人気ブログランキング |

千客万来みんなで楽しく行きましょう


by narakin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:風景( 297 )

初霜?

今朝、佐保川の土手の日陰にある枯草の上に白いものが、初霜か?
f0089748_19182656.jpg


霜が降りるほど冷え込んだとは思わなかったけど、奈良の今朝の最低気温は4.3℃だったとか。
気温が4℃以下で無風状態であると霜がおりる、3℃以下になるとかなりの確率で霜が降りると言われています。
したがって、今朝見た白いものは霜で間違いないのかな?

このところの冷え込みで、浄化センター公園の紅葉も進んでいます。
f0089748_19182847.jpg
11月半ばになり冬がすぐ目の前に来ている。
寒くなる前にすることが沢山ありそう。


by narakin | 2019-11-15 19:54 | 風景 | Comments(4)

朝もや

今朝、東の空にまん丸のお月様?
f0089748_21233064.jpg

じゃなくて、朝靄(あさもや)の為に太陽がお月さんみたいに肉眼で見ることが出来たんだよ。
太陽の所だけをトリミングして拡大してみるとお餅みたいに見えるではないか。
f0089748_20491134.jpg

朝もやだと晴れと言われるように、昼間は良い天気でした。

靄(もや)は霧と同じ大気中の水蒸気が微小な水滴となって浮遊し、視界が悪くなる現象のこと。
気象用語では、視程1km未満の状態を「霧」、視程1km以上10kmまでを「靄(もや)」と定義しているそうです。

ついでに、「濃霧」は視程が陸上で100m以下、海上で500m以下のことだそう。

by narakin | 2019-10-30 21:14 | 風景 | Comments(5)

ドングリ

夏の暑い時期には、いつもの散歩コースまで足を延ばしていなかった。
10月に入り少しは暑さがましになってきたので、久しぶりに浄化センターまで歩いてきた。
外周コースにドングリがたくさん落ちていたよ。
f0089748_19220922.jpg

上を見ると、たわわに実が生っているではないか。
f0089748_19221537.jpg

子供の頃はドングリを拾ってコマにしたりヤジロベーを作ったりして遊んだものです。

by narakin | 2019-10-03 19:25 | 風景 | Comments(4)

古代米

近所の田んぼで普通のお米とは明らかに違う稲が。
f0089748_20180082.jpg

拡大すると
f0089748_20180551.jpg

穂が赤い、いわゆる古代米と言われる赤米みたい。

別の田んぼでも、また違った稲穂が
f0089748_20180973.jpg

こちらは、いわゆる古代米と言われる黒米みたい。
f0089748_20181222.jpg

どちらも少しだけしか栽培してない。
どんな使い方するのかな?

by narakin | 2019-09-27 20:44 | 風景 | Comments(4)

仲秋の名月

今夜は仲秋の名月。
いわゆる十五夜さん。
曇りで、お月さんが全く見ることが出来そうにないと諦めていたが、21時過ぎに時々雲が切れて何とかカメラに納めることが出来たよ。
f0089748_22084138.jpg

昔は十五夜さんには集落の公民館に土俵を作り子供相撲をし、大綱引きをしていたものでした。
今でも続けている所もあるみたいですが、
私のふるさとでは、いつのころからか、この行事は無くなったみたいです。

by narakin | 2019-09-13 22:19 | 風景 | Comments(4)

入道雲

この2~3日、雷交じりの局地的豪雨が全国あちこちで発生している。
場所によっては大きな被害が出ているらしいですね。
奈良でも昨日、今日と雷を伴った強い夕立があったけど、幸いにも被害なし。
今日は17時過ぎには雨も上がり、晴れ間も出てきた。
日没直後の西の空に真っ黒な入道雲が。
f0089748_22095172.jpg


左側の大きな雲が人の形に見えるではかいか。
さらに、大きな人がゴリラ(左端の雲)を捕まえているみたいのも見えました。


by narakin | 2019-09-05 22:20 | 風景 | Comments(0)

朝露

いつの間にか8月も終わり、もう9月2日。

奈良盆地ではやっと稲の穂が出始めたところです。
f0089748_21443388.jpg

朝日を受けて稲の葉に付いた朝露がキラキラと輝いている。
f0089748_21443605.jpg

露といえばつゆ草ですね。
f0089748_22100677.jpg

by narakin | 2019-09-02 22:11 | 風景 | Comments(2)

金魚の町

金魚の町、大和郡山ではあちこちに銀魚のオブジェがあります。
マンホールの蓋は金魚鉢のデザイン
f0089748_21374990.jpg

その他にもいろいろなものが有りますが、
最近、近鉄郡山駅近くのバスターミナル隣に出来た遊歩道に金魚が泳いでいました。
f0089748_21403181.jpg

by narakin | 2019-08-25 21:42 | 風景 | Comments(0)

処暑

今日は二十四節気の1つである「処暑」
立秋の後15日で8月23日が「処暑」 暑さが峠を越えて後退し始めるころといわれています。
奈良では、今日は雨が降り、最高気温が28℃と一気に気温が下がった感じです。
明日はまた30℃超えるらしいけど、ひところまでの厚さは和らいでいくことでしょうね。
近所の街路樹とした植えられているイチョウがたわわに実っています。
秋の気配があちこちで見受けられます。
f0089748_21342216.jpg



by narakin | 2019-08-23 21:36 | 風景 | Comments(2)

なんだこれは?!

昨日の夕方の19時前に畑作業を終えての帰り、空を見上げると青い帯状の物が上空から西の端まで一直線に。
f0089748_15444419.jpg


飛行機雲でもないし、こんなものは初めて見たよ。
今日、娘が来たので、写真を見せたら、スマホで色々検索していて、「これじゃない」と
「枚方つうしん」に 「枚方各地で目撃された雲が割れたような不思議な現象」という記事を見せてくれた。
    http://www.hira2.jp/photo/kumo-20190804.html
色んな人達が同じ現象を見ていたみたいです。

天割れ・裏後光・表後光・反薄明光線と言われる現象の可能性が高いらしい。
Wikipediaによると
「反薄明光線(はんはくめいこうせん)は、太陽が雲に隠れている時、蜘蛛の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象。太陽の周囲にできる薄明光線とは逆。裏後光(うらごこう)、裏御光(うらごこう)とも呼ぶ」

by narakin | 2019-08-05 16:08 | 風景 | Comments(4)