千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

昨日、灘黒岩水仙郷へ行った帰りに、淡路島北側に位置する「兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館」で開催されている 「淡路夢舞台ラン展2014」 を見てきた。
f0089748_17482460.jpg

西日本最大級のラン展だそうで、家内が以前から行きたい行きたいと言っていたのです。

大きな温室の中を 7ブースに分けて 色んな方法で展示されています。
その一部の風景
f0089748_1832018.jpg

壁面に色んな植物と一緒にアレンジメントされたラン
f0089748_184472.jpg


コンテストで受賞した作品の一部。
素人目にも素晴らしいものです。
f0089748_1873727.jpg


毎年全国のラン展の最優秀賞を総なめしている斉藤先生の作品で 1株で300輪ちかくの花を付ける「カトレア・トリネア。オカダ」 見事に咲きそろっています。
f0089748_18112672.jpg


花のアップ写真の一部。 花の種類がたくさんありすぎて全部の写真を撮ることが出来ません。
f0089748_18132261.jpg


中には動物の顔にも見えるユニークなランも
f0089748_18155923.jpg


とにかく、種類も数も多くて、じっくり見ていると2時間近くかかりました。

開催期間は毎年今頃で、今年は 1月25日(土)~3月9日(日) 10:00~18:00
この期間中のスケジュールは
  西日本最大級コンテスト      淡路夢舞台ランコンテスト      1/25~2/9
  ランの新しき世界          ランでで創る壁面緑化コンテスト   2/11~2/28
  ワンダフルオーキッドワールド  おもしろ・不思議ランコンテスト    3/1~3/9
[PR]
by narakin | 2014-01-30 18:21 | Comments(8)

灘黒岩水仙郷

一度は見に行きたいと思っていた 灘黒岩水仙郷に今日行ってきました。
f0089748_22295173.jpg

淡路島の南東部の海岸に面した約45度の急斜面に、約7haにわたり、約500万本の水仙が自生しているのです。
f0089748_2230617.jpg


開園期間は 12月下旬~2月下旬 で 今が1番の見頃です。
f0089748_2231328.jpg


ほとんどが一重咲きの日本水仙ですが、八重咲きの水仙が少しだけ有りました。
f0089748_22353853.jpg

水仙郷の食堂で遅い昼飯に淡路名物の「鯛めん」を食べました。
にゅうめんに唐揚げした鯛の切り身とワカメとなるとを入れたものですが美味しかった。
f0089748_22462630.jpg


今日は平日だったけど、風もなく快晴で暖かかったので、来場者が多くて、12時過ぎに着いたのですが、駐車場に入るのに25分もかかった。
私たちが帰る頃にはさらに駐車場待ちの車が増えていたよ。
土日祝日には少し離れた場所にある臨時駐車場も使うとのことでした。

この後、「淡路夢舞台ラン展2014」を見てきました。
これは、明日アップする予定。

帰りの明石海峡大橋の橋脚が夕日を受けて金色に輝いていたのが綺麗でした。
f0089748_22515221.jpg

[PR]
by narakin | 2014-01-29 22:52 | | Comments(8)

ヒバリ?

朝の散歩でヒバリの鳴き声が聞こえたような??
まさか? と 思っていたら、また聞こえてきたので間違いないよ。

声の聞こえる方を見てみたが、それらしい姿を見つけることは出来なかった。
まだ1月で田圃は冬枯れまっただ中だよね。
f0089748_20421732.jpg

それでも、もうすぐそこに春が近づいてきていることを報せてくれてます。

ヒバリじゃないけど、電線に沢山の鳥が。
遠すぎて、はっきりとはしないけど鳩みたいです。
f0089748_20523257.jpg

[PR]
by narakin | 2014-01-27 20:53 | 風景 | Comments(6)

朝霜

今朝はかなり冷え込んだよ。
最低気温は ー3.3℃ だったとのこと。
この程度で冷え込んだと言っては、北国の人に笑われますけどね。

いつもの散歩コースの奈良県浄化センターの広場の芝には霜がいっぱい。
朝日でキラキラと輝いています。
f0089748_20313059.jpg

グミの葉っぱにも霜がびっしりとついています。
f0089748_20231127.jpg

草の葉っぱの上にも
f0089748_20234078.jpg


朝冷え込むと昼間は晴天というのが常識。
雲一つ無い晴天で、しかも久しぶりに最高気温が13℃もありポカポカと暖かい一日でした。
この陽気に、我が家のロウバイもやっと花が開き始めました。
f0089748_2029531.jpg

