千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:料理( 26 )

男だけの料理教室

今日は月1度の男だけの料理教室。
朝の9時半開始、いつもは9時10分頃までにはほとんどが揃っているのだが、今日は9時半になっても2人がまだ来ていない。
みなさん、市内在住なので、自動車かバイクで来るのでめったに遅れることないんだけどね。
それでも、1人はギリギリに来て、。もう一人は20分遅れでやっと来ました。

今朝8時前の地震の影響で、JR、私鉄がほとんど運休になり、それだけでなく、踏切がほとんど閉まりきりになっていたみたいで、踏切を渡らないと来れない人達が回り道を探しながらやっと来ることが出来たみたい。
皆さんが揃ったところで、今日の担当者が作成してきた担当者がメニューをして、調理開始。

本日のメニューは
1.かつめし
  材料(2人分)
  豚薄切り肉  ・・・8枚         ソース材料
  キャベツ ・・・・大一枚          デミグラスソース・・100g
  ご飯(温かいもの)・・・・丼に軽く2杯    ケチャップ ・・・・小さじ1
  塩・コショウ  ・・・・・少々       ウスターソース・・・小さじ2
  小麦粉、溶き卵、パン粉、揚げ油・・各適量  バター   ・・・・5g

作り方
①豚肉は4枚を重ねる
②①に軽く塩、コショウうぃふり、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
③小鍋にソース材料を混ぜ合わせて温め、ソースを作る。
④キャベツは茹でて水けを切り、一口大に切る。
⑤揚げ油を中温に熱し②をキツネいるに揚げる。
⑥どんぶりにご飯を盛り、食べやすく切った⑤のカツをのせてソースをかけてキャベツを添えれば完了。

2.ねぎの焼きビーフン
  材料(2人分)
  ビーフン  ・・・70g      A 味付け材料
  ごま油  ・・・・小さじ1        オイスターソース・・大さじ1/2
  青ネギ  ・・・・3本           濃い口醤油 ・・・・小さじ1/2
  玉ねぎ  ・・・・・1/4個        塩、コショウ ・・・少々
  かに7風味カマボコ・・6本 

作り方
①ビーフンは熱湯で3分茹でてザルに揚げ、水気をしっかり切る。すぐにボウルに移してごま油をまぶしてラップをかけておく。
②青ネギは斜め切り、玉ねぎは薄切りにする。カニ風味カマボコは手でさく。
③フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎを炒める。ビーフンを加えて炒め、Aで味付けする。
 カニ風味かまぼこと青ネギを加えて炒め合わせれば完了。

3.もやしとザーサイのスープ
  材料(2人分)
  もやし ・・・100g         味付け材料
  木綿豆腐・・・100g           顆粒スープ・・・小さじ1/2
  味付きザーサイ・・30g          薄口醤油、塩・・各少々
  長ネギ・・・・2本     
  
作り方
①豆腐は1cm角の駒切
②ザーサイは千切りに切る
③長ネギは3cmの長さに切る。
④鍋に水2.5カップを沸かし顆粒スープを入れ、ザーサイを加えて1分煮、薄口醤油、塩を少々入れて味を調える。
⑤豆腐を入れ、温まったらもやしを入れてさっと煮、長ネギを加えて完成。


現在の会員は9名で、今日は欠席1人いたので、参加者は8名でした。
3班にわかれるのだが、私の班は2人だけ、相方はベテランさんなので二人で協力しながら調理。
比較的短時間で出来るメニューだったので、時間内に調理完了。
f0089748_22552864.jpg
いつものように、出来上がった料理を試食兼昼食。
自分たちで作った料理は美味しかった。

[PR]
by narakin | 2018-06-18 23:00 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は、いつもの男だけの料理教室でした。

本日の参加者は9名

いつものように、メンバーが揃ったところで、主担当がレシピを説明。
レシピは基本的に3品。

今日のレシピは

[ロールキャベツ]
材料(4人分)

キャベツ  ・・・大 1個     ソース
牛ひき肉 ・・・・300g     ・トマトジュース・・420cc
パン粉  ・・・・1 1/2カップ   ・塩  ・・・・小さじ1/4
牛肉  ・・・・・大さじ4     ・こしょう・・・・少々
玉ねぎ  ・・・・・1/2個     ・月桂樹の葉・・1枚
塩    ・・・・小さじ1/2    ・スープストック・・・2カップ
こしょう ・・・・少々        (水2カップ スープの素1個)
ナツメグ(香辛料)・・少々
                    
