人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おいしい物( 102 )

夕方、畑にいたら菜園仲間の地元の奥様が柿を持ってきてくれた。
f0089748_20425626.jpg


平種無し柿を渋抜きしたものです。
色は青いけど、ちゃんと渋抜きが出来ていて、十分食することが出来ます。
毎年、2から3回も持ってきてくれるのです。
有難く頂いています。

by narakin | 2019-10-20 20:54 | おいしい物 | Comments(2)

イチジク初収穫

ナラキン菜園の端にある1株だけのイチジクがたくさんの実をつけている。
数日前からそろそろ収穫出来そうな実があるのを見ていた。
今朝、満を持して4個のイチジクを収穫。
f0089748_19580425.jpg

完熟していたので、ものすごく美味しかったよ。
そういえば、昨年は熟す前からほとんどが鳥に食べられて、人間様の口の中にほとんど入らなかったけど、今年は鳥の被害が全く無いのが不思議です。

by narakin | 2019-09-06 20:03 | おいしい物 | Comments(4)

イチジク

今朝、お隣さんが大きなイチジクを持ってきてくださいました。
f0089748_17341844.jpg

5個あったんですけど、家内と1個ずつ美味しく食べてから、今年に入っての初物だったことに気付いたので、残った3個だけでも記念撮影しておこうと。
通常の大きさの倍ほどもある大きさですよ。

ナラキン菜園の端っこに植えてあるイチジクはまだ色づいていないので、収穫出来ていません。
あと1週間は後になりそうです。

by narakin | 2019-08-19 17:38 | おいしい物 | Comments(4)

ビワ

菜園仲間で地元の奥様からビワを頂きました。
f0089748_21344797.jpg


一昨日植え付けた石倉一本太ネギの余った苗を上げたお礼にと持ってきてくれました。
久し振りに食べたビワは美味しかった。
子供の頃、家の庭にビワの木が有って、よく食べていたものです。

by narakin | 2019-06-03 21:41 | おいしい物 | Comments(4)

鹿児島から

鹿児島からアクマキ等が宅配便で届きました。
f0089748_21333948.jpg


送り主は私の中学時代の友人のお姉さまです。
その友人は14年前に私が帰省した時に彼の家に行って二人で歓談している時に、突然倒れたのです。
すぐに同じ市内に住んでいるお姉さまに電話して、一緒に救急車で病院に搬送。
医者に状況を説明して、私はその場を辞し、翌日には彼の容体が気になりながら鹿児島を出て奈良に帰った。
それから1週間後に息を引きとたことを知らされました。
彼は1人住まいなので、誰もいない時に倒れたら、孤独死していた可能性があったそう。
私がいたことで、孤独死は免れたとお姉さまが言っていました。
それ以降、毎年、今の時期にアクマキ等を送ってくださるのです。


by narakin | 2019-05-09 22:12 | おいしい物 | Comments(4)

バレンタインチョコ

昨日はバレンタインデー。
いつのころからかバレンタインデーには女性が恋人にチョコレートを贈る習慣が出来たみたい。
それが、本命だけでなくて、義理チョコとか言って職場の人達にもチョコを上げるようになったよね。
最近は友チョコとか自分チョコだそうですね。
どちらにしても、チョコレートメーカーなのかお菓子メーカーなのかに踊らされているんじゃないかな。
とは言っても、義理でもなんでも良いからチョコを貰うと嬉しいよね。

昨日と今日でこれだけ貰ったよ。
f0089748_21130001.jpg
ホワイトデーのお返しはどうしようかな。

by narakin | 2019-02-15 21:15 | おいしい物 | Comments(8)
昨夜は週1回、畑のお手伝いに行っている施設職員さん達の忘年会に招かれた。
忘年会の場所は「角栄屋(かどや)」
場所は近鉄平端駅の近くで、我が家から平端駅に行く途中の踏切を渡った目の前にある。
f0089748_11283190.jpg

昔は文房具屋さんだったのが、いつの間にか店がたたまれて、外見上は全くの民家。
いつのころからか、料理屋さんになっているとのこと。
予約限定の料理屋さんだと言うことだが、一見どこにも看板らしいものが見当たらないので、ここが料理屋さんだとはほとんど気付かない。
玄関らしき入り口の上に注意して見ないと見過ごすような看板がかかっていた。
f0089748_11283595.jpg
先日、テレビ番組で「隠れ家的料理屋さん」として紹介されていたので、初めて知った次第。
玄関を入ると目の前に甲冑鎧が
f0089748_11441920.jpg

