千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

稲刈り

奈良盆地の我が家の近辺の田んぼで昨日から稲刈りが始まりました。
f0089748_1927346.jpg

f0089748_19271798.jpg

毎年10月10日前後に秋祭りがあり、その秋祭りが終わると、稲刈りをするのが恒例になっています。
今年は台風の影響もなく、米の出来は悪くないようです。
[PR]
Commented by みかんやま at 2016-10-13 23:24 x
 ならきんさん黄金の稲穂風景は美しいです。子供の頃は田植えは6月のしとしとと降る梅雨時、稲刈りは10月中旬でした。近年は田舎は2毛作をしている村があるみたいですけど。私の東市来町の美山に薩摩焼き窯元の村があります。美山のご縁で京都府美山茅葺の里の知人から、9月末に、こしひかり新米を毎年送って頂きます。最高に美味しいです。4月末に田植えで5ケ月で収穫で時期も早いですよ。BS3心旅は今日は、兵庫県たつの、明日は相生です。金色の稲穂が揺れていました。
Commented by よっちやん at 2016-10-14 16:54 x
こんにちは、明日は馬司の秋祭りです、それまでに毎年稲刈りを終えられるようです。
Commented by narakin at 2016-10-14 19:19
みかんやなさん、
>美山のご縁で京都府美山茅葺の里の知人から、9月末に、こしひかり新米を毎年送って頂きます。
美味しい新米を頂けてありがたいですね。
Commented by narakin at 2016-10-14 19:20
よっちゃん、長安寺は9~10日にお祭りをしていました。
Commented by みかんやま at 2016-10-14 22:54 x
 私の町東市来の小高い丘に白焼き、黒焼きの薩摩焼き窯元美山があります。秀吉の命で朝鮮出兵した薩摩藩が、朝鮮の陶工を連れて帰り、薩摩焼き発祥の地で藩の保護を受けました。長い歴史があり、今は沈寿官14代ですか博物館が領事館代行をしています。十数戸の窯元は帰化して日本ネームになっています。私の旧伊集院中の先輩、13代沈寿官は大迫恵吉です。
 美山の源流の由良川は福井県で日本海に注いでいます。
知人は十数年前に美山町参事、教育長共お付き合いをさせて頂き、京都市立小の教師の長男の結婚式に両人様にご出席頂き祝辞を頂きました。城山観光ホテルで日本との平和条約記念式典があった年からのご縁が今も続いています。
Commented by narakin at 2016-10-15 19:09
みかんやまさん、東市来の窯元が薩摩焼の元祖なんですね。
沈寿官は聞いたことがありますが、行ったことはありません。
by narakin | 2016-10-12 19:31 | 風景 | Comments(6)