                    
作り方
①キャベツは根元の部分をぺテーナイフ等で芯に沿って葉を動かし、芯をきれいにくり抜く。
②葉が破れないように注意しながら外側の葉から1枚ずつ丁寧にはがしていく。
③キャベツの葉脈(葉の中央の硬い部分)をぺテーナイフ等で葉の厚みにそろえて薄くそぎきりにして、中に入れる材料を包みやすくする。
④火かけた鍋に、たっぷりの水に(塩小さじ1/2を入れ)キャベツを入れ、全体がしんなりするまで」ゆでる。茹で上がったら、ざるに取り出し水気を切って冷ましておく。
⑤ボールに牛ひき肉、パン粉1/2カップ、玉ねぎ(みじん切り)、牛乳、塩小さじ1/2、こしょう少々、ナツメグ少々を加えて手で混ぜ合わせる。
⑥パットに移し、切り目を入れて12等分にする。俵型にまとめておく。
⑦キャベツの葉を広げ、種を真ん中にのせて一巻し、両側の葉も風呂敷を包む容量できっちりと包む。巻き終わりを下にしてそこの広い鍋に並べる。
⑧トマトジュース、塩小さじ1/4、こしょう、月桂樹の葉、スープストックを入れて、煮立てアクを取り、ふたをして弱火で30~40分煮込む。


[いわしのかば焼き]
材料(4人分)

いわし  ・・・8匹      漬け汁
小麦粉 ・・・・少々       ・酒・砂糖・みりん・・各大さじ2
サラダ油  ・・・・大さじ2   ・醬油 ・・・・大さじ4
酢漬けしょうが     
                    
作り方
①いわしは手開きにして、骨を取り、水気をとってから両面に薄く小麦粉をまぶす。
②漬け汁を合わせておく。
③フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、皮目を下にして並べ、中火で焼き目をつけて、返して身の方を焼き、油が出てきたら捨てる。
④火からフライパンをはずし、漬け汁を加えて火にかけ、フライパンをゆすりながら途中で一度返しとろみがついたら火を止める。
⑤器に盛り、酢漬けしょうがを添える。


[ミネストローネ(イタリア語でスープ)]
材料(4人分)

・玉ねぎ  ・・・1/4個       ベーコン・・・・・3枚
ジャガイモ ・・・・1個       固形スープ・・・1個
セロリ  ・・・・1/4本       オリーブオイル
・ニンジン ・・・・・1/2本     塩・こしょう・・・・少々
トマト ・・・・・1/2個   

                    
作り方
①玉ねぎ、セロリ、にんじん、トマト、ジャガイモ、ベーコンは、1cm角にきる。ジャガイモは水にさらす。
②鍋にオリーブオイル大匙を熱し、玉ねぎ、セロリ、にんじん、ベーコンを炒める。玉ねぎが透き通ってきて、少し炒める。
③②に水5カップ、固形スープ、トマトを加えて中火にし、沸騰したら弱火で10分煮る。
④ジャガイモを加えてさらに7~8分煮て、塩・こしょうで味を整える。


3人ずつの3班に分かれて調理開始。
ベテランさんが一人いたので、その人を中心に共同でcyお売り。
まずロールキャベツを手掛ける。
今の時期のキャベツは葉がかなり絡まっているので、きれいに剥がすことが出来なかった。
冬キャベツは綺麗な葉なんだけどね。

本日はベテランさんの手際の良さに助けられ、私は材料を切るのと食器洗いに徹していたような。

なんとか3品の調理完成。
f0089748_21551820.jpg

いつものように、出来上がった料理を試食兼昼食です。
食事会途中で、施設の職員さんが来て「警報が鳴ったけど・・」と
一ヶ所のガス栓の不具合があったみたいで、大したことが無くて良かった。

このどさくさが有ったせいもあり、いつもの食後の雑談なしで、食器の片付けに入ってしまった。


[PR]
by narakin | 2018-05-28 22:11 | 料理 | Comments(6)

男だけの料理教室

今日は、恒例の月一度の男だけの料理教室でした。

本日の参加者は9名

いつものように、前日に主担当と副担当の二人で材料調達。
メンバーが揃ったところで、主担当がレシピを説明。
レシピは基本的に3品。
1班3名なので、3名が各レシピを担当してもほぼ同じくらいの手間と時間がかかるレシピを選んだとのこと。
説明が終わったら、3人ずつの3班に分かれて、それぞれ調理開始です。

今日のレシピは

[おから団子のチリソース]
材料(2人分)

豆腐(木綿)  ・・・1/2丁
A ・おから ・・・・・50g     ・豆板醤・・・小さじ1
 ・卵    ・・・・・1個      ・長ネギ(みじんぎり)・・1/4本
 ・片栗粉  ・・・・・小さじ1   ・ケチャップ・・大さじ2
 ・塩・こしょう・・・・各少々    ・鶏がら酢0プの素・・適量
・揚げ油   ・・・・・適量     ・水溶き片栗粉・・適量
・ごま油   ・・・・小さじ1/2   ・グリーンピース・・・適量
・しょうが(みじん切り)・・小さじ1  
・にんにく(みじん切り)・・小さじ1 
                    
