千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー

カテゴリ:風景( 236 )

朝露

今朝は風もなく蒸し暑かった。
だけど、最近は朝夕だいぶ涼しくなってきている。
昨日の朝の光景、田んぼの稲の葉に無数の朝露がキラキラと輝いている。
f0089748_21161662.jpg

梅雨と言えば つゆ草 
f0089748_21184504.jpg
まだまだ暑い日が続くみたいだが、すぐそこに秋がきています。


[PR]
by narakin | 2017-08-22 21:21 | 風景 | Comments(6)

秋の気配

お盆が過ぎて、いよいよ本格的な秋にとなるはずなんだが、雑草は青々と茂っているよ。
f0089748_21583569.jpg

早朝、この草むらの中からチリチリとかリーンとか虫の声が聞こえてくるではないか。

こちらは青いイガグリ
f0089748_22050119.jpg
まだまだ暑い日が続いているけど、やっぱり秋が来ているのを感じます。

[PR]
by narakin | 2017-08-18 22:07 | 風景 | Comments(2)

自転車道

近所の佐保川の土手道に最近何やら綺麗なラインが引かれているのが目についた。
よく見るとちゃんと看板が出ているではないか。
f0089748_21370151.jpg
「京奈和自転車道」と書いてあるよ。
路面にはもっとはっきりと
f0089748_21383302.jpg
ここから嵐山まで61.5kmということでしょうね。
どこかの広報で発表されていたんだろうけど、いままで全く知らなかった。

ネット検索したら、
出てきた。

京都府の嵐山から和歌山県の和歌山港までを貫く約180kmの広域自転車道を整備するものだそう。

奈良県内では、奈良市から大和高田市、五條市など県内10市町をつなぐルートを2020(平成32)年の東京五輪までの完成を目指しており、その後は京都府や和歌山県とも連携し、全長180キロの3府県縦断ルートとして整備したい考えみたいです。


[PR]
by narakin | 2017-08-12 21:55 | 風景 | Comments(2)

蝉しぐれ

7月も終わりに近づき、いよいよ夏真っ盛り。
いつもの浄化センター内を歩いていると、早朝からシャンシャンシャンとクマゼミの鳴き声がうるさいこと。
クマゼミは木の高い所で鳴いているので、その姿を見つけることは難しい。
「声はすれども姿は見えず・・・」とです。

クマゼミの鳴き声があまりにもうるさい為に他のセミの声がほとんど聞こえません。
アブラゼミは昼頃から鳴き始めるので、早朝に聞こえないのは当たり前か。

どこかにセミがいないかなと探していたら、やっと見つけたよ。
f0089748_21283219.jpg
アブラゼミですね。
横にセミの抜け殻があるので、脱皮してすぐのセミなのかな?
もう完全に色がついているので、間もなく飛び立つのでしょうね。

[PR]
by narakin | 2017-07-27 21:32 | 風景 | Comments(6)

ジャ(蛇)!?

毎朝の散歩コースである浄化センターの東南部の小さな杜ににこんなものが
f0089748_22014630.jpg

上の方には大きな目玉が
f0089748_22023176.jpg

青竹に巻き付いたジャ(蛇)です。

近くに置いてある説明版には次のように書かれています。

  川西町指定文化財 下永の野神祭「キョウ」(西城)

 6月の第1日曜日に行われる奈良盆地内の各地で行われる「野神祭」の一つで、祭りを行う西城と隣の東城では「キョウ」と呼ばれている。
 今日の行事は村の男子にとっては子供から大人へと成長していく節目となる行事で、祭りは15歳の男子がいる家が「オヤ」を務める。祭りは隣の東城も同日に祭りを行うが、西城が先に祭りをするので、西城の者が神職を迎えに行く。
 朝、オヤの家から「ノガミ」までジャ(ジャは麦藁束で作る長さ5mほどで青竹を芯にして、そこに麦藁束を綯ってそれを巻き付けて蛇の形を作っていく。)を担いでいく。ジャを担ぐ時、オヤの子供が先頭を担ぎ、後を来年のオヤになる子供が担ぐ。
 ジャを担いだ子供たちは、杉の木橋を渡り、堤防下のノガミの木に立てかけ、片付けずにそのまま置いておく。
 「キョウ」は祭りの形態としては東城のものと併せて典型的な事例といえる。

[PR]
by narakin | 2017-06-15 22:49 | 風景 | Comments(6)

白いツバメ?

f0089748_21115992.jpg

白いツバメが2羽飛んでいるみたい。
なにか分かるかな?

