人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin

男だけの料理教室

今日は月1度の男だけの料理教室。

今日の参加者は9名。
最近はメンバーも調理に慣れてきているので、3品でも二人で時間内に出来るだろうという
ことで、1班2名ずつの4班に。1班だけは3名としている。

いつものように、今日の担当者が作成してきたメニューの説明をして、調理開始。

本日のメニューは

1.サンマとカレー玉ねぎのサラダ仕立て  

🔶材料(2人分)
  ・サンマ・・・・・・・・・2尾      A
  ・たまねぎ・・・・・・・・1/2個      ・カレー粉・・・小さじ1
  ・ピーマン・・・・・・・・1個       ・塩  ・・・・少々
  ・赤ピーマン・・・・・・・1個      B
                       ・酢、油・・・・各大さじ1.5
                       ・トマトケチャップ・・・小さじ1.5
                       ・塩 ・・・・・・・少々
                       ・カレー粉・・・・・小さじ1
  
🔶作り方
①サンマは三枚おろしにし、骨を除き身を長さ半分に切り、塩、こしょうを振って小麦粉をつける。
②たまねぎは縦に薄切り、ニンジンはせん切り、ピーマン、赤ピーマンはヘタと種を取って斜め
 せん切りにする。
③鍋に湯を沸かし、A wo入れる。ニンジンを先に加え、残りの②も加えてさっとゆで、ザルにとる。
④ボールにBを混ぜ合わせる。
⑤フライパンにサラダ油を熱して①の両面を焼き、④に入れ調味料をからめ、器に盛る。
 ③も④も入れて混ぜ、サンマの上に盛る。

2.レンコンと鶏肉のゴマ煮   

🔶材料(2人分)
  ・レンコン ・・・・・200g        A
  ・鶏もも肉 ・・・・・150g         ・醬油 ・・・・大さじ1.25
  ・きぬさや ・・・・・・30g        ・砂糖 ・・・・大さじ1
  ・サラダ油、ごま油 ・・各小さじ1/2    ・白すりゴマ・・大さじ1
  ・だし ・・・・・・・・250ml
                         
🔶作り方
①レンコンは皮をむいて縦4つ割りにし、一口大に乱切りにする。
 水煮さらしてから水けを切る。
②鶏肉は少し大きめの一口大に切る。きぬさやは筋を取り、斜め半分に切る。
③鍋にサラダ油、ごま油を熱し、鶏肉とこしょうを振って蓮根をサッと炒める。
 だしを加え、煮立ったらアクを除いて7~8分煮る。
Aで調味し、煮汁が1/3量いかになったら、きぬさやを入れてひと煮する。
 白ゴマを加えてざっと混ぜる。

3.白菜とホタテのバタースープ

🔶材料(2人分)
  ・白菜の葉の部分・・150g      A
  ・マッシュルーム・・・100g     ・固形スープの素・・1個
  ・玉ねぎ ・・・・・1/4個      ・水 ・・・・・カップ2
                      ・塩 ・・小さじ1/4
  ・しょうゆ ・・・・小さじ1/2
  ・バター ・・・・・大さじ1
 
🔶作り方
①白菜は長さ約5cmの細切りにする。
 石づきをとったマッシュルーム、玉ねぎは薄切りにする。
②鍋に①とAを入れ、ふたをして白菜がやわらかくなるまで15分ほど煮る。
③ホタテ貝柱は厚みを半分に切って②に加え、さっと煮る。
④器に盛ってバターをのせる。

サンマの三枚おろしは初めてなので、各人1尾ずつ自分で三枚おろしを実感する。
包丁を十分に研いだけど、切れ味がもう一つ、それでも何とかさばいたよ。
骨の部分は身を焼いたフライパンでカラカラに焼き上げた。

サンマをさばいたら、後は相方に任せて、私はレンコンと鶏肉のゴマ煮を担当。
レンコンは十分に煮たつもりだが出来上がりは固かった

白菜の葉とホタテのバタースープは二人で手分けして調理、15分ほど煮るということで、その間、洗い物したりして、15分してから鍋の蓋を開けてみたら、水気が完全になくなり、かなり焦げていた。慌てて水を追加して仕上げたが、焦げたために汁は真っ黒けでスープとは程遠い出来上がり。
火力が強すぎたせいかな。途中で様子を見るべきだったが後の祭り。
f0089748_22122857.jpg
正常なスープは他の班で仕上げたものを撮影させてもらった。
f0089748_22123222.jpg