                    
作り方
①豆腐は水切りしておく。
②1とAを合わせてよく混ぜ、一口大の団子にして180℃の油でキツネ色になるまで揚げる。
③フライパンにごま油、しょうが、にんにく、豆板醤を入れて弱火でゆっくりと炒める。香りが立ったら、長ネギ、ケチャップ、鶏がらスープの素、水1/4カップを加える。
④3に2を加えて全体が絡んだら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、グリーンピースを加えてさっと煮る。

[豚バラポテトのカリもちロール]
材料(4人分)
・豚バラ薄切り肉(10cm長さに切る)・・・・・12枚
・ジャガイモ    ・・ ・・・4個(400g)
A [片栗粉大さじ3 塩少し]
・ゴマ油   ・・・・・・・小さじ1
・グリーンリーフレタス・・・3枚
B [砂糖、しょうゆ各00さじ2 水小さじ1 カレー粉小さじ1/2]
・いりゴマ(白) ・・・・・大さじ1
・七味唐辛子(好みで)・・・少々

作り方
1.ジャガイモは水洗いし電子レンジ(600W)で10分ほど加熱する。
皮を剥いて熱いうちにつぶしてAを混ぜ、粗熱を取る。
2.1を12等分の俵型に整え、豚肉を撒く。
3.フライパンにごま油を中火で熱し、豚肉の巻き終わりを下にして並べ、転がしながら全面をこんがりと焼き、レタスとともに器に盛る。
4.3の余分な油をペーパータオルで鳥覗き、Bを加えて弱火で30秒ほどに詰めてソースを作る。
器に入れ、いりゴマをふり、好みで七味唐辛子を加えて3に添える。


[ミネストローネ]
材料(2人分)
・キャベツ・・・・・1/6個(200g)  
・たまねぎ  ・・・14個     
・にんじん・・・・・1/4本(50g) 
・ベーコン・・・・・2枚      
・ミニトマト・・・・6個  
・コーン(缶詰)・・50g・塩  
A ・下流スープの素・・小さじ1
  ・塩・・・・小さじ1/2
  ・こしょう・・・少々
・オリーブ油
                    
作り方
1.キャベツは2cm角に切り、たまねぎは1cm角に切る。
 にんじんは3~4mm暑さのいちょう形に切る。
 ベーコンは1cm角に切る。
 ミニトマトはヘタを取り、横半分に切る。
2.鍋にオリーブ油00さじ1を熱し、たまねぎとにんじんを入れてしんなりするまで弱火で3~4分間炒める。ベーコンを加えてサッと炒め、キャベツとコーンを加えて炒め合わせる。3.2に水カップ2、Aを加えて煮立て、再び煮立ったら火を止める。

私は[おから団子のチリソース]を担当。
団子を作るのがなんとなく楽しくて、同班のメンバーと楽しくしゃべりっていた。
時間はたっぷりあったので、手順を確認しながら調味料の準備をしていたので、今回はそつなく出来たかな。

同班の2人も順調に調理完了。
f0089748_22342711.jpg

いつものように、出来上がった料理を試食兼昼食です。
味が薄いかな? こしょうが偏ったみたいで辛い! 等々 意見を言いながらの楽しい食事会でした。

食事が終わってからの雑談は、NHKの大河ドラマで次の次は「明智光秀」が主役だよね。
から話題が発展し、関ケ原の戦いで島津義弘が敵前突破でその後どのルートを通って薩摩まで帰り着いたのだろうと。
今の「西郷どん」の話題に展開。
鹿児島のことなら私にお任せあれ、と 桜島の形でどの方面から見たのかが分かるんだよ 西郷隆盛と大久保利通の生家が鍛治屋町には間違いないが、隣同士ではなくて100m以上も離れていた 等々を熱弁してしまった。

ひとしきり雑談が終わったら、食器洗い、片付け、調理器具の員数確認して、施設の担当者に最終チェックしてもらって、終了解散でした。


[PR]
by narakin | 2018-04-23 22:53 | 料理 | Comments(6)

男だけの料理教室

今日は、月一度の男だけの料理教室でした。

今回は私が主担当だったので、1カ月前からレシピを探し3品を決め、自宅で試作をした。

本日の参加者は9名

いつものように、前日に主担当(私)と副担当の二人で材料調達。
メンバーが揃ったところで、主担当の私がレシピを説明。
説明が終わったら、リーダーが「今日のレシピは1時間もかからないみたいだから、調理スタートを遅らせようか」と。
通常は10時~12時までの2時間が調理時間になっているんだよね。
したがって、10時半から3人ずつの3班に分かれて、それぞれ調理開始です。

