人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:花( 434 )

庭の花々

我が家の庭も花盛り。
チューリップとスパラキシスはすでに花が終わっている。

故郷に家から球根を持ってきて増やしたバビアナ・アイリス・紫蘭
 バビアナ
f0089748_21345980.jpg

 アイリスと紫蘭
f0089748_21350934.jpg

地植えの君子欄も満開
f0089748_21352150.jpg

エビネランとヒメフーロ。  ヒメフーロは種が飛び散って勝手にあちこちに生えてきている。
f0089748_21352952.jpg

鉢植えのシンビジューム。 数年前に菜園仲間に頂いたもの。
f0089748_21352602.jpg

フタリシズカは植えた覚えはないが、4年前から姿を現している。
f0089748_21353610.jpg

ほとんどの花はどこかから頂いてきたもので、自分で買ってきたのはチューリップぐらいかな。
花が咲くと庭が明るくなります。

by narakin | 2019-05-07 21:53 | | Comments(2)

ツツジ

朝の散歩していると、あちこちでツツジの花が満開です。
道路わきにツツジが綺麗に咲いていました。
f0089748_22004984.jpg

このツツジの反対側の田んぼはレンゲが満開。
f0089748_22005471.jpg

この上をツバメが4羽飛び交っていたので、カメラを構えて数回シャッターを切ったら、そのうちの1枚に、かなりピンボケではあるけど上手いこと4羽が映っていた。
なんとラッキーなこと。

立夏は明後日の5月6日だが、もうすっかり初夏です。


by narakin | 2019-05-04 22:17 | | Comments(0)

桜まだまだ満開

今朝の浄化センター公園の外周にある桜並木はまだまだ満開状態。
f0089748_22564330.jpg


満開を若干過ぎてきたのかな、近くの側溝には花筏が、風情があります。
f0089748_22564666.jpg

まもなく桜も終わりに近づいてきたかな。
桜に代わって、川の土手には黄色い菜の花が咲き始めています。
f0089748_22565082.jpg

ナラキン菜園の端っこにある花壇には、チューリップが咲いています。
家の庭には新しく買った球根を植え付けたので、昨年の古い球根を植え付けたのが咲いたものです。
f0089748_22565234.jpg

by narakin | 2019-04-09 23:04 | | Comments(4)

咲き始めた

和歌山では桜の開花宣言が出たみたい。
大阪では今日は開花宣言は見送られたみたいです。

当然、奈良では開花宣言は出ていません。
とは言っても、そこら辺の桜は咲いているんだよね。

ナラキン菜園の隣に9本のソメイヨシノがあり、そのうちの1本には数輪の花が咲いていたよ。
f0089748_20272968.jpg

数えたら6輪以上あるので、これが「標本木」だったら、開花宣言なんだけどね。

しだれ桜はソメイヨシノよりは早く咲くのだけど、ナラキン菜園の隣のしだれ桜はやっと1分咲きぐらいかな。
f0089748_20272529.jpg

by narakin | 2019-03-26 20:52 | | Comments(2)

アセビ

今日は明日香村にある万葉文化館で「万葉集をよむ」の講座に行きました。

万葉文化館の玄関では「せんとくん」がお出迎え。

f0089748_21594881.jpg

玄関横の植え込みにはアセビの花が満開。

f0089748_21595111.jpg

f0089748_21595433.jpg

アセビの漢字表記は馬酔木、馬が葉を食べると毒に当たり、酔うがごとくにふらつくようになる木と言うことから付いた名前だとのこと。

多くの草食哺乳類は食べるのを避けため、草食哺乳類の多い地域では、この木が目立って多くなることがある。したがって、奈良公園では鹿が他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多くなっています。

自生種は白い花をつけるのが普通だが、園芸品種にはピンクの花をつけるのもあり、アケボノアセビ(ベニバナアセビ)と呼ばれている。


by narakin | 2019-03-20 22:24 | | Comments(0)

桜の花

桜の開花予報は関東から関西にかけて、3月25日みたいです。

奈良盆地の桜はまだ固い蕾状態ですよ。
通常桜と言えばソメイヨシノですよね。
f0089748_21463735.jpg

ところがすでに咲いている桜の花が、
これはサクランボの花で、いわゆるソメイヨシノの花よりは若干小さめです。
f0089748_21464546.jpg

寒緋桜もほぼ満開です。
かなり移りが悪いけど一重の花です。
f0089748_21465060.jpg

別な場所に八重崎の寒緋桜が咲いていました。
f0089748_21462798.jpg

早咲きの河津桜はすでに終わりに近づいていました。


by narakin | 2019-03-17 21:55 | | Comments(0)

ツクシ

3月14日は奈良東大寺のお水取りの最終日。
3月1日から14日まで、二月堂で毎晩お松明がたかれます。
奈良ではお水取りが終わると春が来ると言われています。
今年は暖冬で、かなり前から梅が咲いたりと、すでに春の気配がいっぱいです。
今日は土筆を見つけました。
f0089748_19442517.jpg

先端が黒ずんでいるのもあると言うことはかなり前から出ているのかな。
土筆の手前にはカラスノエンドウが蔓を伸ばし始めている。
後の方ではハコベの花が咲いている。
まさに春が来たと言う感じです。

by narakin | 2019-03-14 20:55 | | Comments(2)

沈丁花

我が家の沈丁花がほぼ満開になりました。
甘い匂いが広がっているよ。
f0089748_20413026.jpg


沈丁花のつぼみは農紅色だが開いた花は淡紅色
f0089748_20413478.jpg

そんな中に真っ白い花が、突然変異かな?
昨年も同じ場所に白い花が咲いていた。
この枝を差し芽したら白い花の咲く沈丁花が出来るかも。
花が終わったら試してみようかな。
f0089748_20413764.jpg

by narakin | 2019-03-13 20:59 | | Comments(4)

山茱萸(サンシュユ)

いつもの浄化センター公園でボンヤリと黄色い花が。
f0089748_20550696.jpg


近づいてアップすると
f0089748_20551436.jpg

山茱萸(サンシュユ)の花です。
ミズキ目ミズキ科の落葉小高木で、ハルコガネバナ(春小金花)、アキサンゴ(秋サンゴ)、ヤマグミとも呼ばれる。
春は黄金色の花が咲き、秋になるとグミ(茱萸)のような赤い実が付きます。
f0089748_21104117.jpg

山茱萸の音読みが(サンシュユ)で、訓読みでは(ヤマグミ)だよね。

by narakin | 2019-03-06 21:15 | | Comments(7)

れんげ草

田んぼの端っこにひっそりとレンゲソウの花が咲いていた。
通常は4月初めから5月にかけて咲くのに、かなり早いね。
f0089748_21181261.jpg


昔は春になると田んぼ一面にレンゲの花が咲いていたよね。
化学肥料が自由に使われるようになるまでは、緑肥(草肥)および牛の飼料とするために、稲刈り前の水田の水を抜き種を撒いて翌春の4月~5月に花を咲かせていた。花の後に田んぼに鋤き込んでいたんだよね。
化学肥料が大量生産されるようになったことにより、レンゲ畑が急激に姿を消して、最近はほとんど見ることが出来なくなりまりました。

30年ほど前までは私の近辺の田んぼでもレンゲが一面に咲いていたんだよ。
その残党が田んぼの端っこで生き残っているんだね。

by narakin | 2019-02-26 21:38 | | Comments(0)