたを開けて汁気を飛ばす。)

続いてフライパンにキノコ類を入れ、しんなりするまで炒め、(鮭を焼いた油で炒める。キノコはよく油をすうので足りない時には油をたす) 調味料を加え、煮立ったら水溶き片栗粉でまとめる。

鮭にきのこあんをかけて出来上がり。

f0089748_21145873.jpg
今日も監督の家内に指図されながらの調理でした。

調味料を先に準備しておくと良いことを言われました。

小麦粉をまぶすのが慣れてきたよ。

焼き加減など火の通し方が家内がついていないと、まだまだ分かりません。




[PR]
by narakin | 2017-05-05 21:23 | 料理 | Comments(4)

調理実習

男だけの料理教室で5月の担当になっているので、レシピを探している。
基本的に、3品でその内の1品は汁物。
5月の旬の材料を使ったものが良いかな。
現時点で次のレシピにしようと思っている。
 ①レタスの豚肉巻き炒め
 ②エンドウ豆の卵とじ
 ③生わかめとしらすのお吸い物

とりあえず、「レタスの豚肉巻き炒め」をしてみた。
 材料(2人分)
  レタス  ・・・・・・・⒈玉
  ブラバラ肉 ・・・・・・200g
  めんつゆ  ・・・・・・30cc
  ショウガ  ・・・・・・1かけ
  小麦粉・片栗粉  ・・・適当

 作り方
 ①レタスを太めに千切りする
 ②軽く塩をふって、ぎゅーっと揉んで水分を抜く。
  水分がある程度出たら水で洗って、よく握って水気をとる。
 ③豚バラは細長いもので、
f0089748_21223181.jpg
 ④手にレタスを入れて、ぎゅっと絞り
f0089748_21224261.jpg
 ⑤豚バラを慎重に巻いていく
f0089748_21224682.jpg

f0089748_21225039.jpg

 ⑥小麦粉をレタス肉巻きにまぶして、フライパンに油を敷いて、
  全体に軽く焦げ目がつくまで炒める。
 ⑦巻ききれなかったレタスを皿に敷き、炒めた肉巻きを乗せる。
 ⑧炒めた時の油をそのままにし、めんつゆ・すりおろしショウガ・
  水に溶いた片栗粉でタレを作り、皿全体にタレをかけて完成。
f0089748_21225355.jpg

レタスに肉を撒いていくのに苦労した。
レタスがこぼれるのを気にせずに強引に巻くのが良いかな。

家内に監督してもらいながらだが、家内がついつい手を出しそうになるので、「手を出すな!」と言いながら、なんとか調理出来たよ。

自分で作った料理はおいしいものですね。

初めての家での調理実習でした。

約1時間かかったかな。
家内に「私ならこの半分の時間で出来るよ」と言われた。
そりゃそうだよね、主婦歴数十年の家内なんだもの、初心者が叶うわけがないよ。
これからも、少しずつ、調理実習をしていかなくては。



[PR]
by narakin | 2017-05-01 21:49 | 料理 | Comments(6)

男だけの料理

今までは、2か月に1回の料理教室だったが、これからは2月と8月と12月はお休みにして毎月行うことになり、今まで二人だけで交代でやってきていたリーダーは、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。

今日が、新しい制度での初めての料理教室でした。

初めてのリーダーが張り切って、レシピを作り、それに必要な材料を買い揃えて、準備完了。
そろそろ、時間になり、レシピの説明をしようとしたが、参加予定のメンバーが一人足りない。
その人はこの料理教室の元締めで今までいつも一番先にに来ていたのに。
電話したら、「忘れていた、すぐに行きます」だって。
今回は責任者になっていないので、気が緩んでしまったのかな。

時間が来たので、今日のリーダーさんがレシピの説明を始める。
途中で、先ほどの遅れていた人が到着。

本日のレシピは
*エビと卵のピリ辛炒め    (320kcal/1人前)
*砂肝のソース焼き      (1170kcal/1人前)
*タケノコのから揚げ     (161kcal/1人前)
*ベーコンと春野菜の吸い物  (97kcal/1人前)