今日のレシピは

[鮭のきのこあんかけ]
材料(3人分)
・生鮭切り身・・・・・3切れ      ・小麦粉・・・適量
・しめじ  ・・・・・1パック      ・サラダ油・・・大さじ2
・生シイタケ・・・・・小8枚       ・だし ・・・カップ3/4
・えのきだけ・・・・・1袋        ・酒  ・・・大さじ1
                    ・みりん・・・小さじ1/2
                    ・塩  ・・・小さじ1/2
                    ・薄口醤油・・・小さじ2
                水溶き片栗粉
                    ・片栗粉・・・・大さじ1
                    ・水  ・・・・大さじ1
作り方
①生鮭は水けをふき、塩少々をふって、しばらくおく。約10分
②しめじは石づきを除いて、小房に分ける。
 しいたけは軸を除いて1cm幅に切る
 えのきだけは根元を切って2等分にする。
③鮭に小麦粉を薄くまんべんなくまぶす。
④フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、鮭を焼き、器に盛る。
 (小麦粉をつけた鮭は皮目の方から焼き始め、皮目がこんがり焼けたら裏返して蓋をして
 弱火で5分蒸し焼き、ふたを開けて汁気を飛ばす。全体に淡く焼き色をつけながら皮は
 パリッと香ばしく)
⑤続いてフライパンにきのこ類を入れ、しんなりするまで炒める
 (鮭を焼いた油で炒める。きのこはよく油を吸うので足りない時はサラダ油を足す)
 調味料を加え、煮立ったら水溶き片栗粉でまとめる。
⑥鮭にきのこあんをかける。

[ほうれん草のおひたし~温泉卵添え~]
材料(3人分)
・ほうれん草・・・・・1束      ■調味料
・卵    ・・ ・・・3個       ・水   ・・・大さじ2
                    ・めんつゆ・・・大さじ2
                    ・砂糖  ・・・小さじ2
                    ・しょうゆ・・・小さじ1
作り方
①温泉卵を作る
 蓋のできる鍋に1000㏄の水を入れて沸騰させ、沸騰したら火を止めて400㏄の水
 を加え、卵をゆっくりと入れ、蓋をして布で保温して25分おく。
 25分経ったら、卵をお湯から出して自然冷却。
②ホウレン草を沸騰したお湯にいれて3分ほど茹でる
③ザルの上にホウレン草をあげて、さっと水を通して冷ます。
④水を切りホウレン草を食べやすいサイズ(3~4等分)にカットする。
⑤混ぜておいた調味料にほうれん草を入れて混ぜる。
⑥調味料で和えたほうれん草を容器に分け、ゴマを乗せ、温泉卵を乗せる。

[あおさと豆腐の味噌汁]
材料(3人分)
・乾燥あおさ ・・・・・大さじ3(3g)
・絹ごし豆腐 ・・・・・・1/2丁
・小ねぎ   ・・・・・・2本
・本だし   ・・・・・小さじ1
・味噌    ・・・・・大さじ2

作り方
①豆腐は1cm角切り、小ねぎは小口切りにする。
②鍋にほんだしを入れて煮立て、味噌を溶きいれる。
 ①の豆腐、青さを加え、一煮立ちさせる。
③お椀に注ぎ、小ねぎを散らす。

今回は温泉卵を簡単に作ることが出来るというレシピを参照に3回試作して、間違いなく温泉卵が出来ることを確認できた。

ちなみに、温泉卵は、卵黄部分は半熟、卵白部分は半凝固状態に茹でた鶏卵のこと。
また、温泉の湯や蒸気を利用して、鶏卵を茹でたり蒸したりしたゆで卵は、
卵黄よりも卵白が柔らかい状態なのが特徴。
これは卵黄の凝固温度(約70℃)が卵白の凝固温度(約80℃)より低い性質を利用して
作られるもので、65 - 68℃程度の湯に30分程度浸けておくことで、この状態になる。
反対に卵黄を柔らかく保ったまま卵白を固めたものを「半熟卵」と呼ぶことがあるが。

最初に予想していたように、1時間もかからずに各班とも調理終了。
f0089748_21350385.jpg

11時半ごろから試食兼昼食会。
心配した温泉卵はほぼ完ぺきに出来上がって大成功。
鮭のキノコあんかけは、キノコあんが若干見栄えが悪かったが、味は問題なし。
みなさん、美味しく食べてくれました。



[PR]
by narakin | 2018-03-26 21:43 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は、月一度の男だけの料理教室でした。

本日の参加者は7名

いつものように、主担当になった人がレシピを作り、副担当と二人で材料調達。
メンバーが揃ったところで、主担当がレシピを説明。
説明が終わったら、2人・2人・3人の3班に分かれて、それぞれ調理開始です。
私は3人の班に入っていた。

今日のレシピは
「ゆで卵の肉詰め煮]
     
材料(3人分)
  