いつものように、出来上がった料理を試食兼昼食。
真っ黒けのスープは具の野菜はなんとか食べることが出来たよ。
たまには失敗もあるよね。
次回からはこのような失敗をしないようにしましょう。


# by narakin | 2019-11-18 22:25 | 料理 | Comments(1)

皇帝ダリア

昨年もちょうど今頃花を咲かせてくれた皇帝ダリアが今年もしっかりと芽を出してくれて、花を沢山つけてくれました。
f0089748_18373178.jpg


f0089748_18373500.jpg

高さは4mを超えているかな。
風で倒されないように沢山のツッカイ棒で支えてやっています。
蕾がたくさん付いているので、しばらく花を楽しめそうです。


# by narakin | 2019-11-16 18:44 | | Comments(4)

初霜?

今朝、佐保川の土手の日陰にある枯草の上に白いものが、初霜か?
f0089748_19182656.jpg


霜が降りるほど冷え込んだとは思わなかったけど、奈良の今朝の最低気温は4.3℃だったとか。
気温が4℃以下で無風状態であると霜がおりる、3℃以下になるとかなりの確率で霜が降りると言われています。
したがって、今朝見た白いものは霜で間違いないのかな?

このところの冷え込みで、浄化センター公園の紅葉も進んでいます。
f0089748_19182847.jpg
11月半ばになり冬がすぐ目の前に来ている。
寒くなる前にすることが沢山ありそう。


# by narakin | 2019-11-15 19:54 | 風景 | Comments(4)

藁の保存

10月23日に束ねて乾燥させるために田んぼに立てて置いた藁がこのところの晴天続きで十分い乾燥していたので、保存です。
ナラキン菜園の端っこの塀際に藁を積み上げていきます。
これだけ有れば1年間使うに十分な量です。
f0089748_19065690.jpg

雨に濡れないようにブルーシートを被せ、風で飛ばされないように紐で縛り付けて完了。
必要に応じて使っていきましょう。
f0089748_19070135.jpg

# by narakin | 2019-11-10 19:12 | 家庭菜園 | Comments(2)

小春日和

このところ晴天続きで、11月らしい気温になってきた。
ナラキン菜園隣の枝垂れ桜に季節外れの花が咲いているではないか。
f0089748_18043560.jpg

いわゆる「狂い咲き」 
桜は葉っぱが落ちると冬になったと思い葉っぱが落ちてから暖かくなると春が来たと思って花を咲かすのだそうです。
よくある現象みたいですが、花は何時咲いてくれても嬉しものですね。

# by narakin | 2019-11-09 18:11 | | Comments(2)

キャベツ初収穫

9月11日に再植付したキャベツがだまだ小さいけど、収穫できる大きさになったのもある。
f0089748_17443825.jpg


右側のキャベツを1個だけ初収穫。
なかなか綺麗に出来ている。
f0089748_17444534.jpg

8月18日に最初のキャベツの苗11本を植え付けたのだけど、1カ月もしないうちに虫食いがひどくて、全滅でした。
2番手にと準備していた苗を再植付していたのが今回収穫出来たものです。

3番手のキャベツもそろそろ巻き始めているので、正月まで順次収穫出来る予定です。

# by narakin | 2019-11-04 17:55 | 家庭菜園 | Comments(7)

ハヤトウリ

ハヤトウリを2株植え付けたのだけど、1株だけが育ってくれて、やっと収穫出来るほどの実をつけてくれた。
f0089748_21382546.jpg


昨日、6個だけ初収穫。写真は4個だけどね。
f0089748_21382622.jpg

例年だと10月半ばには収穫出来るのだけど、今年は半月ほど遅いんだよね。
秋になってもいつまでも暖かかったせいかな?
ハヤトウリはもともと鹿児島で栽培されていたものなので、温かくても10月頃には収穫出来るはずなんだけど、品種が違うのかな。
鹿児島でのハヤトウリは緑色していたけど、今年採れたのは白いよね。

# by narakin | 2019-11-03 21:46 | 家庭菜園 | Comments(3)

朝もや

今朝、東の空にまん丸のお月様?
f0089748_21233064.jpg

じゃなくて、朝靄(あさもや)の為に太陽がお月さんみたいに肉眼で見ることが出来たんだよ。
太陽の所だけをトリミングして拡大してみるとお餅みたいに見えるではないか。
f0089748_20491134.jpg

朝もやだと晴れと言われるように、昼間は良い天気でした。

靄(もや)は霧と同じ大気中の水蒸気が微小な水滴となって浮遊し、視界が悪くなる現象のこと。
気象用語では、視程1km未満の状態を「霧」、視程1km以上10kmまでを「靄(もや)」と定義しているそうです。