[PR]
by narakin | 2014-01-24 20:32 | 風景 | Comments(4)

小松菜

11月末にビニールトンネル内に種蒔きした小松菜とほうれん草がだいぶ伸びてきている。
f0089748_2017446.jpg

左が小松菜、右がホウレンソウ。
どちらもかなり密集しているので、間引きが必要だね。
f0089748_20243347.jpg

今日は、とりあえず小松菜の方だけ間引きすることにした。
間引きした後、若干隙間が出来たでしょう。
f0089748_20302575.jpg

これが間引き菜。20cmほどです。
柔らかくて美味しいですよ。
f0089748_20334693.jpg

[PR]
by narakin | 2014-01-23 20:34 | 家庭菜園 | Comments(2)

高齢者講習

昨年11月に奈良県公安委員会から「高齢者講習通知署」なる物が届いたのです。
運転免許証の有効期限が満了する日(免許証更新日)に満70歳以上だと、更新日までの半年以内に「高齢者講習」が義務づけられているのだそうです。
講習会場は運転免許センターか公安委員会が指定する自動車学校。
自分の行ける場所を選んで、講習日を予約しなさいとのことだったので、電話した年末まではすでにいっぱいだったので、1月22日に予約していた。
今日がその日だったので、午後の部で13:00~16:00の講習を受けに行って来ました。
高齢者講習と言っても、75歳未満 と 75歳以上と2段階ある。

講習内容は
75歳未満は 座学講習     安全運転の知識等    30分
         適性診断     検査機材使用の診断   60分
         実車指導     実際に車両を運転     60分
         ディスカッション  ヒヤリハット体験談等  30分

75歳以上は 講習予備検査  記憶力等の簡単な検査 30分
         座学講習     安全運転の知識等    30分
         適性診断     検査機材使用の診断   60分
         実車指導     実際に車両を運転     60分

私は今回70歳になるので、75歳未満の方です。
適性検査は 
  検査機材を使って、視力検査で 動体視力、明暗の変化時の視力等とドライブシミュレータによる瞬発力、  視野判断力等を検査します。
  検査結果は、1は注意、5は優秀、3が標準と5段階評価がプリントアウトされます。
  私は2か3で若干注意が必要という結果 (汗)
  隣の人も同じような結果でした。
  この結果で免許証を剥奪されることはないけど、自分の実力を十分に理解して運転に注意しなさいとのこ  とでした。

実車指導は
  3人一組で指導員が助手席に乗って、教習場のコースを指導員の指示に従って運転するもの。
  進路変更、交差点、踏切、車庫入れ、S字コース、クランク等をしました。
  どれも、問題無くこなすことが出来ました。
  3人とも指導員から特に指導されることもなかったよ。

最後に「高齢者講習修了証明書」を貰って無事終了でした。
この証明書が無いと運転免許証の更新をして貰えないという制度になっているのだそうです。

ちなみに、講習料は5,800円でした。
[PR]
by narakin | 2014-01-22 20:43 | その他 | Comments(10)

男だけの料理教室

昨年11月に初めて参加した「男だけの料理教室」 2回目の参加日が今日でした。

前回は8名だったけど、今日のメンバーは7名、少人数なので自分たちの好きなようにメニューを決めて、楽しく料理をしようと言うのが趣旨なんだとリーダーが言っていました。

この料理教室は俗に言う料理の先生はいません。
古手の2名のリーダーがメニューを考えてレシピをコピーしてきて、皆さんにレシピの説明をしてから、料理にかかるるのです。

今日の料理は 「鮭の香味蒸し」 「白菜と肉団子のスープ」 「青梗菜の和え物」

2班に分かれて、料理を始めたのですが、私は手順も何も理解出来ていないので、リーダーに聞きながら野菜を切ったり、鍋を出してお湯を沸かし始めたりと
リーダーがしっかりとリードして、なんとか時間内に盛りつけまで終了でした。

盛りつけられた料理をテーブルに配膳して、皆さんで昼飯代わりの試食会です。
f0089748_1813718.jpg

f0089748_1814669.jpg

食べながら、反省会です。
メンバーはみなさん、定年退職して数年以上の方達ばかりで、子供の頃食べる物が少ない時代に育っているので、食にうるさい人は1人もいないみたい。
レシピも良かったのか、味も丁度良かったねと、美味しく完食でした。
次回は3月17日。
近所で参加する人募集しています。
[PR]
by narakin | 2014-01-20 18:11 | おいしい物 | Comments(8)