 固ゆで卵 ・・・4.5個本      サラダ油・・・・大さじ1
 [A]                [煮汁]
  合挽きミンチ・・150g      青ネギ・・・・3本
  玉ねぎ   ・・・1/5個      だし汁・・・2.3カップ・・・・1.5本
  塩     ・・・・少々      濃い口醤油・・・大さじ3  
  酒     ・・小さじ1.5     みりん・・・大さじ3
  カレー粉  ・・・小さじ1     砂糖・・・大さじ1.5
 
 小麦粉・・・適量

作り方
1)基本のゆで卵の作り方・殻の剥き方
 ① 鍋に卵と、卵が完全に浸る位の水、塩(又はお酢)を入れ火にかける。
   塩を入れると殻が割れても出てきた白身が固まりやすい。
 ② 黄身が真ん中にくるようにしたいときは、たまにお箸でコロコロ転がす。
 ③ 沸騰したら、火を弱火から中火にして、固ゆでなら12分ゆでる。半熟なら5分。
 ④ すぐにレイスにつける。
 ⑤ 殻をむく:卵をコンコンと軽く打ち付けながら、卵の周りを一周するよう、殻にひびを入れる。
 ⑥ ヒビを入れた殻を横にべりべりむく。中の薄皮までむく。
 ⑦ 一周むいたら、残りの殻にも少しづつヒビを入れて、上方向に少しづつべりべりむいていくと、残りもカパッとむける。
 ⑧ 全てむけたら一度水ですすぐ。

2)recipe
 ① ゆで卵は殻を剥いて縦半分に切る。黄身を取り出して白身はケースとして置いておく
 ② タマネギはみじん切りにし、青ネギは4cmに切る
 ③ ボウルに合挽きミンチを入れて塩を振って練る。②のタマネギとAのその他の材料を入れてよく混ぜ、①の黄身も混ぜて9等分する。
 ④ ①の白身ケースの内側に茶こしで小麦粉を薄くふる。③をこんもえいと詰めて形を整え、肉の表面にも小麦粉をふる。
 ⑤ フライパンにサラダ油を熱し、④を肉の面を下にして入れ、焼き付ける。
 ⑥ 鍋に煮汁の材料を煮立てて、⑤の肉詰め卵を入れて時々煮汁をかけながら6~7分煮る。青ネギも加えてさっと煮ればできあがり。

[もやしとハムの酢炒め]
     
材料(3人分)
 
  もやし・・・1.5袋         
  キュウリ・・1本      
  スライムハム・・4.5枚    
  塩・・少々
  酢・・・小さじ3
  ごま油・・・小さじ1.5
 
recipe
 ① もやしは根を取り除く。キュウリは斜め薄切りにしてから細切りにする。
 ② スライムハムは半分に切って細切りにする
 ③ フライパンにごま油を熱してもやしを炒め、火が通ればキュウリとスライスハムを加えて手早く炒める。
 ④ 塩少々で味付けし、酢を回しいれて炒め合わせば完成。

[なめこと卵豆腐のコンソメ]
     
材料(3人分)
 
  ナメコ・・・1.5袋      
  卵豆腐・・1.5袋       
  ブイヨン・・2.5カップ    
  塩・胡椒・・少々    
  パセリ・・少々     
  
recipe
 ① ナメコはザルに入れてぬるま湯で洗い、水気を切る。
 ② 卵豆腐はさいのめに切る。
 ③ 鍋にブイヨンを煮立てて①を加え、さっと煮る。
   卵豆腐も加えて温め、塩・胡椒で味を調える。
 ④ 器に分け入れ、みじん切りにしたパセリをふれば完成。

レシピが3品あるので、3人で1品ずつ担当して調理開始。
私は「ゆで卵の肉詰め煮」を担当。
固ゆで卵は綺麗に出来た。
煮汁で煮立てるときに白身ケースと肉が外れたものもあったが、なんとか完成したよ。

3人で協力してすべての料理を完成。
f0089748_21135777.jpg



いつものように、作った料理を昼食として食べながら反省会。
毎回のことだが、手順前後など、なんらかの失敗をしているよ。
それでも自分たちで作った料理は美味しかったよ。

来月は私が主担当になったので、レシピを探して、試作をしていかなくてはあない。

[PR]
by narakin | 2018-02-19 21:22 | 料理 | Comments(2)

男だけの料理教室

今日は、今年初めての男だけの料理教室でした。

本日の参加者は9名

いつものように、主担当になった人がレシピを作り、副担当と二人で材料調達をし、分配してくれます。
メンバーが揃ったら、主担当がレシピを説明。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始です。

今日のレシピは
[鶏肉と豆のシチュー]
     
材料(3人分)
 
