千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

カテゴリ:花( 361 )

月下美人草

今年は6月27日に1輪だけ咲いたんだよね。

同じ株に昨夜 1輪咲いてくれた。
f0089748_22231634.jpg

いつ見ても感動する大きな花です。

次の日に咲きそうな蕾がもう1個ついている。
f0089748_22234211.jpg


期待通りに今夜も咲いてくれました。
f0089748_22244390.jpg

かなりきつい匂いを放っています。
夜、暗い所で咲く花なので、虫を引き寄せるために強い匂いは出しているんだよね。
私は好きな匂いですが、人によっては嫌いになる匂いかもしれません。

昨夜咲いた花は今朝には完全に写真のように萎んでしまっていました。
f0089748_22251433.jpg

今咲いている花も明朝には完全に萎れてしまいます。
暗くなってから咲き初めて、朝には萎んでしまう、まさに一夜限りの月下美人草です。

バックが白いと白い花がぼけてしまうので、バックに赤い紙を置いてパチリ
f0089748_22275010.jpg

[PR]
by narakin | 2016-09-25 22:30 | | Comments(2)

秋分の日

昼と夜の時間がほぼ同じになる秋分の日。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、季節の変わり目ですよね。
台風16号が通過して、一気に季節が変わるはずです。
ところが、今朝は比較的気温が低かったが、湿度が高かったので、ムシムシして、爽やかな秋とはちょいとちがう。

秋分の日は「彼岸の中日」いわゆるお彼岸。
彼岸花が満開です。
f0089748_2033539.jpg

f0089748_20341531.jpg

[PR]
by narakin | 2016-09-22 20:38 | | Comments(2)

彼岸花

秋の彼岸が近づいてくると、彼岸花が律儀に花を咲かせてくれます。
1週間以上前から、あちこちで彼岸花が咲いていると聞いていた。
私の散歩途中の田んぼの土手でやっと咲き始めています。
f0089748_20585931.jpg

f0089748_20595585.jpg

彼岸の中日の頃に、ちょうど満開になりそうです。

この彼岸花の咲いている同じ土手の少し離れた所にはにらの花。
f0089748_2151636.jpg

f0089748_2173258.jpg

[PR]
by narakin | 2016-09-14 21:07 | | Comments(8)

重陽の節句

9月9日は重陽の節句。
「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)というのだそうです。
また「菊の節句」ともいわれています。
だけど、まだ菊の花は咲いていないのにね。

そうなんです、昔は旧暦を使っていたので、新暦では約1カ月遅れになるので、その頃には菊の花が咲いているので納得ですよね。

ということで、菊の花の代わりに、タマスダレ
f0089748_2114298.jpg

f0089748_2114071.jpg

・開花時期は、 8/ 5 ~ 10/10頃。
・白く美しい花を「玉」に、葉が集まっているようすを「簾」にたとえた名前です。

今日の夕陽が綺麗だったので、思わずパチリ
f0089748_2122118.jpg

ちょうど夕方6時でした。
あと2週間したら秋分の日になりますね。
[PR]
by narakin | 2016-09-09 21:26 | | Comments(4)

葛の花

川の土手にたくさんの葛カズラが蔓延っています。
今朝、通りがかりに花を見つけたので、パチリ。
f0089748_2054466.jpg

葛カズラは成長が旺盛で、蔓がどんどん伸びるのだよね。
葛と言えば、吉野葛が有名です。
葛の根っこから葛粉を取り出すのだそうです。

鹿児島では葛カズラのことを「カンネンカズラ」と言っている。
私が子供の頃(60年以上前)のこと、秋の十五夜には地区の公民館の庭に土俵を作って、子供たちで相撲大会をしていた。
相撲大会の後に、カンネンカズラと藁で作った大繩を使って、地域全員で綱引きをしていたものです。
十五夜の2週間ほど前になると、中学1年生を頭に小学高学年の子供たちで山に入り、カンネンカズラを取ってきて、公民館で青年団の方たちが手伝って、つぶして繊維状にしたカンネンカズラを芯にして藁で綯った縄を使って大繩を作っていたものです。
ほとんどの家が田んぼで稲を作っていたので、藁は、各家から十分に調達できていました。

最近は十五夜の子供相撲をするところはほとんど無くなっているみたいです。
[PR]
by narakin | 2016-09-02 21:26 | | Comments(4)