宴会場の2階に案内されて部屋に入ると、ここにも立派な甲冑鎧が2体も
f0089748_11442589.jpg

始まりが19時からと聞いていたので、18:50に行ったら、まだ誰も来ていない。
19時になっても、誰も来る気配が無いので、電話したら、19時半始りに変わっているとのこと。
私だけ、時間変更の連絡が入っていなかったことになる。
おかげで、部屋の様子をじっくりと観察することが出来たよ。
宴会の準備はとっくに出来ていた。
f0089748_11442834.jpg

本日の料理は「鴨鍋」 5,400円/1人
  
「おしながき」もキッチリと出来ていました。
  先付  たこと菜の花の酢みそ  スナップエンドウの卵とじ  豚ひれの煮物  ブロッコリーの生ハムのせ
  鴨鍋  倭鴨  ねぎ  しいたけ  若鳥つみれ  うどん
  富目膳  季節の果物  わらび餅  珈琲
 飲物はビール大びんが一人に1本ずつ、あとはお酒、焼酎、紹興酒を飲み放題。
出汁が絶品で、何とも言えない美味しさでした。
まさに、「隠れ家的」美味しい料理でした。

19:20頃に皆さん集合して、宴会始まりです。
参加者14名で、皆さん賑やかにしゃべって、食べて、あっと言う間に2時間たって、宴会終了。
数名の人は、今からカラオケに行こうと言っていたが、私はここで「良いお年を」と挨拶してお別れでした。



by narakin | 2018-12-29 14:16 | おいしい物 | Comments(2)

みかん

今朝、散歩途中で会った地元のご近所さんが「畑にミカンがたくさん実をつけているので、好きなだけ採って良いよ」と言ってくれた。
あまり大きな木ではないけど、枝もたわわに小ミカンが実っている。
f0089748_19021505.jpg
夕方、その方の畑に行くと、タイミング良く畑の前で会ったので、遠慮なくミカンを取ることが出来た。
約10kgほどもあった。
f0089748_19043344.jpg
温州ミカンの半分ほどの小ミカンでそんなに甘くはないけど、昔ながらのミカンの味。
正月用のミカンを買わなくて済みそう。


by narakin | 2018-12-25 19:08 | おいしい物 | Comments(4)

うんべ

庭に植えてあるウンベが今年も実をつけて色づいてきました。
昨年は10個ほどだったが、今年は15個ほどと少し増えていた。
f0089748_19033146.jpg

3個だけちぎって半分にカット
f0089748_19041885.jpg

綺麗に熟している。
中の黒い種の周りにトロっとした果肉が甘いんだよね。

ウンベは鹿児島での方言かな?
一般にはムベと呼ばれているみたいです。

以下はインターネト検索よりコピペ

関西の議論“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず…
によると

「 ムベは、アケビ科の一種で、別名「トキワアケビ」という。アケビが落葉樹なのに対し、ムベは常緑樹で、春になると白い花をつけ、秋には赤紫の実がなる。関東から西の地域に自生しているが、ムベという名の由来は近江八幡にある。 言い伝えによると、天智天皇(626~671年)が琵琶湖南部の蒲生野(かもうの)(現滋賀県東近江市一帯)へ狩りに出かけた際、奥島山(現近江八幡市北津田町)に立ち寄った。

 そこで8人の息子をもつ元気な老夫婦に出会い、「お前たちはなぜ、このように元気なのか」と尋ねたところ、老夫婦は「この地で採れる無病長寿の果物を、毎年秋に食べているからです」と答え、果物を献上した。それを賞味した天皇が「むべなるかな(もっともだな)」と言ったことから、この果物が「ムベ」と呼ばれるようになったという。


by narakin | 2018-11-08 20:03 | おいしい物 | Comments(6)

梅シロップ

昨年、ナラキン菜園の地元のお姉ちゃんから3kgの青梅を貰って梅シロップを作ったんだよ。
一昨日、ナラキン菜園でお姉ちゃんに会ったので「今年も5kg欲しいんだけど」と言ったら、
「ちょうど良かった、今年も大呂の梅が取れているので、貰ってくれる人を探していたのよ、すぐ持ってくるから待っていてね」と
待つ間もなく、段ボールいっぱい(10kg以上もありそう)を持ってきて「残ったら捨てるなり、適当に処分して」と
持ち帰って自分の所で必要な5kg強を取り、残りがちょうど5kgほど。
近所の奥さんがこの5kgほど全部を貰ってくれました。

一昨日、梅を洗って、水気を取るために干しておいたら、若干黄色くなっているではないか。
f0089748_21164120.jpg

今日、5L瓶2個と2L瓶1個に、梅と砂糖を同量ずつ詰めて、梅シロップの漬け込み終了。
砂糖は氷砂糖が一般的ですが、白砂糖でも良いとのことなので、白砂糖を使いました。
f0089748_21341417.jpg

3~4週間したらおいしい梅シロップが出来る予定です。

by narakin | 2018-06-11 21:34 | おいしい物 | Comments(4)