千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

<   2016年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

季節外れ?

萩の花と言えば秋の代表的な花だよね。
ところが、数日前から萩の花が咲いているんだよね。
f0089748_2174290.jpg

去年も同じように今の季節に咲いていたんだ。
しばらくすると花も咲かなくなり、秋になると普通の萩と同じようにたくさんの花を咲かせてくれるんだよ。
花を2度楽しめるから嬉しいよね。

当然、季節外れでないものが色々目につきます。
先ほどの萩の花のすぐ近くにある青梅。
f0089748_21254515.jpg

梅干しとか梅酒とか梅シロップを作るのにちょうど良い季節です。

ビワの実も色づいてきている。そろそろ食べごろだよ。
f0089748_21275713.jpg

どちらも我が家の物でないのが残念。
[PR]
by narakin | 2016-05-31 21:30 | 風景 | Comments(4)

スイカの花

4月22日に植え付けた小玉スイカの花が咲き始めた。
雌花は花の付け根にスイカの形の玉が付いています。
f0089748_21334298.jpg

雄花には玉が付いていません。
f0089748_21345746.jpg

蜂などの虫が花の蜜を吸いに来た時に雄花の花粉を雌花のめしべに受粉してくれることでスイカの実が大きくなってくれます。
受粉が出来ない雌花は枯れてしまいます。
そこで、受粉を確実にするために人工授粉してやります。
雄花を摘み取り雄蕊を雌花の雌しべにチョンチョンとつけてやります。
受粉してから35日前後で収穫できます。
[PR]
by narakin | 2016-05-30 21:49 | 家庭菜園 | Comments(4)

トマトの鳥対策

ナラキン菜園のトマトが少しずつ大きくなっている。
f0089748_19391439.jpg

トマトが色づき始めると、目ざとい鳥が人間様よりも先に失敬してしまうんだよね。
ということで、鳥が嫌がるテグスを張ることにした。
約15cm間隔で地面から1m当たりまでテグスを張ります。
f0089748_19464964.jpg


ナラキン菜園のトマトは、まだまだ青いですが、菜園仲間のトマトはもう色づいている。
まだ完熟ではないが2個頂きました。
f0089748_19533339.jpg

この菜園仲間とはお互いに上げたり貰ったりと助け合っています。

今日の初収穫は3月4日に種まきしたニンジン3本。
f0089748_19553846.jpg

[PR]
by narakin | 2016-05-29 19:58 | 家庭菜園 | Comments(5)

キャベツ

4月4日にブロッコリーと一緒に植え付けたキャベツが大きくなってきた。
f0089748_20454952.jpg

今日、1個だけ初収穫。
f0089748_20462482.jpg

今年はブロッコリーと同じように、綺麗に出来ている。
防虫ネットが効果を発揮しているのかな。

収穫が始まるものがあれば、終わるものも。
エンドウは1週間ほど前に完全に終わって、蔓が枯れてきたので、蔓を撤去し、支柱も完全に撤去した。(証拠写真なし)

イチゴも1週間前には終わっています。
f0089748_2059055.jpg

まだ青々としているが、もう花も実もなくなっているのです。
これから苗を作る準備をしなくては。
苗を作るために6株だけ残して、すべて処分し、跡地に苦土石灰と肥料を鋤き込んで、整地しました。
f0089748_2141984.jpg

10月までに、ランナーが出て子苗、孫苗、ひ孫苗とたくさん出来るはずです。
[PR]
by narakin | 2016-05-28 21:11 | 家庭菜園 | Comments(4)

キュウリ初収穫

近所の菜園仲間は1週間ほど前からキュウリを収穫していましたが、ナラキン菜園でも、やっと収穫出来る大きさになってきました。
f0089748_20413142.jpg

1本だけですが、初収穫したキュウリ
f0089748_20431669.jpg

キュウリの収穫できる期間はせいぜい1カ月半。
連続して収穫するために、次の種まきをしました。
f0089748_20455254.jpg

今日種まきしたのが芽を出して実が付いてきたら、また種まきをします。
このようにして10月中旬ごろまで連続して収穫できます。
[PR]
by narakin | 2016-05-27 20:52 | 家庭菜園 | Comments(6)

ニンニクの収穫

昨秋に108個の植え付けをしたのが、順調に芽を出して成長していたのだが、春になってから数本が枯れてきていた。
それでも、いつもだと残ったのが綺麗に成長してくれるのだが、今年はかなりおかしい。
玉ねぎの葉が傷んできたのと同じように葉の勢いがなくなってきた。
葉がほとんどほとんど枯れてきたので、全部掘り出すことにした。
f0089748_2171441.jpg

