人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

万葉集をよむ

毎月第3水曜日に奈良県立万葉文化館で開講している「万葉集をよむ」を聴講してきた。
今日は、「大伴家の女性たちの歌」巻四 579~586番歌 の 解説

 ▢ 余明軍の大伴宿禰家持に与えたる歌二首
  (よのみやうぐん の おおとものすくねやかもち ・・・)
 ▢ 大伴の坂上家の大娘の大伴宿禰家持に報へ贈れる歌四首
  (おおともの さかのうえのいえの おおをとめの ・・・)
 ▢ 大伴坂上郎女の歌一首
  (おおともさかのうえのいらつめの・・・)
 ▢ 大伴宿禰稲公の田村大嬢に贈れる歌一首
  (おおともすくねいなきみの たむらのおおをとめに・・・)
万葉集の編者と言われている大伴家持の近親者達の歌です。
 家持の父が旅人(たびと)で
 稲公(いなぎみ)は旅人の弟  坂上郎女は旅人の妹
 坂上大嬢は坂上郎女の娘で家持と結婚した

それぞれの歌の解説をしながら、作者達の関係なども説明してくれます。

終わってから、いつもは行かない万葉文化館の周囲を歩いていたら、アジサイの花が綺麗に咲いていたのでパチリ。
f0089748_2284210.jpg

f0089748_228559.jpg

Commented by よっちやん at 2016-06-16 08:50 x
こんにちは、ナラキンさんは勉強家ですね、歴史から学ぶことは多いですね。
Commented by narakin at 2016-06-16 20:23
よっちゃん、さび付いた頭ではすぐに忘れるけど、なにかやっていると言う充実感はあります。
by narakin | 2016-06-15 22:11 | 歴史 | Comments(2)