倒れている

夕方、畑に出て草むしりしていたら、通りがかりのおばちゃんが「ヒマワリが倒れているよ」と
道路際に植えてあるヒマワリが2本も道路側に倒れているではないか。
1本は完全に倒れて、道路の真ん中近くで花が車に踏みつけられているではないか。
これは通行人や車に迷惑が掛かるので、とにかく早急に撤去したので、写真を撮る余裕もなかった。

もう1本は半分倒れているが道路を通行する車等に影響を与えるほどでもかかったので、証拠写真を撮る。
f0089748_21403994.jpg

根っこがほとんど浮いた状態になっているし、丈は3m以上にもなっているので、起こしても生き返る可能性が少ないので、撤去することにした。

このヒマワリは根があまり張っていなかったのに背丈が3m以上にもなっていたので、昼間のちょっとした突風に耐え切れずに倒れたみたいです。
近くの2mほどのヒマワリは持ちこたえていました。
[PR]
by narakin | 2016-08-22 21:49 | | Comments(4)

夏真っ盛り

7月は今日で終わり、明日からは8月。
セミの声もさらに五月蠅くなり、連日の猛暑。
夏の代表的な花と言えばヒマワリ。
ナラキン菜園の端に植えてあるヒマワリがやっと1輪だけ咲いている。
f0089748_2161188.jpg

百日紅の花も夏にふさわしい花ですよね。
我が家の庭に咲いている百日紅の花です。
f0089748_2183659.jpg

この百日紅は30年ほど前に、指宿の実家に植わっていた百日紅の枝を数本貰ってきて、挿し木したものです。
もう、実家は無くなったけど、この百日紅が実家の思い出です。
[PR]
by narakin | 2016-07-31 21:17 | | Comments(4)

蓮の花

我が家の近くに筒井レンコンの産地がある。
今朝、そのレンコン畑のハスの花を見に行ったところ、3~4年前までは綺麗なレンコン畑で綺麗な蓮の花が咲いていたのに、雑草だらけになっているではないか。
f0089748_2059081.jpg

それでも数輪の花が咲いていたよ。
f0089748_2101610.jpg

ひと昔前まではあちこちにレンコン畑があり、いまの時期になると蓮の花がいっぱい咲いていたのに。

今でも綺麗に栽培しているレンコン畑も数か所あるんだよ。
f0089748_2142191.jpg

ここの蓮の花は白とピンクがあった。
f0089748_2171325.jpg

なぜか、ピンクの花が咲いている乱婚畑の方にはネットが掛けられていた。
f0089748_2172356.jpg

蓮の花托も
f0089748_21123590.jpg

[PR]
by narakin | 2016-07-30 21:13 | | Comments(2)

散歩途中の花

散歩途中の畑の端に、いつも色々と花を咲かせているところがあるのです。
今は千日紅、百日草、朝顔 等々 が綺麗に咲いていて目を楽しませてくれます。

 千日紅
f0089748_20511246.jpg


 百日草
f0089748_20512439.jpg

 
 朝顔
f0089748_20513956.jpg

[PR]
by narakin | 2016-07-26 20:53 | | Comments(0)

ボケ?

花のボケじゃなくて、頭のボケを感じた朝でした。

朝の散歩では、鶯の鳴き声や草木の花を見ながら歩いている。
今朝の散歩で、見慣れている花の名前が出てこない。
f0089748_21363079.jpg

高校時代に学校の弓道場の横に咲いていた花なんだよ。
一生懸命に花の名前を思い出そうとするが、思い出せない。
いよいよ、ボケの症状が出てきたのかな?
しばらく歩いて、フッと思い出した。「キョウチクトウ」だ!!

次に見えた花も名前がすぐに出てこない。
f0089748_21403073.jpg

小さい時に家の庭にあったは花で名前を忘れるはずがないんだけどな。
この花も、しばらく歩いていたら、「フヨウ」の名前が出てきた。

どちらも、思い出せたのでホッとしたけど、
最近、このようなことが、しょっちゅうあるんだよな。
人の名前が出てこない、昨日のことを覚えていない等々、
いよいよ立派な「老人力」が付いてきたみたい。
まぁ、あまりクヨクヨせずに生きていきましょう。
[PR]
by narakin | 2016-07-06 21:51 | | Comments(6)