人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

2013年 06月 25日 ( 1 )

孫娘S手術

あと20日でやっと満4歳になる孫娘Sはかなり前から中耳炎で耳が聞こえにくくなり、今までも何度か鼓膜を切開して耳の中の水を抜いていたんだって。
病名は「滲出性中耳炎」だそう。
原因はアデノイドと扁桃腺の肥大により、鼻と口との通路が塞がれるために鼻水が口の方へ出ることが出来ずに中耳の方に溜まってしまう症状です。

なかなか治らないので、大きな病院で手術することになった。
昨日(6月24日)に入院して、今日(6月25日)に手術が決まった。

孫娘の家から病院まで車で30分ほどかかる場所、昨日は父親が仕事なので、ジジババして車で病院まで送ってあげることにした。

昨日14時に入院手続きとのことで、昼過ぎに孫娘の家に行ったら、孫娘はジジババの顔を見て喜んでくれた。
母親に言われていたのか、入院するんだと遠足にでも行くような無邪気な様子。
家を出るときでもじいちゃんの車に乗ると喜んでいるんだよ。
入院の意味が分かっていないのがいじらしかった。

入院手続きしている間、じいちゃんと折り紙を楽しんでいた。
f0089748_22255856.jpg

病室へ案内されてから、母親が入院時の説明を受けている間には子供の遊び場で遊んでいたよ。
f0089748_22545351.jpg


今日は12:00から手術とのことで、昼前に行くと父親は休みを貰って付き添い。
母方のじいちゃんばあちゃんも来ていた。
12:00になると看護師さんが迎えに来たので、父親が孫娘を抱っこして母親と一緒に手術室に連れて行った。
2人のばあちゃんとも心配性で、大丈夫かな?と不安そうな顔をしている。
約2時間後に手術が終わり病室に帰ってきたが、麻酔が完全に切れていないのか、疲れたのか、最初は目が開いていたが、まもなくとろ~んとして寝込んでしまった。
手術は全身麻酔でおこなわれたとはいえ、よく頑張ってくれたね。
1週間後に退院する予定とのこと。

手術の内容は肥大化したアデノイドと扁桃腺を切除して、鼓膜に孔を開けて中の液を吸いだし、鼓膜にあけた孔にチューぷを取り付けたとのこと。
チューブは中耳が外気と通じる役目をするもので、2年間ほど装着したままにしておくとのこと。
その後でチューブを抜くと鼓膜の孔は自然にふさがるらしい。

孫娘の手術が無事終わって、寝顔も見ることが出来たし、孫娘の両親がついているので、両方のジジババはその時点で、病院を後にした。

夕方、母親からのメールによると、まだボンヤリしている状態らしいが、目を開けた時に、「じいちゃんとばあちゃんは?」と言っていたとのこと。
それを聞いたら、涙が出て来たよ。
今夜はちゃんとおとなしくしてくれなくて母親が苦労するのではないかな。
by narakin | 2013-06-25 23:03 | | Comments(13)