  鶏肉(手羽元)・・・6本      ブイヨン(洋風だし)・・・・4カップ
  大豆(水煮)・・150g      カレー粉・・・・小さじ1
  ニンニク・・1.5個         とうがらし(輪切り)・・・・1.5本
  たまねぎ・・1/2個         塩・こしょう・・・少々  
  トマト・・1.5個          パセリ(みじん切り)・・・少々
                   オリーブ油・・・小さじ1.5
作り方
① ニンニクはみじん切りにし、玉ねぎ、トマトは1cm角に切る。
② 鍋にオリーブ油とニンニクを入れて弱火で炒め、香りが出てきたら鶏肉を加えて焼き付ける。
③ ②にたまねぎを加えて炒め、トマトとブイヨンを加えて強火にかける。
④ 煮立ったら、アクうを取り、中火にして10分煮る。
⑤ ④に大豆とカレー粉・とうがらしを加え、13分にて塩・こしょうで味を調える。
⑥ 器に盛ってパセリを散らせば出来上がり。

[明太キャベツ]
     
材料(3人分)
 
  キャベツ葉・・・3枚         
  からし明太子・・小1/2腹      
  マヨネーズ・・大さじ1.5    
  サラダ油・・小さじ 2
  青のり粉・・・少々 
作り方
① キャベツは芯の硬い部分を取り除いてざく切りにする。
② からし明太子は薄皮を取り除いてほぐし、マヨネーズと混ぜ合わせる。
③ フライパンにサラダ油を熱し①を炒め、しんなりしたら②を加えていたね合わせる。
④ 器に盛って青のり粉をfyれば完成。

[たけのこのメンチカツ]
     
材料(3人分)
 
  あいびきミンチ・・・220g      小麦粉・パン粉・揚げ油・塩・
  タケノコ(水煮)・・80g       こしょう・カナさんしょう各少々
  たまねぎ・・1/2個    
  さやいんげん・・9本     
  たまご・・2個      
  
作り方
① タケノコは粗みじんに切り、たまねぎはみじん切にする。
② バターで①を炒め、塩・こしょうで軽く味付けして冷ます。
③ あいびきミンチに塩と粉さんしょうを加えて練り混ぜ②お卵を加えて混ぜる。
④ ③を9等分して円すい状に形を整え、小麦粉、tpき卵、パン粉の順に衣をつける。
⑤ 中温に熱した揚げ油に④を入れてキツネ色に揚げる。
⑥ 器に盛り、半分に切って茹でたさやいんげんを付け合わせる。
   山椒塩を添えれば出来上がり。(塩と粉さんしょうを2対1で混ぜて作る)
レシピが3品あるので、3人で1品ずつ担当して調理開始。
私は「たけのこのメンチカツ」を担当。
柔らかいので、円すい状に形を整えるのがうまくいかないので、適当に形を作った。
3個ずつ揚げましょうと、最初の3個を油に入れたら、いきなり表面が焦げてしまった。
油を中火にするのを忘れて温度が上がりすぎていたんだよね。
慌てて、火力を下げて、次からはなんとか揚げることが出来た。

3人で協力してすべての料理を完成。
f0089748_16595874.jpg

いつものように、作った料理を昼食として食べながら反省会。
毎回のことだが、なんらかの失敗をしているよ。
それでも自分たちで作った料理は美味しかった。


[PR]
by narakin | 2018-01-22 17:10 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は、月1回の男だけの料理教室でした。

本日の参加者は9名

いつものように、主担当になった人がレシピを作り、副担当と二人で材料調達をします。
メンバーが揃ったら、主担当がレシピを説明してくれます。
説明が終わったら、3班に分かれて、それぞれ調理開始。


今日のレシピは

[ひき肉とポテトのチーズ焼き(クッキング・アルハ 主婦と生活社)]
     
材料(3人分)
 
  牛ひき肉・・・150g         バター(ポテト用)・・・・大さじ2
  ジャガイモ・・3個(350g)      卵黄・・・・1個分
  玉葱(みじん切り)・・1/2個    牛乳・・・・大さじ2
  バター(炒め用)・・大さじ1 1/2  サラダ油・・・大さじ1 1/2  
  グリーンピース・・大さじ3      塩・・・小さじ1/2
  チュダーチーズ・・60g       こしょう・・・少々
  ナツメグ(香辛料)・・少々      バター(皿に塗る分)・・少々
作り方
① ジャガイモは皮を剥いて乱切りにして、水にさらしてしばらく(15分程度)置き、
  ざるにあげて水けを切る。
② 鍋に水を入れ、ジャガイモを加えて、落とし蓋をして、中火でゆで、竹串がとおる
  位に柔らかくゆで、すっかり柔らかくなったら、湯を捨て火の上で水気を完全にと
  ばし、裏ごしにかける。マッシャーでつぶしても良い。
③ マッシャーしたジャガイモを鍋に入れ、バター(ポテト用)牛乳、塩、こしょう、を加えて弱火で全体に混ぜ合わせる。ねっとりしたら火からおろし、卵黄を加えて混ぜる。
④ フライパンにサラダ油とバターを同量ずつ(大さじ1 1/2)入れ、みじん切りにした玉ねぎを炒める。ここにひき肉を加え、バラバラになるまでよく炒める。
⑤ バラバラになったひき肉にこしょうとナツメグを加え調味する。
⑥ バターを塗った耐熱皿にひき肉とグリーンピースを入れチーズ半量、ポテト、チーズ半量の順で重ね、200℃のオーブンの上段で焼く。オーブンは予熱して置く。
⑦ チュダーチーズはおろしで細かくおろしておく。


