千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

古時計

主のいなくなった指宿の実家に古い柱時計があります。
f0089748_15225320.jpg
この時計は亡き両親が結婚したときに勤務していた学校の後援会から寄贈されたものだと聞いています。
私が両親と一緒に住んでいた時には毎日時を刻んでいました。
完全なゼンマイ式なので、週に1~2回ゼンマイを巻いていたものです。
今時のクウォーツ時計のように正確ではないので、ラジオの時報を聞きながら父親が時々針を修正していたのを懐かしく思い出します。

この時計を我が家に持ち帰りたいと、以前から願っていたのです。
現在、実家は長兄の名義になっているので、長兄に「貰ってもよいか?」と電話したら、了解してくれた。

先日、自家用車で指宿に帰省したので、持って来て、我が家のリビングの壁に掛けました。
f0089748_15391153.jpg
ネジを巻いてやると、なにごともなく動いてくれました。

約75年前の時計が今でもちゃんと動いてくれることに感動です。
現在、かなり正確に動いてくれています。
[PR]
Commented by 大阪の西郷どん at 2011-06-12 16:14 x
ナラキンさん こんにちは。
今日も事務所です。仕事が混んで来ました。スタッフが少ない
のでスケジュ-ルでどの様にこなすか思案中です。
ファンデ-も行きたいのでね~。

古時計懐かしいですね。何処の家にも50年位前には柱に
掛かっていましたね。ご両親の想いでの遺品ですね。
75年経っても平然と動くって本当に感動ものですね。
またナラキンさんの所で時を刻んで貰えるのはおとちゃん
かあちゃんもよろこっびぁいが~。

私はTime is moneyでがんばっちょりますが・・・。笑
Commented by はのそん at 2011-06-12 18:51 x
うわーっ年代物のいい時計ですね
ご両親の由緒ある遺品とのことナラキンさんにとってはかけがえのない品物かと存じます。大事に守っていってください。
故郷の私の実家にも幼き頃古い柱時計があったのを思い出しました。文字盤の形状が6角形でアラビア数字じゃなくローマ字で書かれてあり、文字盤の裏に大正年代に修理か購入か不明ですが日付が書かれてあった記憶があります。時を経て時計も新しいものに入れ替わり、当時の時計の存在も定かではありません。
Commented by 剛大好き at 2011-06-12 20:36 x
今、とてもナーバスなので涙が出ました。
貴重な時計ですね。
今も時を刻む・・・
この時計は様々な出来事を見てきたんですね。

その時計がナラキンさんのお家に・・・
現在も現役だと云う素晴らしさ。
家宝ですね。
Commented by narakin at 2011-06-12 20:38
大阪の西郷どん、今日も仕事ですか。
仕事が無いと困るし、有りすぎるとまた大変ですね。

Time is money で頑張って、なんとか、ファンデーに参加して下さい。
Commented by narakin at 2011-06-12 20:49
はのそんさん、この時計は両親の由緒ある形見ですから、長兄が欲しかったと思うのですが、私が欲しいと言ったら、以外にも簡単にOKしてくれました。

はのそんさんの実家には大正時代の時計があったのですか。
今も残っていたら、まさにブィンテージものですね。
Commented by narakin at 2011-06-12 20:54
剛大好きさん、ニャンコを里親に引き渡して若干寂しさが湧いてきているのかな。
ご苦労様でした。

この時計はどうしても欲しかったのです。
まさに家宝です。
大事にしていきますよ。
Commented by みーたん at 2011-06-13 21:38 x
思い出のいっぱい詰まった柱時計、持って帰れてよかったですね^^*
しっかりと時を刻んでこれからも見守ってくれますね。
私もだいぶ前に持って来ましたが、途中でバラバラ事件に・・・

今うちでは結婚5年目に買った(木婚式)ねじまき時計が活躍しています。
これもかれこれ・・・32年かな。
懐かしいボンボン時計です。
Commented by narakin at 2011-06-13 21:52
みーたんさん、この時計は緩衝材でしっかりと梱包して自家用車に積み込んできたので、壊れずに持ち帰ることが出来ました。

みーたんさんご夫妻の木婚式の記念に買ったボンボン時計が今でも活躍しているのですか。
素晴らしい記念品ですね。
by narakin | 2011-06-12 15:45 | Comments(8)