本日の参加者は10名だったので、3人、3人、4人に分かれて調理開始。

いつものことで、手順間違えながらだが、なんとか3人力を合わせて調理完了。
f0089748_21502891.jpg

出来上がった料理で昼食会。
自分達で作った料理はおいしいものです。

来月は私がリーダーになったので、レシピを探して、サブリーダーと一緒に必要な材料の買い出しなくてはなりません。
頑張らなくっちゃ。

[PR]
by narakin | 2017-04-24 22:11 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は、2か月に1回の男だけの料理教室でした。
本日の参加者は9名

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは

[春野菜のレモンチキン・酢豚風]
     
材料(2人分)
 
  とりむね肉・・・200g         溶き卵・・・・1/2個
  新玉ねぎ・・・・1個           片栗粉・・・・大さじ3
  ニンジン・・・・50g(1/3本位)    塩・・・・・・少々
  絹さや・・・・・6枚           サラダ油・・・適量  
 甘酢アン
  砂糖・・・・・・大さじ2         しょうゆ・・・大さじ2
  酢・・・・・・・大さじ1         レモン汁・・・大さじ1
  水・・・・・・・大さじ1         片栗粉・・・・大さじ1

作り方
① とりむね肉は一口大に、新玉ねぎはくし切り、ニンジンは乱切りにする。
② 甘酢あんかけの材料は合わせておく。
③ ビニール袋に溶き卵・片栗粉・塩を入れ、とりむね肉をよく揉み込む。
④ にんじんを買やめに茹でる。ニンジンの茹であ上がり10秒前に絹さやも加え茹でる。ざるにあげる。絹さやは斜め半分に切る。る。
⑤ フライパンにサラダ油を熱し、とりむね肉を揚げ焼にし、いったんとりだしておく。フライパンに残った余分な油はふき取っておく。
⑥ 新玉ねぎとにんじんを強火でさっと炒め、甘酢あんを加えて煮立たせる。鶏むね肉と絹さやを戻し入れて、全体を和える。
⑦ とろみが出てきたら火を止める。

[春を愛でよう~菜の花ポテトサラダ]
     
材料(2人分)
 
  じゃがいも・・・・中2個(180g)    塩・こしょう・砂糖・・・少々
  菜の花・・・・・・10本程(70g)    酢・・・・・・・・少々(小さじ1)
  コーン・・・・・・30g        マヨネーズ・・・・大さじ2
  ハム・・・・・・・少々

作り方
① じゃがいもは皮を剥いて8mm角に切り、水にさらしてしばらく(10分程度)おき、ざるにあげておく。
② 熱湯に塩少々入れた中に、まず菜の花を茹で取り出し、ざるにあげ、水で冷まして、水気を切る。
③ 熱湯に塩少々入れた中にじゃがいもを加えて、竹串が通る位に柔らかく茹で、ざるにあげ、水気を切る。
④ ゆであがる前にコーンも茹でる。
⑤ コーンは水を切り、菜の花も水で冷まして、1cm程に切って水気を絞る。
⑥ 全ての材料と調味料を合わせて出来上がり。お好みでハムをちらす。

[白菜とにんじんの春雨スープ]
     
材料(2人分)
 
  白菜・・・・・・2枚       A  中華スープの素・・・小さじ1/2 
  にんじん・・・・1/4          しょうゆ・・・・・・大さじ1
  春雨・・・・・・20g        塩・こしょう・・・・各少々
                     水・・・・・・・・・2カップ

作り方
① 白菜は2cm幅のざく切りにする。にんじんは2cm長さの細切りにする。春雨は熱湯につけもどし、食べやすく切って水気を切る。
② 鍋に A を煮立てて、北斎とにんじんを加える。にんじんが柔らかくなったら春雨を加え、ひと煮立させる。

[炊き合わせご飯]

炊き合わせご飯の素を入れて炊く。

3名ずつの3班に分かれて調理開始。
作業分担をきめて作業することに。
私の担当は 春野菜のレモンチキン・酢豚風

今日は、先輩に教えてもらいながら、手順を間違えることなく出来たかな。
包丁さばきは、慣れてきたが、揚げ焼き加減とか炒め具合などの勘所が今一つ。
それでも、出来栄えはほめてもらえたよ。
f0089748_21574203.jpg

