人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

郡山再発見ウォーク

大和郡山市の観光協会が主催している行事です。
市観光ボランティアガイドクラブというのがあって、そこに所属しているメンバーが毎回交代でガイドしてくれているそうです。
本年度は10回が計画されていて、今日は9回目。
今回、初めて参加しました。
本日の参加人数は約100人。平日の午前中なので、当然、お年寄りばかり。
皆さん、元気な人ばかりです。
今日のコースは近鉄平端駅→天理軽便鉄道跡→「額安寺伽藍並条理図」の道→安堵町の歴史→安堵町中邸→歴史民族資料館→とももと憲吉記念館

天理軽便鉄道は天理駅から平端を通り&を経て芯法隆寺駅の約9km。大正初期に開業して昭和20年運行停止したそうです。今はその形跡がほとんど残っていない。

「額安寺伽藍並条理図」は額安寺に保存されていた「奈良時代の荘園絵図」で現在は国宝として国立歴史民族博物館に所蔵されているそうです。その復元絵図を見ると額安寺が壮大な寺院であり、現在でもその周りの地形(池とか古墳等)が照合できるそうです。
額安寺、推古神社、額安寺五輪塔、額田部窯跡なども見学。

安堵町:大和川とその支流富雄川、岡崎川流域に位置する安堵庄は平安期から見られる荘園名だそうです。
安堵町中邸は外壕、内濠に囲まれた環濠屋敷で竹藪の中にひっそりと住まいを構えています。
f0089748_2237518.jpg
中世の筒井家の一族、窪田氏の平城であったが、江戸時代以降民家として残されています。
昭和43年4月以降 国指定重要文化財になっています。
内濠の正面には万一のとき取り外しできる板橋が架けられています。
f0089748_22394567.jpg
土間には曲玉形に作られた11のかまどが据えられていて、焚き口が一カ所に集中する合理的な設計です。
f0089748_2242409.jpg
座敷には家宝の数々、中でも「天正四年(1576)伝来梅干し壺」
f0089748_2251485.jpg
民家では3例しかないという蒸し風呂
f0089748_22572832.jpg
とにかく古い貴重な建物と家宝の数々でした。

ご案内して下さった奥様の話ですが、重要文化財に指定されているので、勝手に手を入れることが出来ないので、近代的な冷暖房を入れることが出来ずに不便な生活を強いられているし、修理の費用の半分は自己負担なので、財政的にかなりの負担がかかるそうです。
Commented by 剛大好き at 2010-02-17 23:33 x
面白い行事企画があるんですね。
歴史の街ならではですね。

我が町もそれなりに歴史があると思うのですが、何も企画はありません。

最近は歩くことに抵抗が無いので参加してみたいです。

しかし、その家に住んでる人は大変ですね。
夏は暑いでしょうねぇ・・・
Commented by 電気んたま at 2010-02-17 23:54 x
いいですねぇ。奈良はたくさん見所がありますよね。

尼から奈良までは遠いけど、平地を歩こうかなと思い方です。
いつまでも痛い痛いと凹んでいてもしょうがないと元気だして今週から
歩いて通勤しています。
お花見、京セラにも気張って参加する為にも・・・・。
チケットはいつものトリオで行こうかとゲットしました。
Commented by narakin at 2010-02-18 20:10
剛大好きさん、大和郡山市ではいろんな催し物があるみたいです。
それと、地区の公民館でいろいろなクラブ活動みたいなものがあります。
ほとんどが平日の昼間ですので、参加者は当然、お年寄りばかりです。
そちらの市でもいろいろと催しがあるのでは。
調べてみたら、公民館でもいろいろな蔵具活動があるのではないですか。
Commented by narakin at 2010-02-18 20:13
電気んたまさん、歩くようになりましたか。
運動の基本は、まず歩くことからです。
無理をしない程度にぼっぼっ歩いてくださいね。
花見、京セラを楽しみにしています。
Commented by みーたん at 2010-02-18 21:36 x
また古い奈良の歴史に触れられたのですね。
かまど、ビックリ!!
考えて作られていますよね。
蒸し風呂も興味ありますね、サウナ見たいなものが昔からあったんですね。なんだか入ってみたくありますね~^^:
Commented by narakin at 2010-02-18 23:17
みーたんさん、古民家は全国にけっこう有るみたいですね。
それにしても、今の世の中、維持管理していくのは大変みたいです。
蒸し風呂は昔からあったみたいですね。
風呂の床に布を敷いてその上に座っていたらしいです。
そこから風呂敷の名がついたとか。
by narakin | 2010-02-17 23:09 | 歴史 | Comments(6)