[マカロニサラダ(人気のサラダ 世界文化社)]
     
材料(3人分)
 
  マカロニ・・・75g         玉葱・・・・1/6
  きゅうり・・1本      マヨネーズ・・・・大さじ5
  ニンジン・・1/4本    塩・こしょう・・・・適量
  ハム・・3枚  
作り方
① キュウリは縦半分に切って斜め薄切りにし、ニンジンは皮を剥いて5~5cm長さの短冊切りにする。玉ねぎは薄切り、ハムは半分に切ってから1cm幅に切る。
② きゅうりと玉ねぎに塩少量をふって混ぜ、しんなりしたら軽く水気を絞る。
③ 鍋に湯を沸かし、塩を多めに加えてマカロニを茹で、表示時間の2分前にニンジンを加えて茹でる。マカロニは流水で洗って完全に冷まし、水気をよくきる。
④ ボールにすべての材料を入れ、マヨネーズを合わせ、塩・こしょうで味を調える。


[生姜と大根みぞれ辛スープ(ネット JAS福岡市)]
     
材料(3人分)
 
  生姜・・・10g         鶏がらスープの素・・・・小さじ3
  大根・・15cm      薄口醤油・・・・小さじ1.5
  えのき茸・・1袋    お酒・・・・小さじ1.5
  水・・750CC   ごま油・・・小さじ1.5  
  青ネギ・・少々      塩・こしょう・・・少々
  
作り方
① 生姜と大根は皮を剥き、それぞれすり下ろしておく。そのまますべて汁も使う。
② えのきは根元を切り落としてざく切りにして、青ネギは小口切りにする。
③ 鍋に水・お酒・鶏がらスープの素を入れて、火にかけて湧いてきたら、えのき茸を加える。
④ 一煮立ちしたら、生姜と大根おろしを汁ごと加えて、塩・こしょう・醤油で味を調える。
⑤ 火を止め、仕上げに、ごま油少々加える。
⑥ 器に盛り、青ネギをかけて出来上がり。

レシピが3品あるので、3人で品ずつ担当して調理開始。
私は「ひき肉とポテトのチーズ焼き」を担当。
かなり手間がかかるのと、私がおたおたとしているので、③まで作業終了するのにかなり時間がかかった。
その間にベテランさんはマカロニサラダを仕上げて、私が次にやるべき④と⑤の作業を仕上げて下さっていた。
後は⑥の作業をして、オーブンで焼く。

3人で協力してすべての料理を完成。
f0089748_17123912.jpg
いつものように、作った料理を昼食として食べながら反省会。
今回、自分としては不満足な調理だったが、それでも自分たちで作った料理は美味しかった。



[PR]
by narakin | 2017-11-20 17:20 | 料理 | Comments(6)

男だけの料理教室

今日は。月1回の男だけの料理教室。

本日のレシピは

①キーマカレー
  材料(2人分)         作り方
  とりみんち    300g     1.ニンジン、玉ねぎはみじん切りにし、
  玉ねぎ      小1個       なすは1センチの角切りにする。
  人参       小1個     2.カレールーを包丁で刻んでおく。
  なす       小1個     3.フライパンに油を入れ、ひき肉を炒める
  カレールー    2皿分     4.ひき肉に火が通ったら野菜を入れて良く炒める。
  ウスターソース  大さじ1    5.炒まったら、水350㏄ コンソメを入れて
  ケチャップ    大さじ1     時々混ぜながら中火で5分煮込む
  コンソメ     大さじ1   6.カレールーを入れて、しっから混ぜて
  水        350㏄      弱火でかき混ぜながら中火で5分煮込む
  炒め油      小さじ2   7.最後にウスターソース、ケチャップを
                    入れて混ぜる

②大根サラダ
  材料(2人分)         作り方
  大根       6cm    1.大根は暑さ2㎜のいちょう切りにする
  リンゴ      小1/2個     リンゴは3~4等分のくし形に切り、芯を取り
  豆苗       少々       除いて暑さ3㎜位のいちょう切りにする
  ゴマドレッシング  大さじ2  2.豆苗は2cmに切る。
                  3.1 2 を合わせて器に盛り、ゴマドレッシング
                    をかける