ついでに、「濃霧」は視程が陸上で100m以下、海上で500m以下のことだそう。

# by narakin | 2019-10-30 21:14 | 風景 | Comments(5)

お多福豆定植

10がt13日にポットに種まきしたお多福豆が芽が出てそろそろ定植出来そう。
f0089748_19091548.jpg


いつでも定植出来るように用意しておいた2本の畝に早速定植。
f0089748_19114289.jpg

約60cm間隔で1畝に8本ずつの植え付け。
収4月末から5月にかけて収穫出来る予定です。

# by narakin | 2019-10-28 19:22 | 家庭菜園 | Comments(3)

セイタカアワダチソウ

佐保川の土手にセイタカアワダチソウが繁茂している。
f0089748_17463915.jpg

Wikipediaによると
 北アメリカ原産で、日本では切り花用の鑑賞植物として導入した外来種。
 花期は秋で、濃黄色の小さな花を多くつける。種子だけでなく地下茎でも増える。

私が小さいころ、実家の畑の端っこにたくさん生えていて、秋になると近所のおばさんがその花を切り取って、鹿児島の朝市に持って行って売っていたことを覚えています。

花粉症の原因だと言われているが、虫媒花なので、風媒花みたいに花粉が風によって飛び回ることがないので、花粉症とは関係ないのだそうです。

# by narakin | 2019-10-25 18:15 | | Comments(9)

野菜作りでカボチャやスイカ等の敷き藁として重宝される稲藁。
毎年、近所の田んぼで稲刈り後の稲藁を貰っている。
今年もいつもの田んぼに残されて稲藁を貰える。
f0089748_21322140.jpg

菜園仲間と二人で昨日から稲藁を束ねる作業を開始。
落とされた稲藁は奇麗にまとまっていないので、適当な量にまとめて束ねていきます。
かなりの量があったので、全部束ねるのに今日の昼過ぎまでかかったよ。
束ねた藁は乾燥するまで立てて置いておきましょう。
f0089748_21322583.jpg


# by narakin | 2019-10-23 21:40 | 家庭菜園 | Comments(5)

里芋初収穫

今年の里芋は最初元気があったのだが、9月過ぎてから葉っぱが元気なくなってきて、完全に葉っぱが無くなった株もある。
f0089748_19523275.jpg


昨日、葉っぱの無くなった3株を掘ってみた。
f0089748_19523724.jpg

葉っぱは枯れていても芋は奇麗なものです。
f0089748_19523724.jpg

葉っぱが元気なかったせいで、親芋も子芋も例年と比べて若干小さめ。
f0089748_19523864.jpg

それでも、これだけの大きさだと上出来でしょう。
これから、使う分だけずつ掘り出して使っていきましょう。

# by narakin | 2019-10-21 19:57 | 家庭菜園 | Comments(2)

夕方、畑にいたら菜園仲間の地元の奥様が柿を持ってきてくれた。
f0089748_20425626.jpg


平種無し柿を渋抜きしたものです。
色は青いけど、ちゃんと渋抜きが出来ていて、十分食することが出来ます。
毎年、2から3回も持ってきてくれるのです。
有難く頂いています。

# by narakin | 2019-10-20 20:54 | おいしい物 | Comments(2)

キンモクセイ

我が家の玄関横にある金木犀の花が咲きました。
f0089748_21263592.jpg


f0089748_21263820.jpg


例年だと10月初めには咲いているのに、今年は花が咲くのが遅かった。
何時までも暑かったせいなのかな。

この金木犀は家を新築して1年目に1mほどの苗木を植えたもので、もう四十数年経っている。
大きくなりすぎないように、樹形を整えながら自分で剪定しています。

# by narakin | 2019-10-16 21:42 | | Comments(4)

イチゴ定植

5月末にイチゴの収穫が終了して、6月初めに苗取り用に、大幅に間引きして親株を10本程残して追肥をしておきます。
10月中旬頃になると子株、孫株、ひ孫株とたくさんの苗が出来ます。
f0089748_19474739.jpg

今日、苗を取って画面奥の新しい2本の畝に定植です。
根を傷めないように周りの土ごと掘り出して移植。
各畝に40本ずつ計80本の定植。
f0089748_19475187.jpg

