人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

びわ湖一泊旅行その3

一泊旅行の二日目、7月21日も晴天に恵まれました。
今日の行程は
 宿泊所→近江妙蓮公園→第1なぎさ公園(ひまわり)→白髭神社→マキノのメタセコイア並木→自宅

朝9時にチェックアウト。
チェックアウトに対応してくださった職員さんに「これから近江妙蓮公園に行くんです」と話をしたら、パソコンに向かって検索しようとしたので、私が「ちゃんと調べていますから大丈夫ですよ」と。
職員さんに「守山にあるんです」と言うと、「私は守山に住んでいるけど、知りませんでした」と言うではないか。
同じ市内にある公園なのに知らないのですね。

妙蓮公園は近江妙蓮資料館と妙蓮庵を挟んで瑞蓮池と妙蓮池があり、それぞれの池に妙蓮が栽培されています。
妙蓮池から見た妙蓮庵
f0089748_2147020.jpg

妙蓮庵の中から見た妙蓮池(右)と瑞蓮池(左)
f0089748_21483563.jpg


この蓮の花は花托が無くて無数の花びらだけで、つぼみのときは一つの花に見えるが、外側の花弁が開いたあとは一茎に2〜12の花群が見られ、花びらは2000〜5000枚にも達するとか。

ツボミの妙蓮
f0089748_21503252.jpg

ツボミのときは普通のハスに似ていますが、開花するときに150枚前後ある外側の花弁を順次散らせると、その後は2~数個、伝承では2~12個もの花(花弁群)が見られる。
今回見ることが出来たのは、1~4個の花でした。
f0089748_21555984.jpg

普通のハスにあるような花托や雄しべはなく、花弁ばかりが集まった花です。
花弁の数は2000~5000枚前後にもなるとか。
これら多数の花弁は外側の150枚前後のもの以外は散ることなくそのまま花柄に付いて枯れるそうです。

実が付かないので、レンコンである根茎で増えていくのです。

近江妙蓮は
昭和40年3月26日に 滋賀県の天然記念物に指定され
昭和50年8月1日には 守山市の市花に制定されています。

次は、比良山系の対岸の琵琶湖沿いにある自然公園である第1なぎさ公園。
約4,000平方mの園内では、約12,000本ものひまわりがちょうど満開で見頃です。
f0089748_22151940.jpg

みなさん、行儀よく同じ方向を向いて咲いている。
f0089748_22171438.jpg

ミツバチが花にとまって忙しく蜜を吸っていたのを撮ったのだが、同じ色でひまわりの花が大きすぎるので、どこにミツバチがいるかほとんど見分けがつかない写真になってしまった。
f0089748_22201963.jpg

  次は白髭神社に向かってドライブ、次回投稿をお愉しみに。
Commented by よっちやん at 2016-07-24 11:13 x
こんにちは、これは珍しい蓮ですね、見たことはありません。このなぎさ公園は四季折々色んな花が咲いています。
私は春の菜の花と山々の残雪を撮りました。
Commented by narakin at 2016-07-24 15:50
よっちゃん、この妙蓮は全国でも数か所にしかないのだそうです。
地元の人たちで、大事に世話をして、毎年花を咲かせるようになったのだそうです。

なぎさ公園の菜の花を一度見に行きたいものです。
by narakin | 2016-07-23 22:25 | その他 | Comments(2)