皆で調理した料理を試食兼昼食。
いつものことだが、自分で作った料理は美味しいものです。

今までは、2か月に1回だったが、4月からは8月と12月はお休みにして毎月行うことにした。 また、リーダーも今まで二人だけでやってきたが、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。
私の当番は5月、レシピを探して、何度か試作してみなくては。




[PR]
by narakin | 2017-03-27 22:03 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は2か月に1回の「男だけの料理教室」

参加者は11名の予定だったが2人欠席で9名。

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは

[揚げタラの香味がけ]     

材料(4人分)
 
 生タラ・・4切れ  ねぎ・・1本  赤ピーマン・・1/2  わけぎ・・2本       A 酒・・大さじ1  薄口醤油・・大さじ1  ごま油・・小さじ1
  生姜しぼり汁・・少々  こしょう・・少々
B ごま油・・大さじ3  赤トウガラシ・・1本  しょうが細切り・・少々
C 醤油・・大さじ3  酢・・大さじ3  砂糖・・小さじ1.5

その他  揚げ油・・適量  片栗粉・・少々

作り方
① タラは骨を除いて、一口大に切る
  Aの材料をからめ、15分ほどおいて下味をつける
② ねぎは白髪ねぎにし、赤ピーマンは千切り、分け後は斜め切りにして、
  全部をあわせて見ずにさらし、水気を切っておく
③ タラの水気を軽くふいて片栗粉を薄くまぶす
④ 揚げ油を180℃に熱し、③を入れてカラッと色よく揚げる
⑤ ④の油をきって器に盛り、②の野菜を彩よく散らしす
⑥ 小鍋にBを入れて弱火にかけ、香が立ったらCを入れて温めて、熱々を⑤にかけて出来上がり

[ねぎとあさりのむた]     

材料(4人分)
 
 長ネギ・・2本  あさりのむき身・・100g  塩・・ひとつまみ
酢味噌  みそ・・大さじ4  砂糖・・大さじ2.5  酢・・大さじ4

作り方
① 先に酢味噌を作る。ボウルに材料を入れ、泡だて器で混ぜ合わせる。
② 長ネギは3cm長さに切り、さらに縦半分に切る。青い部分も使う。
③ 鍋に湯を沸かし、塩を加えて長ネギを湯がく。ザルにあさりを入れ同じ鍋の湯にひたしあさりを温める。長ネギと、あさりの水気をよくきり、ボウルに移す。
④ ねぎと、あさりが、温かいうちに①の酢味噌で合える。その後冷蔵庫で冷ます。

[豆腐とミニトマトの中華風スープ]     

材料(4人分)
 
 絹ごし豆腐・・1丁  ミニトマト・・8個  かいわれ菜・・1パック
 卵・・3個  かにかばぼこ・・8本
A 水・・カップ2  鶏がらスープ・・小さじ2  塩・こしょう‥少々
  ごま油・・小さじ1
*とき卵・・3個  ごま油・・小さじ1

作り方
① 豆腐は粗くほぐし、ミニトマトは皮を湯向きする
② かいわれ菜は根元を落としてざく切りにする
③ かにかまぼこは半分に切りほぐす
④ 鍋にAの材料を合わせて煮立て、豆腐、ミニトマト、かにかまぼこを加えて、他人に立ちさせて、溶き卵を回しいれる。仕上げにかいわれ菜を加え、ごま油をふる。

私の班は3名だったので、作業分担をきめて作業することに。
揚げタラの香味がけが私の担当

いつものことだが、手順を間違えながらもなんとか調理終了。
f0089748_21454825.jpg
皆で調理した料理を試食兼昼食。
自分で作った料理は美味しいものです。

前回の時に「今まで、2か月に1回だったが、来年は8月と12月はお休みにして毎月行うことにした。 また、リーダーも今まで二人だけでやってきたが、これからは会員みんなで持ち回りにすることになった。」
ということだったが、2月もお休みすることにした。
したがって、次回は3月27日(月)です。



[PR]
by narakin | 2017-01-23 21:50 | 料理 | Comments(8)