うまく根付かなかった時のために、予備の苗を別な場所に10数本植えて置く。
冬を越してからマルチをして、5月に収穫出来るでしょう。


# by narakin | 2019-10-15 19:56 | 家庭菜園 | Comments(0)

今夜も咲いた

今日は台風19号の影響で一日中風雨でしたが、室内に置いていた月下美人草が昨夜に続いて今夜も1輪咲きました。
f0089748_21422940.jpg


f0089748_21423319.jpg

昨夜咲いた花は朝方には萎んで垂れ下がっていました。
いつ見ても見とれる花です。

# by narakin | 2019-10-12 21:44 | | Comments(2)

月下美人草

数日前から2個のつぼみが付いているのに気が付いていたので、注意していたら、今夜1輪咲きました。
f0089748_21273102.jpg

f0089748_21273443.jpg
今年3回目の開花です。
下部に見えているもう一輪は明日には咲きそうです。
今日は旧暦で9月14日、明日が満月です。
月下美人草と言うように、今までも満月前後に花が咲いていることが多いです。
今夜と明夜は台風19号の影響で雨なので残念ながら満月のお月さんを見ることが出来ません。

# by narakin | 2019-10-11 21:34 | | Comments(2)

ホウレンソウ初収穫

秋に入ってからのホウレンソウの初収穫。
f0089748_18512157.jpg


9月7日に種まきしたもので、1カ月強で収穫出来ました。
秋まきのホウレンソウは通常9月に入ってからですが、今年は欲を出して早めの8月26日に種まきをしたのですが、発芽が悪かったのと育ちも悪くて、ほとんどつぶれてしまったのです。
これから、2週間おきに少しずつ種まきして育と連続してホウレンソウを収穫出来ます。

# by narakin | 2019-10-11 19:10 | 家庭菜園 | Comments(0)

落花生

今日、落花生を2株だけ初収穫。
f0089748_20084999.jpg


f0089748_20085563.jpg

これから、使う分だけ掘り出していきましょう。

ついでに、2番手のサツマイモも2株を初収穫。
f0089748_20090662.jpg

かなり大きな芋が出てきたよ。
こちらも、いつでも穫れます。

# by narakin | 2019-10-09 20:30 | 家庭菜園 | Comments(4)

ドングリ

夏の暑い時期には、いつもの散歩コースまで足を延ばしていなかった。
10月に入り少しは暑さがましになってきたので、久しぶりに浄化センターまで歩いてきた。
外周コースにドングリがたくさん落ちていたよ。
f0089748_19220922.jpg

上を見ると、たわわに実が生っているではないか。
f0089748_19221537.jpg

子供の頃はドングリを拾ってコマにしたりヤジロベーを作ったりして遊んだものです。

# by narakin | 2019-10-03 19:25 | 風景 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は月1度の男だけの料理教室。
今回は副担当と言うことで、いつもより早めに現場へ行き、主担当者が用意してきた食材を班別に仕分け作業。
仕分け作業は結構時間がかかったけど、なんとか時間内に完成。
今日の参加者は7名なので、2名・2名・3名の3班に構成。

いつものように、今日の担当者が作成してきたメニューの説明をして、調理開始。

本日のメニューは

1.油揚げのロールキャベツ風  

🔶材料(2人分)
  ・油揚げ・・・・・・・・・2枚      ・パン粉・・・・・・5g
  ・豚ひき肉・・・・・・・・100g      ・牛乳・・・・・・・・・・・大さじ1と1/3
  ・むきエビ・・・・・・・・60g      ・トマトソース・・・・80mL
  ・玉ねぎ(みじん切り)・・30g      ・ブイエン・・・・・・200mL
  ・しょうが(みじん切り)・小さじ1    ・水菜・・・・・・・・適量
  ・卵白 ・・・・・・・・・1/2個     ・塩・こしょう
  
🔶作り方
①油揚げは長さを半分に切り、袋状に開く。エビは背を開いて背ワタを除き、
 5mm角に切る。
②パン粉と牛乳は混ぜる。
③豚ひき肉、①のエビ、玉ねぎ、しょうが、塩小さじ1/2 を合わせて練り、
 卵白、②のパン粉、こしょう適量を加えて混ぜ合わせる。
④③を4等分にして油揚げに詰め、鍋に口を下にして並べ、トマトソース、ブイヨンを
 加え強火にかけ、煮立ったら蓋をして弱火で10分火を通す。
⑤スープの味を塩、こしょうで調える
 盛り付けて4cm長さに切った水菜を飾る。
 (今回は水菜省略した)