本体はこんなもの。佐保川の土手にたくさんあるよ。
f0089748_21121471.jpg

ちょっと分かりにくいですね。

カラスムギです。
別名、エンバク(燕麦)

食用にもなるのですが、今はほとんど食べられていないです。
青葉の時に家畜の飼料としてよく栽培されています。

私が小さいころ、家でヤギを飼っていたので、ヤギの飼料として植えてあったのを記憶しています。

[PR]
by narakin | 2017-06-11 21:33 | 風景 | Comments(4)

ストロベリームーン

今夜の月はストロベリームーンと呼ばれているそうです。
アメリカでの呼び名で、アメリカでいちごの収穫時期に見えることからつけられた呼び名らしい。
お月さんがイチゴの赤い色に見えるからとも言われているみたいですが。
日の入り直後に見ると赤みがかって見えるのはどの満月でも同じなんだけどね。

今夜21時過ぎに撮影したストロベリームーンです。
f0089748_22243905.jpg
今夜は雲一つない晴でお月さんが煌々と輝いていました。
21時過ぎになると赤みは無くなり、いつものお月さんと同じに見えていました。

[PR]
by narakin | 2017-06-09 22:27 | 風景 | Comments(4)

田植

今朝、ナラキン菜園の隣の田んぼで田植をやっていました。
f0089748_21320328.jpg

別な田んぼでも
f0089748_21343642.jpg


今はみんな田植え機なので一人であっという間に終わっているよ。
昔は田植え機なんて無かったので、一族郎党に隣近所の応援を得て、一列に並んで田植していたものだった。
田んぼに入ると足にヒルが吸い付いていたものでした。
田植の途中で、土手に座ってお茶を飲んだことを思い出すなぁ~

田んぼに水が入るとカエルの合唱が始まります。
夜になるとゲコゲコとうるさいですが、今日は昼からゲコゲコとカエルの合唱が聞こえていたよ。


[PR]
by narakin | 2017-06-06 21:52 | 風景 | Comments(2)

もう6月

時の経つのは早いもので、もう6月に入ったよ。
晴天が続いていて、ナラキン菜園の野菜たちが水を欲しがっていたが、昨日の雷を伴った猛烈な雨のお陰で、野菜たちが元気づいたみたい。

今朝の東の空、雲に隠れていいた太陽が少しずつ顔を出し始めている。
f0089748_21223030.jpg

1分もたたないうちに、ほぼ全部が現れた。
雲が薄くかかっているので、お月さまみたいな感じに見えたよ。
f0089748_21223369.jpg


毎年この時期に咲くタイサンボク。
6月の花なのかな?
f0089748_21224136.jpg

[PR]
by narakin | 2017-06-01 21:36 | 風景 | Comments(2)

皐月

いつのまにか5月に入りました。
5月は皐月、サツキの花が満開になっています。
f0089748_20530849.jpg

五月晴れには鯉のぼり
昔は ♪屋根より高い鯉のぼ~り♪ の歌のように、高い杉の木とか竹竿に大きな鯉のぼりが泳いでいたものですが、最近は大きな鯉のぼりをほとんど見なくなりました。
今朝の散歩はいつもと違うコースを歩いていたら、あった!
f0089748_20531352.jpg

可愛らしい鯉のぼりですが、これさえも珍しくなってきている。
昔は、男の子が生まれたら必ず鯉のぼりを上げるのが習わしでしたよね。
最近は男の子が生まれないのかな?
そんなことは無いよね、鯉のぼりを上げる風習が少なくなっているんだよね。



[PR]
by narakin | 2017-05-02 21:14 | 風景 | Comments(4)