かなり傷んでいるニンニクが何個かある。
f0089748_21144495.jpg

掘り出したニンニクを取りあえず並べてみる。
f0089748_2185393.jpg

まともなものは20個ほどしかありません。
取りあえず全部持って帰ったけど、どの程度使えるか心配です。
[PR]
by narakin | 2016-05-26 21:16 | 家庭菜園 | Comments(6)

ブロッコリー

4月4日に16本の苗を植え付けたブロッコリー、防虫ネットを掛けて大事に育てている。
f0089748_2122359.jpg

まだ大きくなっていないだろうと観察していなかったのだが、今日、覗いてみたら、まだ小さな物が多いが、もう採り頃となった物もある。
f0089748_21281463.jpg

かなり大きくなったブロッコリーを1個収穫。
f0089748_21292566.jpg

この時期のブロッコリはすぐに大きくなるので、早め早めに収穫しなくてはいけません。
[PR]
by narakin | 2016-05-25 21:31 | 家庭菜園 | Comments(4)

桑の実

いつもの散歩コースの浄化センター公園に大きな桑の木が数本あります。
ちょうど今、桑の実がたわわに実っています。
f0089748_21415613.jpg

濃い紫色になった実を口に入れるとけっこう甘くて美味しいんだよ。
今朝も数個摘み取って食べました。

昔、小学生のころ、我が家のお隣さんが蚕を飼っていて、桑畑がありました。
桑畑で実が熟してくると、摘まんで食べていたものでした。
[PR]
by narakin | 2016-05-24 21:52 | おいしい物 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は2か月に1回の「男だけの料理教室」
会員は10名だが今日は1名欠席で、9名だったので、1班3名ずつ

いつものように、リーダーがレシピを作ってきて、レシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。

今日のレシピは
①鯵の南蛮漬け  ②実だくさんコンソメ味スープ  ③たこキムチ

南蛮漬け用の小鯵が手に入らなかったので、大きめの鯵なので、3枚おろしにして身の部分を3切れにぶつ切りして南蛮漬け用に、骨の部分はから揚げにすることにする。
魚を3枚おろしにするのは初めての経験。
まず鯵のぜいごを切り取る。
次に頭を切り落とし、片身ずつ切っていくのだが、初めてことだし切れない包丁なので、なかなかうまく切れない。
それでも、なんとか3枚おろしができた。 やれば出来るんだ。
3枚おろしにしているところの写真を撮れなかったのが残念。
南蛮酢に漬けているところ
f0089748_21472489.jpg

骨の部分のから揚げ
f0089748_21475559.jpg


実だくさんのコンソメ味スープの材料は、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、カリフラワー、グリンピース、バター、固形スープの素、オリーブオイル、ベーコン、
調味料は塩、砂糖、こしょう

たこキムチは、ゆでたこの足を一口大に切って、ざく切りにした白菜キムチと小口切りにしたワケギといり白ゴマを醤油・酢とゴマ油を加えてあえるだけです。

いつものことだが、手順間違いをしながらでも、なんとか調理終了。

完成した料理で試食会兼昼食会
f0089748_21513185.jpg

どの料理もおいしかったよ。
[PR]
by narakin | 2016-05-23 21:57 | おいしい物 | Comments(8)

ちんゆいそだてぐさ

全国の若手工芸作家の作品が並ぶ大和郡山現代工芸フェア2016「ちんゆいそだてぐさ」を昨日、今日と郡山城跡で開催されていたので、家内と行ってきた。
f0089748_2143324.jpg

「ちんゆい」は金魚の中国語読みで、「そだてぐさ」は日本で初めて発行された金魚の飼育本の名称。
同フェアは、日本の若手工芸作家の育成と日本の工芸の今を奈良から発信するのが目的で、今年で4回目です。
400件を超える応募の中から、審査を通過した陶芸やバラス工芸などを中心とする約100組の作家がブースを出展している。
毎年、参加者、お客さんも増えて、盛り上がってきています。
このフェアの主催者は私の家内のお友達の息子さんです。家も近くなので、応援しています。

会場の入り口の追い手門に掛けられた金魚を描いた幕
f0089748_21524479.jpg

会場は人人で大盛況。
f0089748_21553795.jpg

家内が一番気に入ったのが 池田含香堂の6代目「奈良団扇」の実演
f0089748_21595117.jpg

池田含香堂は、透かし彫りのある奈良団扇の伝統を受け継ぎ、昔ながらの手法で団扇作りを続けている唯一の奈良団扇・奈良扇子の専門店です。
家内がどうしても一つ欲しいというので、購入した。
百人一首の「天の原 ふりさけみれは 春日なる」と書かれた透かし彫りされています。
f0089748_22133242.jpg

[PR]
by narakin | 2016-05-22 22:24 | イベント | Comments(4)