③中華風ワカメスープ
  材料(3人分)         作り方
  卵        1個     1.乾燥ワカメははさみで、1センチ位にカット
  乾燥ワカメ    適量     しておく。
  玉ねぎ      小1/2個   2.玉ねぎ 2mm位に縦にスライスしておく
  スープの素    大さじ1   3.鍋に水600㏄とスープの素を入れて
  ごま油      小さじ1     火にかけ玉ねぎのスライスを入れる
  塩        少々     4.沸騰してきたら乾燥ワカメを入れる。
  コショウ     少々     5.再び沸騰したら溶いておいた卵を
  水        600㏄      箸を使って少しずつたらしながら入れる
                    10秒ほどしたら、ふわーっとかき混ぜる
                  6.最後に、塩、コショウ、ごま油を入れ
                    味を調える。

いつものように本日のリーダーがレシピの説明をしてから3班に分かれて調理開始。
本日の参加者は8名だったので、3名2班と2名1班。

私の所が2名だった。

まず二人で一緒にキーマカレーの1.2.を二人で一緒に行い、3.以降は私が担当、
相方は大根サラダと中華風ワカメスープを担当した。
どれも、そんなに時間を要しなかったので、1時間ほどで調理が完了してしまった。

f0089748_21540765.jpg

いつものように、自分たちで調理したごちそうを試食しながらの昼食会でした。
自分たちで作った料理は文句なしにおいしいものです。


[PR]
by narakin | 2017-09-25 21:59 | 料理 | Comments(6)

男だけの料理教室

今日は。月1回の男だけの料理教室。

本日のレシピは
①チャーハン
  材料(2人分)
  ごはん    300g     A 鶏がらスープの素   小さじ1/2
  長ネギ    15cm       塩         小さじ 1/6
  焼豚      50g       こしょう        少々
  卵        1個     醤油           小さじ1
  油      大さじ1

②しそつくね
  材料(2人分) 
  とりひき肉   200g     A みそ       大さじ1
  長ネギ     約10cm      しょうが汁     5g
  しそ        6枚       溶き卵      1/2個分
  アスパラガス    2本     かたくり粉      大さじ1
  油       小さじ1

③チンゲンサイの中華スープ
  材料(4人分)
  チンゲンサイ    1株     水         カップ3
  しいたけ      2個     鶏がらスープの素  小さじ1
  とりささみ     1本     塩         小さじ1/4
    塩       少々    こしょう        少々
    酒      小さじ1
  かたくり粉    小さじ1

いつものように本日のリーダーがレシピの説明をしてから3班に分かれて調理開始。
レシピの説明の時に出来上がりの写真を示しながらだったので、イメージが湧いて大変参考になりました。
本日の参加者は10名だったので、3人、3人、4人に分かれて調理開始。
私のチームは4人だったが、1人は1時間以上の遅刻。
もう一人は参加して4回目だかまったく調理したこともないし、台所に立ったこともないので、しばらくはアシスタントとして参加しますと。
3品あるので、いつもだとそれぞれ1品ずつ分担して調理するのだが、実質2人で3品を調理することになった。

私はチャーハンとチンゲンサイの中華スープの2品を作ることになった。
幸い、どちらもあまり時間がかからないものだったので、なんとか時間内に仕上げることが出来たよ。
f0089748_22033848.jpg
いつものように出来上がった料理で昼食会。
自分たちで作った料理は文句なしに美味しいです。


[PR]
by narakin | 2017-07-24 22:07 | 料理 | Comments(4)

男だけの料理教室

今日は。月1回の男だけの料理教室。

本日のレシピは
①鶏ささみカレー風味焼つき
②玉ねぎの肉詰め
③こんにゃくと海藻のサラダ

いつものように本日のリーダーがレシピの説明をしてから3班に分かれて調理開始。
本日の参加者は9名だったので、各班3名ずつ。

3品だったので、一人一品ずつ担当することに。
私は玉ねぎの肉詰め
玉葱の上約三分の一を切り取り、中身をくり抜きます。
切り取ったものとくり抜いたものをみじん切りにして、塩としょうが汁で味付けした豚ミンチと一緒に合わせて、玉ねぎのくりぬかれた穴に詰め込む。
酒とみりんと醤油を入れただし汁で約20分蒸し煮込みにして完了。
玉葱のくり抜きに苦労したけど、上手く出来たよ。

鶏ささみを担当した人は筋取りが初めてだと言いながら苦労していた。
f0089748_22140497.jpg
ちょうど12時に調理完了して、自分たちで調理したごちそうを試食しながらの昼食会でした。
自分たちで作った料理はおいしいものです。


[PR]
by narakin | 2017-06-19 22:24 | 料理 | Comments(6)