2.とうがんとトウモロコシのスープ    

🔶材料(2人分)
  ・とうがん・・・・・・・・・・・・・150g
  ・トウモロコシ(ゆでて実をはずす)・1/4本(30g)
  ・鶏もも肉  ・・・・・・・・・・・60g
  ・昆布だし ・・・・・・・・・・・・2カップ
  ・酒 ・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  ・潮 ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
                       
🔶作り方
①とうがんは種を除き、皮をむき、一口大に切る。
 鶏肉は1.5cm角に切る。
②鍋にだし、酒、①、塩をいれて強火にかける。煮立ち始めたら弱火にして蓋をし、
 12分ほど煮る。
③仕上げにトウモロコシを加え、味をみて、必要に応じて塩で味をととのえる。

3.きゅうりと新玉ねぎのサラダ

🔶材料(2人分)
  ・きゅうり ・・1本(100g)    a にんじんドレッシング
  ・新玉ねぎ・・・1/2(100g)     ・にんじんのすりおろし・・40g
                      ・酢・・・・大さじ1 塩・・ミニスプーン1
                      ・オリーブ油・・小さじ1 こしょう・・少量
                      ・しょうゆ・・・小さじ1/2
                      ・砂糖・・小さじ1/4
 
🔶作り方
①きゅうりは両面に斜めに細かい切り目をいれ、2cm程度の乱切りにする。
②玉ねぎは薄切りにスープる。
③aを混ぜ合わせてにんじんドレッシングを作る。
④①、②を混ぜ合わせて器に盛り、③のにんじんドレッシングをかける。

私の班は3名だったが、主担当の方は総監督よろしく、私ともう一人とで調理。
私は「油揚げのロールキャベツ風」を、相方が残りの2品を主担当とした。

油揚げを袋状に開くのは難しいよと言われていたが、主担当の助言でうまいこと
袋状に開くことが出来た
コレが出来たら、あとはそんなに難しくなく出来上がったよ。
残りの2品はもう一人の方が手際よく短時間で作り上げていた。
f0089748_22142964.jpg

いつものように、出来上がった料理を試食兼昼食。
どれの美味しかったよ。


# by narakin | 2019-09-30 22:17 | 料理 | Comments(0)

古代米

近所の田んぼで普通のお米とは明らかに違う稲が。
f0089748_20180082.jpg

拡大すると
f0089748_20180551.jpg

穂が赤い、いわゆる古代米と言われる赤米みたい。

別の田んぼでも、また違った稲穂が
f0089748_20180973.jpg

こちらは、いわゆる古代米と言われる黒米みたい。
f0089748_20181222.jpg

どちらも少しだけしか栽培してない。
どんな使い方するのかな?

# by narakin | 2019-09-27 20:44 | 風景 | Comments(4)

彼岸花

今日は彼岸の中日。
お彼岸と言えば彼岸花。
今朝、散歩コースの途中の田んぼの土手に咲き始めていました。
f0089748_20414013.jpg

f0089748_20414352.jpg

f0089748_20413647.jpg
例年だと今頃は満開なのだが、今年は3分咲きから五分咲きと言ったところ。
今年の不安定な気候のせいかな。

台風15号で大被害が有ってから2週間、千葉県では未だに停電の家が沢山有り、屋根が壊れてブルーシートを掛けることが出来ない所も数知れず,それなのに、台風17号が来て、雨の追い打ちで被災された方々は泣くに泣けない気持ちでしょうね。


# by narakin | 2019-09-23 20:51 | | Comments(2)

万葉集を読む





毎月第3水曜日の午後に開催されている「万葉集を読む」の講座に行ってきました。
今日は 巻5 886~891番歌 
「啓(つつし)みて熊凝(くまごり)の為に其の志を述べたる歌に和(こたえ)へたる六首併せて序」
              筑前国守山上憶良
肥後国益城郡の大伴熊凝の死を悼んで歌われた六首です。

講座が終わってから外に出たら、いつものように玄関前でせんとくんが立っています。
f0089748_21272058.jpg


その背景には百日紅の赤い花が咲いている。
少し視線を変えると ススキ が
f0089748_21271764.jpg
ススキ は秋の七種の1つ「尾花」なんだよね。 

たまたま今日の万葉集では山上憶良でした。
 秋の七種を定めた万葉集の山上憶良の歌です
 「秋の野に咲きたる花を指折り かき数ふれば七草の花 萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝顔の花」




# by narakin | 2019-09-18 21:33 | | Comments(2)

葛の花

秋の七種の葛の花も見つけました。
探すとあちこちで見ることが出来ます。
f0089748_20470685.jpg

f0089748_20470244.jpg

# by narakin | 2019-09-17 20:47 | | Comments(0)