阪神大震災から19年

19年前、気持ち良く寝ていた朝の6時前に ガタガタッ と今まで経験したことのない揺れが。
寝ぼけて、すぐには理解出来なかったが、 地震だ! 慌ててタンスを押さえていた。
奈良では震度4~5弱だったとのこと。
我が家では家具が倒れたり、物が落ちたりはまったくなかった。
しかし、もっと強い揺れだったら、タンスが倒れていた野では内科と思うと、後でゾ~ッとしたものです。

テレビを付けると神戸市内では建物がつぶれやり、火災が発生したり、高速道路が落ちていたりと、想像を絶する状態。
これは大変な事になっているのだと改めて実感した次第。
あれから19年、神戸の街中は完全に復興しています。
しかし、家を無くして、未だに支援住宅に住んでいる人もたくさん居るのだそうです。

あれから、防災意識が高まって、自治会でも防災組織を作ったりといろいろな動きをしているが、自分は?
のど元過ぎれば・・・・・ で 特になにの手立てもしていないのです。

家具の転倒防止だけでもしなくてはと、準備だけはしているのに。
本気になって転倒防止の金具だけでも取り付ける予定です。
[PR]
by narakin | 2014-01-17 18:54 | その他 | Comments(8)

子供作品展

大和郡山市にある全幼稚園の作品展が開催されていた。
市内にある11の公立幼稚園がそれぞれ全児童共同作業での作品を1点ずつを展示しているのです。
幼稚園年中さんのKy太がばあちゃんに是非見て貰いたいとのことで、ばあちゃんが行ってきた。
Ky太の幼稚園の作品。
f0089748_20524674.jpg

遠足で天王寺動物園に行った時のことを 「動物園で見た動物や見ている自分を作ったよ」 とのこと。
f0089748_20573649.jpg


田の幼稚園の作品も色々あって、中には遊ぶことが出来る作品もあり、Ky太も遊んでいたそうです。
f0089748_2122559.jpg

[PR]
by narakin | 2014-01-16 21:03 | | Comments(2)

環濠集落を訪ねる

大和郡山市観光ボランティアガイドクラブ主催の 郡山再発見ウォーク で 今日は 「環濠集落を訪ねる」n参加した。
朝9時にJR郡山駅に集合約70人が参加。
3班に分かれて各班にガイドさん2名ずつでガイドしてくれます。
コースは枳殻地蔵→佐保川堤防→稗田環濠→賣太神社→平和公民館→稗田遺跡→下ッ道→番条環濠→佐保川堤防→JR郡山駅(約7km)

奈良には二百数十の環濠種楽があったそうです。
今でもその名残があちこちに残っています。
奈良盆地にある環濠集落のなかで、稗田環濠は最も中世の面影を残しており、昭和50年に市指定史跡となり、東西250m、南北200m、面積5ha。
現ジョのコンクリート護岸は人工的だが、原型に近い環濠で4~14m幅。
西側の濠は下ッ道を利用。西南の入り口には大和棟がある。
集落内は道が狭く、T字路や袋小路があり、迷路の形態になっている。
集落は飛鳥時代からあったが、防禦用の濠で囲んだ時期は平安末期、郡山でも武士団が形成され世の中が物騒になった時か、応仁の乱をきっかけに大和でも戦乱が多かった頃と思われています。
f0089748_21144049.jpg

f0089748_21152667.jpg

この稗田環濠には太安万侶と一緒に古事記編纂をした稗田阿礼を祀る賣太神社(めたじんじゃ)があります。
f0089748_21243996.jpg

稗田阿礼は聡明な人で、記憶力が良かったので、今では知惠の神様とも言われています。
昭和5年より、語り部の祖として記憶力優れた阿礼を讃えるため、童話連盟の呼びかけで毎年8月16日に阿礼祭りが開催され、「阿礼様音頭}「阿礼様踊り」が子供達によって奉納されます。

番条環濠集落は、室町時代、興福寺の衆徒の万乗長懐がおさめ、番条氏の周りに集落が始まり、集落を守為に周囲に深い濠を囲んだ。
集落は南北に長く(700m×200m)、東、南、北の3面が郷に囲まれている。西側は佐保川ぞいの遊水田。
集落内の道は狭く曲がりくねっり、城郭機能があった。
毎年4月21日(お大師さんの日)は88戸がそれぞれ門前に工房大師像の厨子をアンチ(出開帳)されて、ミニ遍路が出来るので、有名です。

来月は「外堀巡り」があるので、また参加しようと思っています。
地元には古い歴史がたくさんあるのに、今頃教えて貰っている次第です。
[PR]
by narakin | 2014-01-15 22:02 | 歴史 | Comments(0)